病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

カテゴリー:抗ウイルス薬

ベムリディの作用機序と特徴、副作用~テノゼット、バラクルードとの違い

今回はB型慢性肝疾患治療薬のベムリディについて解説します。 ベムリディとは? まずは名前の由来から。ベムリディはvemlidyと表記されますが、これは「Melody of Victory」に由来します。一般名はテ…

詳細を見る

レベトール・コペガス(リバビリン)の作用機序と副作用

今回は抗ウイルス薬のレベトール・コペガスについて解説します。 レベトール・コペガスとは? レベトール・コペガス共に一般名はリバビリンになります。まずレベトールですが、名前の由来は特にないようです。 &nbs…

詳細を見る

バラクルード(エンテカビル)の作用機序と特徴、副作用

今回は後発品の発売も迫っている抗HBV薬のバラクルードについて解説します。 バラクルードとは? それではまず名前の由来からいきましょう。 バラクルードはBaracludeと表記されますが…

詳細を見る

ゾビラックス(アシクロビル)の作用機序と特徴、副作用~バルトレックスとの違いは?

ゾビラックスは単純疱疹や帯状疱疹に適応をもつ抗ウイルス剤です。 1985年に点滴静注剤、眼軟膏剤が承認されて以来、経口剤をはじめとする様々な剤形で世界中に販売されており、高い医療ニーズに今もなお応え続けているお薬で…

詳細を見る

ジメンシー(ダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル)の作用機序と副作用

今回は慢性C型肝炎の経口治療薬であるジメンシー配合錠についてです。またC型慢性肝炎についても簡単にお話していきます。 ジメンシーとは? まず名前の由来からいきましょう。ジメンシーはXimencyと表記されますが、…

詳細を見る

グラジナ・エレルサ(グラゾプレビル・エルバスビル)の作用機序と副作用|経口抗HCV薬

今回は慢性C型肝炎の経口治療薬であるグラジナ、エレルサについてお話していきます。 この2剤は必ず併用され、また副作用等により中止する際も同時に中止する事になっています。そのためこの記事では上記2剤についてまとめて解…

詳細を見る

ヴィキラックス配合錠の作用機序と副作用|C型慢性肝炎治療薬

今回は慢性C型肝炎の治療薬ヴィキラックス配合錠についてお話します。 ヴィキラックス配合錠とは? まず名前の由来からいきましょう。ヴィキラックスはViekiraxと表記されますが、Vieは”life”を意味し、Ki…

詳細を見る

ハーボニー(レジパスビル・ソホスブビル)の作用機序と副作用

今回は慢性C型肝炎の治療薬ハーボニー配合錠についてお話します。ちなみに薬価は1錠54796.9円(平成28年4月時点)です。 ハーボニーとは? まず名前の由来からいきたいところですが、ハーボニーには特に由来はない…

詳細を見る

抗ウイルス薬一覧

当ブログで説明している抗ウイルス薬に関する記事一覧になります。該当部分をクリックするとページが開きます。 抗インフルエンザ薬 ・タミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタ 抗肝炎ウイルス薬 …

詳細を見る

失敗しない薬剤師転職サイトの選び方はコチラ

失敗しない薬剤師転職サイトの選び方はコチラ

サイト内検索

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆