今回は抗インフルエンザ薬の新薬「ゾフルーザ」について解説します。3月14日に薬価収載が決まりました。おそらく発売日も同じでしょう。

スポンサーリンク

ゾフルーザとは?

ゾフルーザは、A型およびB型のインフルエンザ感染症に適応を持つ内服薬です。世界に先駆けて日本での発売を目指している医薬品であり、「先駆け審査指定制度」において初めての審議対象医薬品となったものです。

 

ゾフルーザは既存の治療よりも有効性が高いことが判明しており、既存の医薬品に耐性を持っているウイルスに対しても効果を発揮することがわかっています。

 

名前の由来です。ゾフルーザはXOFLUZAと表記されますが、これはinfluenza:インフルエンザをXO(ノックアウト)するということで、両者の下線部を組み合わせて命名されています。一般名はバロキサビル マルボキシルです。

先駆け審査指定制度の補足

先駆け審査指定制度では、既存薬と異なる作用機序で、生命に重大な影響を与える疾病を対象にした医薬品であり、既存の治療よりも大幅な有効性の改善が認められ、世界に先駆けて日本での発売がされる医薬品(同時発売を含む)が対象となっています。

ゾフルーザの薬価

薬価も決まりましたね。

薬品名 単位 薬 価
ゾフルーザ錠10mg 1,507.50
ゾフルーザ錠20mg 2,394.50

予想より少し高めでした。体重80kg未満の成人の場合で4788円ですね。

ゾフルーザの作用機序と特徴

ゾフルーザの作用機序は既存の医薬品とは異なる部位を目標にされており、キャップ依存性エンドヌクレアーゼを阻害することで効果を発揮します。

 

通常のウイルスはDNAのみ、もしくはRNAのみをもつ生命体であり、インフルエンザウイルスはRNAのみを持つ生命体です。増殖するためには、宿主の細胞にある複製装置を乗っ取って、自分自身のRNAを複製する必要があります。

 

人間の細胞は、DNAを複製するためにまずはRNAを作り出し、それを設計図としてDNAを複製しています。

 

RNAからDNAが作り出されるためには、キャップと言われる先端部分からの情報伝達が重要となっており、キャップはDNA複製の司令官のような役割を担っています。

 

インフルエンザウイルスは宿主細胞が持つRNAの合成回路を乗っ取るため、宿主細胞の複製起点になるキャップ構造を認識してその途中から切り離し、自分自身を複製するように指示を書き換えてしまうのです。

 

このための酵素がキャップ依存性エンドヌクレアーゼです。

 

ゾフルーザはインフルエンザウイルスの持つキャップ依存性エンドヌクレアーゼの働きを阻害することで、インフルエンザウイルスが複製装置を乗っ取ることを防ぎ、増殖を抑制しています。

 

やはり1回の経口投与でOKなのが素晴らしい(用法・用量については事項参照)。錠剤も小さいので高齢者でも服用しやすいと思います。

 

ちなみに粉砕も可能だそうですが、メーカーとしては推奨しないとのこと。細粒?ドライシロップ?の剤形も今後発売予定とか。

ゾフルーザの効能効果・用法用量

ゾフルーザの効能効果・用法用量をみる

効能・効果
A型又はB型インフルエンザウイルス感染症

用法・用量
1.通常,成人及び12歳以上の小児には,20mg錠2錠(バロキサビル マルボキシルとして40mg)を単回経口投与する。ただし,体重80kg以上の患者には20mg錠4錠(バロキサビル マルボキシルとして80mg)を単回経口投与する。

2.通常,12歳未満の小児には,以下の用量を単回経口投与する。

用法及び用量の表

体重 用量
40kg以上 20mg錠2錠(バロキサビル マルボキシルとして40mg)
20kg以上40kg未満 20mg錠1錠(バロキサビル マルボキシルとして20mg)
10kg以上20kg未満 10mg錠1錠(バロキサビル マルボキシルとして10mg)

スポンサーリンク

なぜゾフルーザ錠10mgのみ割線が入っているの?

「体重10kg未満の小児に対し、1回5mg」という適応を取ろうとした名残。

ゾフルーザと他の抗インフルエンザ薬との違い

ゾフルーザは全く新しい作用機序を持った医薬品であるため、そもそもの作用機序が異なります。

 

他の抗インフルエンザ薬はノイラミニダーゼ阻害薬と言われているものが主であり、その作用はインフルエンザウイルスが分裂し、宿主細胞から遊離する際に必要となるノイラミニダーゼという酵素を阻害します。

 

ウイルスは宿主の細胞を使って増殖したあと、さらに感染を広げるためにその細胞から離れて他の細胞に広がっていく必要があります。この宿主細胞からインフルエンザウイルスを遊離する効果を持つのが、ノイラミニダーゼです。

 

ノイラミニダーゼ阻害薬は、このインフルエンザウイルスが遊離して感染を広げていくのを防ぐ作用を持っています。

 

耐性ウイルスの問題から現在はあまり使用される機会はありませんが、A型インフルエンザのみに作用するアマンタジンという薬剤に限っては異なる作用機序を持っています。

 

インフルエンザウイルスが宿主の細胞の中で、RNAを放出する過程を抑制して効果を発揮しています。

 

既存の抗インフルエンザ薬と比較してゾフルーザは抗ウイルス活性が高く、罹患期間の短縮効果については同等であったものの、ウイルスの排出に掛かる期間はタミフルでは72時間を必要とするのに対し、ゾフルーザでは24時間となっています。

 

また、吸入などの煩わしい投与方法ではなく、1回のみの内服で効果を発揮できるため、コンプライアンスの改善効果も期待できるでしょう。

 

副作用も軽減されているため、安全性・有効性・使いやすさなど、現段階では様々な点で既存の医薬品を上回るものと言えます。

ゾフルーザの副作用

ゾフルーザは使用した患者のうち、約5.4%に副作用の発現が認められています。主な副作用は下痢(1.3%)・ALT増加(0.9%)となっています。12歳以下の小児の場合には、下痢(1.9%)が主な副作用です。

 

その他の副作用として、頭痛の報告があります。

ゾフルーザの注意事項

まずゾフルーザは有効性及び安全性は確立していないため、予防投与はできません。

 

また、ゾフルーザ自体に異常行動の報告はありませんが、タミフルなどの抗インフルエンザ薬を使用した患者では異常行動を起こすことが指摘されてきました。

 

厚生労働省の見解としては、「抗インフルエンザ薬と異常行動の因果関係はない」と結論づけていますが、インフルエンザの症状として異常行動を起こしてしまう場合もあるため、ゾフルーザ服用中も同様の注意は必要でしょう。

 

妊娠中の使用は、有益性が危険性を上回る場合のみ使用します。動物実験では催奇形性は確認されていないものの、流産の危険性が高まるという報告もあります。

 

また、動物実験において、母乳中への移行が確認されているため、授乳中の使用も避けた方がよいでしょう。

最後に

ゾフルーザは1回の経口投与で治療が完了します。副作用も少ないとされている素晴らしい薬剤です。

 

今シーズンはインフルエンザのピークを過ぎており、それほど使用されることはないでしょう。しかしその有効性、安全性、利便性から、来シーズンは既存の抗インフルエンザ薬よりも圧倒的にゾフルーザが処方されるケースが増えることが予想されます。

 

ただ冒頭でお話した通り、世界に先駆けて日本で一番最初に発売されますので、一気に使用量が増える来シーズンは十分注意が必要でしょう。

 

近年学会や現場からの要望もあり、海外に先駆けて我が国で承認される薬が増えてきています。ゾフルーザも発売後1年は添付文書未記載の副作用がみられることも十分認識した上で使用する必要がありますね。

 

それではゾフルーザについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

出典:
・新潟大学大学院 医歯学総合研究科 国際保健学分野「インフルエンザウイルスの薬剤耐性」
・筑波大学 医学医療系 感染生物学「インフルエンザウイルスの増殖サイクル」
・塩野義製薬株式会社 「新規インフルエンザ治療薬候補 S-033188 の国内製造販売承認申請について -先駆け審査指定制度下での承認申請を実施-」
・朝日新聞 「1回飲むだけのインフル新薬、5月に発売へ」
・ゾフルーザ錠 添付文書・インタビューフォーム