病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

カテゴリー:診療報酬改定・制度関連

平成30年度診療報酬改定~後発医薬品使用体制加算の指標の見直し

平成30年度(2018年度)診療報酬改定において、医療機関では後発品使用体制加算は現行の3段階から4段階になることが決まりました。 院内処方を行っている診療所は2段階から3段階になりますが、こちらは別のページで触れ…

詳細を見る

生活保護受給者の原則後発品は今後の保険制度に多大な影響を及ぼす

2018年度から生活保護受給者に対する処方では、原則として後発医薬品を使用する方針となりました。 現在も生活保護受給者への調剤においては、後発医薬品の使用を促すよう指導されていますが、それがより顕著な形となって発表…

詳細を見る

ヒルドイドが保険適用外になる可能性…なぜこのような事に?

ヒルドイド外用剤(一般名:ヘパリン類似物質外用薬)の保険適応について、厚生労働省でも議論が重ねられ、一般メディアでも話題に上がっています。 「美容目的での処方が一定割合を超えており、治療を目的とする処方でないのであ…

詳細を見る

医薬品の個人輸入は違法ではないの?そこに潜む危険性について解説

インターネットで世界中とつながることができる世界となった現在では、以前には一部の業者のみが行っていた海外との売買活動も、すべて個人レベルで行うことが可能になりました。 時代の波は医薬品にまで及び、少し検索すれば医薬…

詳細を見る

日本調剤の保険販売について考える

保険調剤薬局の責務は「保険薬剤師に厚生労働省令で定めるところにより調剤に当たらせるほか、療養の給付を担当しなければいけない」というモノです。 健康保険の健全な運営を確保する必要がある調剤薬局にて、新たな動きがありま…

詳細を見る

処方箋不要で病院の薬が買える薬局は違法ではないの?

医師の診察を受け、症状に合わせて処方箋が発行され、薬局で薬局医薬品を調剤してもらうのが、現代日本の一般的なルールです。 ですが、医師の診察を受けずに薬局医薬品を購入できる薬局が存在していることをご存知でしょうか? …

詳細を見る

トクホ(特定保健用食品)、栄養機能食品、機能性表示食品、健康食品の違い

現代は自分の健康は自分で守る時代、様々なサプリメントや医薬品などが販売されています。 自分で健康を守ると言っても、現状体に問題を感じていないのに、医薬品に手を出すというのは気が引ける。でも、健康には気を付けていたい…

詳細を見る

EPARKくすりの窓口とは?ヨヤクスリとの違い

今回はEPARKくすりの窓口についてお話していきます。ヨヤクスリとの違いについても触れていきましょう。 [sc name="epark1" ] EPARKくすりの窓口とは? EPARKくすりの窓口とは、株式会社…

詳細を見る

OTC医薬品の分類と陳列方法などまとめ

セルフメディケーションが推進されてからすでに久しいですが、その中心にあるのはOTC医薬品です。 病気にならないように自分で自分をケアしていき、もし体調不良となったとしても早期に自分で改善する。そういったことのために…

詳細を見る

サイト内検索