病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

子供によくみられる感染症一覧

マスク子供

このページでは子供に多く見られる感染症についてまとめています。

スポンサーリンク

はやり目(流行性結膜炎)

流行時期:夏 ただし1年を通してみられる

かかりやすい年齢:子供から大人まで幅広い年齢層

主な症状:白目の充血やめやに、涙目など

>>はやり目についてもう少し詳しく知りたい方はこちら

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

流行時期:季節関係なく1年を通してみられる

かかりやすい年齢:3~6歳

主な症状:発熱、両方または一方の耳下腺の腫れなど

>>おたふくかぜについてもう少し詳しく知りたい方はこちら

リンゴ病(伝染性紅斑)

流行時期:夏

かかりやすい年齢:9歳以下

主な症状:両頬の赤い発疹、手足や体にレース(網目)様の発疹

>>リンゴ病についてもう少し詳しく知りたい方はこちら

ノロウイルス

流行時期:秋~春

かかりやすい年齢:全年齢

主な症状:嘔吐、吐き気、下痢、腹痛、微熱

>>ノロウイルスについてもう少し詳しく知りたい方はこちら

インフルエンザ

流行時期:冬~春

かかりやすい年齢:全年齢

主な症状:発熱、頭痛、関節痛など

>>インフルエンザについてもう少し詳しく知りたい方はこちら

とびひ(伝染性膿痂疹)

流行時期:水疱性膿痂疹は夏、痂皮性膿痂疹は季節関係なし

かかりやすい年齢:水疱性膿痂疹は6歳以下、痂皮性膿痂疹は年齢関係なし

主な症状:水疱性膿痂疹は水ぶくれ、かゆみ、痂皮性膿痂疹は発熱、かさぶた、のどの痛み

>>とびひについてもう少し知りたい方はこちら

手足口病

流行時期:夏

かかりやすい年齢:4歳以下

主な症状:手のひら、足の裏、口の中などに小さい水疱(水ぶくれ)

>>手足口病についてもう少し詳しく知りたい方はこちら

プール熱(咽頭結膜熱)

流行時期:夏

かかりやすい年齢:多くが5歳以下

主な症状:発熱、目の充血、のどの痛み

>>プール熱についてもう少し詳しく知りたい方はこちら

ヘルパンギーナ

流行時期:夏

かかりやすい年齢:4歳以下

主な症状:発熱、口の中から喉にかけての小さい水疱(水ぶくれ)

>>ヘルパンギーナについてもう少し詳しく知りたい方はこちら

突発性発疹

流行時期:季節関係なく1年を通してみられる

かかりやすい年齢:生後4ヶ月~2歳

主な症状:発熱、全身の発疹など

>>突発性発疹についてもう少し詳しく知りたい方はこちら

マイコプラズマ肺炎

流行時期:1年を通してみられるが冬にやや多く発生

かかりやすい年齢:5~9歳(14歳以下で全体の8割)

主な症状:発熱、頭痛、全身倦怠感、咳など

>>マイコプラズマ肺炎についてもう少し詳しく知りたい方はこちら

溶蓮菌感染症(A群溶血性レンサ球菌咽頭炎)

流行時期:1年を通してみられるが冬~春にかけてにやや多く発生

かかりやすい年齢:幼児(1歳~6歳未満)、学童期(6~12歳未満)に多いが、成人も

主な症状:発熱、のどの痛み、痒みを伴う発疹、舌がイチゴ状(イチゴ舌)、嘔吐

>>溶蓮菌感染症(A群溶血性レンサ球菌咽頭炎)についてもう少し詳しく知りたい方はこちら

麻疹

流行時期:1年を通してみられるが春~初夏春にかけてにやや多く発生

かかりやすい年齢:0~4歳に多く見られ、中でも2歳未満が大半を占めるが、抗体がなければ成人も感染

潜伏期間:8~12日

主な症状:カタル期~発熱(38℃程度)、咳、鼻水、眼脂(めやに)、目の充血、コプリック斑 発疹期~発熱(39℃以上)、赤い発疹(全身)、下痢など

>>麻疹(はしか)についてもう少し詳しく知りたい方はこちら

RSウイルス

 

水痘

 

日本脳炎

 

風疹

 

ロタウイルス

 

百日せき

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆