病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

カテゴリー:漢方薬

大黄甘草湯の作用機序と特徴、副作用~便秘薬として妊婦、授乳は飲んでもいい?

%e6%bc%a2%e6%96%b9%e8%96%ac

今回は便秘に対して処方される漢方薬「大黄甘草湯」について解説します。 大黄甘草湯の名前の由来 配合されているのは大黄、甘草の2種類の生薬のみ。これをそのまま組み合わせて大黄甘草湯と命名されています。 大黄甘草湯…

詳細を見る

八味地黄丸の作用機序と特徴、副作用~漢方薬における腎とは?

%e6%bc%a2%e6%96%b9%e8%96%ac

今回は漢方薬の八味地黄丸について解説します。 八味地黄丸の名前の由来 八味地黄丸は8種類の生薬(事項参照)から構成されており、ここから”八味”。そして主薬の”地黄”と組み合わせて八味地黄丸と命名されています。 …

詳細を見る

半夏厚朴湯の作用機序と特徴、副作用~つわりやうつ、咳に有効?

%e6%bc%a2%e6%96%b9%e8%96%ac

今回は漢方薬の半夏厚朴湯の作用機序や副作用、特徴について解説します。 半夏厚朴湯の名前の由来 半夏厚朴湯は小半夏加茯苓湯に厚朴と蘇葉が加わり、5種類の生薬(次項参照)が配合されてます。含まれる生薬のうち、主薬の半…

詳細を見る

桂枝茯苓丸の作用機序と特徴、副作用~妊娠中は服用しない方がいい?

%e6%bc%a2%e6%96%b9%e8%96%ac

今回は漢方薬の桂枝茯苓丸について解説します。 桂枝茯苓丸の名前の由来 桂枝茯苓丸は構成成分のうち、初出する桂皮(ケイヒ)、茯苓(ブクリョウ)を組み合わせて命名されています。ただこの2つが主薬ということではなく、い…

詳細を見る

当帰芍薬散の作用機序と特徴、副作用~下痢等の胃腸障害が多い?

%e6%bc%a2%e6%96%b9%e8%96%ac

今回は漢方薬の当帰芍薬散について解説します。 当帰芍薬散とは? 当帰芍薬散は6種類の生薬で構成されています(下記参照)。その中の主薬である当帰と芍薬を組み合わせて当帰芍薬散と命名されています。 当帰芍薬散の作用…

詳細を見る

漢方薬の処方の基本~証、陰陽、虚実、気血水とは?

%e6%bc%a2%e6%96%b9%e8%96%ac

漢方薬には、その使用するべき患者を見分ける独自の方法が存在しています。これは西洋医学には見られない特徴であり、個人の体質を分析するための手段です。 使用する患者の体質が漢方薬に合っていなければ、漢方薬は十分に効果を…

詳細を見る

防風通聖散の作用機序と特徴、副作用~服用したら痩せるってホント?

%e6%bc%a2%e6%96%b9%e8%96%ac

今回は漢方薬の防風通聖散について解説していきます。 防風通聖散の名前の由来 風邪による病気を予防するという意味の「防風」、処方の価値の高さ(聖人が用いる、作った)を表現した「通聖」。この2つを組み合わせて防風通聖…

詳細を見る

加味逍遥散の作用機序と特徴、副作用

%e6%bc%a2%e6%96%b9%e8%96%ac

今回は漢方薬の加味逍遙散について解説していきます。 加味逍遙散の名前の由来 まず名前の由来ですが、基本処方である逍遙散に、生薬の牡丹皮と山梔子を加えた(加味)したということで、逍遙散と加味を組み合わせて加味逍遙散…

詳細を見る

半夏瀉心湯の作用機序と特徴、化学療法の副作用対策にも用いられます

%e6%bc%a2%e6%96%b9%e8%96%ac

今回は漢方薬の半夏瀉心湯について解説していきます。 半夏瀉心湯の名前の由来 主薬の半夏、そしてみぞおち(心窩部)の痞塞感(ひそくかん:つかえる感じ)を意味する瀉心を組み合わせて、半夏瀉心湯と命名されています。 …

詳細を見る

サイト内検索



「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆