病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

抗精神病薬一覧

当ブログで説明している抗精神病薬の一覧になります。薬品名をクリックすると説明ページが開きます。

スポンサーリンク

フェノチアジン系

 

コントミン・ウインタミン(クロルプロマジン)

レボトミン・ヒルナミン(レボメプロマジン)

フルメジン(フルフェナジン)

ピーゼットシー・トリラホン(ペルフェナジン)

・ノバミン(プロクロルペラジン)

ニューレプチル(プロペリシアジン)

ブチロフェノン系

 

セレネース(ハロペリドール)

インプロメン(ブロムペリドール)

プロピタン(ピパンペロン)

スピロピタン(スピペロン)

トロペロン(チミペロン)

ベンザミド系

 

・ドグマチール(スルピリド)

・バルネチール(スルトプリド)

グラマリール(チアプリド)

・エミレース(ネモナプリド)

セロトニン・ドパミン遮断薬(SDA)

 

ルーラン(ペロスピロン)

リスパダール(リスペリドン)

・ロナセン(ブロナンセリン)

多元受容体作用抗精神病薬(MARTA)

 

・ジプレキサ・ジプレキサザイディス(オランザピン)

セロクエル(クエチアピン)

・クロザリル(クロザピン)

シクレスト(アセナピン)

ドパミン受容体部分作動薬

 

エビリファイ(アリピプラゾール)

その他の抗精神病薬

 

・ロドピン(ゾテピン)

・オーラップ(ピモジド)

・クロフェクトン(クロカプラミン)

・デフェクトン(カルピプラミン)

・クレミン(モサプラミン)

・ホーリット(オキシペルチン)

失敗しない薬剤師転職

転職活動を一人で行うのはとても大変です。

そこで頼りになるのが、あなた専属のキャリアコンサルタント

面倒な作業を代行してくれるだけでなく、転職成功に向けた様々なアドバイスをもらうことができます。

無料で利用できる転職サイトですが、失敗しないためにこれだけは知っておきたいことがあります。

>>薬剤師転職サイトの詳しい情報を見る

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです


関連記事

サイト内検索