今回は漢方薬の人参湯について解説します。

人参湯の名前の由来

 

配合されている4種の生薬(次項参照)のうち、主薬である人参の名をとって人参湯と命名されています。

人参湯の作用機序と特徴

 

人参湯は胃腸虚弱に対して使用される漢方薬であり、含まれている生薬は乾姜(カンキョウ)、蒼朮(ソウジュツ)、甘草(カンゾウ)、人参(ニンジン)です。

 

東洋医学では漢方薬の適応を判断するため、個別の患者の状態を判断する「証」という概念を用います。

 

人参湯が適している証は虚証・寒証・気虚であり、体力が低下していて華奢で、冷え性で顔色が悪いタイプの人に向いています。おなかの上側辺りが冷えて硬く、水が溜まっているような状態の胃症状に対して効果的な漢方薬です。

関連記事漢方薬の処方の基本~証、陰陽、虚実、気血水とは?

 

添付文書には以下のように記載されています。

効能又は効果
体質虚弱の人、或いは虚弱により体力低下した人の次の諸症
急性・慢性胃腸カタル、胃アトニー症、胃拡張、悪阻(つわり)、萎縮腎

用法及び用量
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

ツムラ人参湯エキス顆粒(医療用)の添付文書より引用

 

人参湯に関しては科学的な作用機序は明確に判明しておらず、経験的に用いられている部分が多いです。

 

それぞれの生薬が消化器症状に関する効果を持っていますが、独立して効果を発揮しているわけではなく、相互的に補助しあうことによって人参湯の作用が発揮されています。

 

では含まれている生薬から、人参湯の作用について考えていきましょう。まずは乾姜ですが、これは体を温めて冷えをとる効果を持ち、含まれている有効成分であるショウガオールがセロトニン受容体に拮抗することで下痢の抑制、嘔吐の抑制に働いていると考えられます。

 

ショウガオールは胃腸の平滑筋に作用することでその活動を活発化させ、これにより健胃効果も発揮しています。

 

乾姜よりも生姜の方が健胃効果は強力だと言われていますが、この漢方薬では腹部の停滞した気や水を循環させることを狙って調整されているため、体を乾燥させる効果を併せ持つ乾姜が選択されたのでしょう。

 

蒼朮は水分の排泄を促進する効果があるため、胃内水分の停滞を改善する効果を持ち、乾姜と合わさることで健胃効果をより顕著にさせています。

 

甘草に含まれるグリチルリチン酸は鎮痛・抗炎症作用を持ち、ケミカルメディエーターの働きを阻害することで、その作用を発揮しています。胃炎や胃痛の症状まで緩和することができるのはこの作用によります。

 

人参の作用は滋養強壮作用ですが、胃腸の働きを活発にする効果も併せ持ち、補った気を循環させる作用も持っています。

 

中枢神経を興奮させることによって副腎皮質の活動を活発にする作用もあることが判明しているため、それらの活動が複合的に虚証に対して効果を発揮しているのです。

スポンサーリンク

人参湯の副作用

 

人参湯では副作用の発現頻度が明確になる調査を行っていないため、その詳しい発生頻度は不明です。

 

ただ重大な副作用として甘草に由来するものが報告されており、使用する際にはその兆候となる症状に注意が必要です。

 

低カリウム血症や血圧の上昇、浮腫を引き起こしてしまう偽アルドステロン症、前述の低カリウム血症の結果として筋肉の動きに悪影響を与えてしまうミオパチーの発生が報告されています。

 

それらの可能性がある場合には、服用の中止やカリウム剤の投与などの適切な処置が必要になります。

 

その他の副作用として過敏症状を起こす場合があり、発疹や蕁麻疹などが現れた場合には服薬を中止する必要があります。

人参湯の注意事項

 

人参湯は生薬をお湯に煮出して服用するタイプの薬でしたが、使い勝手を考慮した結果として煮出した薬液を加工し、散剤としたものです。

 

ですので、服用する時には元の形に戻した方が効果的だと言われています。あまりに熱いお湯では、薬効成分が揮発してしまうため、約60℃程度のぬるま湯で溶かして服用するのがよいでしょう。

 

甘草を含有しているため、その重複に注意して服用する必要があります。漢方薬の併用などにより過量に甘草を摂取してしまうことで、前項で紹介している重大な副作用が誘発されやすくなってしまう可能性があるため、注意が必要となります。

 

また、甘草の有効成分として含有されているグリチルリチン酸を使用している医薬品も同様に注意する必要があり、その他にもラシックスなどのループ系利尿薬・フルイトランなどのチアジド系利尿薬などの血清カリウム値の変動や血圧の変動を起こす危険性があるものに関しては併用注意となっています。

 

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。

ツムラ人参湯エキス顆粒(医療用)の添付文書より引用

添付文書では妊婦に対する使用は有益性投与となっていますが、日本産婦人科医学会では妊娠中のつわりに対して用いる漢方薬として人参湯を挙げています。

 

そのため、医師の判断において使用する場合には安全に服薬することができるでしょう。ただし、あくまでも医師の判断を基に使用することが前提ですので、自己判断での服用は避けるようにして下さいね。

 

それでは人参湯については以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。