病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

カテゴリー:やさしい薬の説明書

シダトレンスギ花粉舌下液の作用機序と特徴、副作用

今回はスギ花粉症の減感作療法(アレルゲン免疫療法)薬であるシダトレンスギ花粉舌下液について解説します。 シダトレンスギ花粉舌下液の作用機序と特徴 シダトレンスギ花粉舌下液(以下シダトレン)は、スギによる花粉症の症…

詳細を見る

麻黄附子細辛湯の作用機序と特徴、副作用

今回は漢方薬の麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)について解説します。 麻黄附子細辛湯の名前の由来 配合されている3種の生薬、麻黄、附子、細辛をそのまま組み合わせて麻黄附子細辛湯と命名されています。 麻黄附…

詳細を見る

ロペミン(ロペラミド)の作用機序と副作用~強力な下痢止め

今回は下痢止めのロペミンについて解説します。 ロペミンとは? それでは名前の由来からいきましょう。ロペミンはLOPEMINと表記されますが、これは一般名のロペラミド塩酸塩:Loperamide Hydrochlo…

詳細を見る

漢方薬の飲み方の工夫~少しでも飲みやすくなる方法とは?

漢方薬は多くの場合、顆粒剤で処方されるケースが多いと思います。 ただこの漢方薬、独特の風味があり、顆粒が大きく口の中で広がりやすいことから、結構飲みづらいですよね。 今回は、少しでも漢方薬…

詳細を見る

ナルサス・ナルラピド(ヒドロモルフォン)の作用機序と特徴、副作用

今回は麻薬性鎮痛薬のナルサス・ナルラピドについてお話していきます。 ナルサス・ナルラピドとは? それでは名前の由来から。いずれも一般名はヒドロモルフォン塩酸塩になります。 ナルサス ナルサスはNARUSUSと…

詳細を見る

桃核承気湯の作用機序と特徴、副作用~便秘や月経不順を改善

今回は漢方薬の桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)について解説します。 桃核承気湯の名前の由来 桃核承気湯は調胃承気湯に桂皮と桃仁を追加した漢方薬です。桃仁と桃核とは同じ意味であり、桃の種子を含む内果皮を指します。…

詳細を見る

マクサルト(リザトリプタン)の作用機序と副作用~片頭痛治療剤

今回は片頭痛治療剤のマクサルトについて解説します。 マクサルトとは? それではまず名前の由来からいきましょう。マクサルトはMaxaltと表記されますが、これは「高い到達点への挑戦」を意味する”Max Altitu…

詳細を見る

シクレスト舌下錠(アナセピン)の作用機序と副作用:MARTA

今回は抗精神病薬のシクレストについてお話していきます。 シクレストとは? まずは名前の由来からいきましょう。 シクレストはSYCRESTと表記されますが、これは「共生」を意味する”sym…

詳細を見る

糖尿病とフットケアの重要性~最低限知っておきたい知識まとめ

糖尿病患者が足にちょっとしたケガをしたところ、「その傷が原因で足を切断することになってしまった」なんて話を聞いたことはありませんか? この話は決して誇張した表現ではなく、糖尿病患者ではそういった危険が常に付きまとっ…

詳細を見る

転職で失敗したくないあなたへ

転職で失敗したくないあなたへ

サイト内検索

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆