病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

フェノバール(フェノバルビタール)の作用機序と副作用|PB

脳

今回は抗てんかん薬のフェノバールについてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

フェノバールとは?

 

フェノバールの名前の由来は皆さんのご想像通りです。フェノバール:PHENOBALは一般名のフェノバルビタール:Phenobarbitalに由来します。

 

フェノバールの作用を簡単に説明すると「神経細胞の興奮を抑える塩化物イオンが細胞内に入り込むのを促すことで、てんかん発作を予防する」になります。

 

それではまずてんかんについてみていきましょう。

てんかんとは?

 

普段、私達人間の大脳の中ではニューロンと呼ばれる神経細胞の間を電気刺激が伝わっていて、それによって人は物を考えたり行動したり、様々な生命維持機能が働いたりするようにできています。

 

ところが、何らかの原因でこの電気刺激が異常興奮してしまい、神経伝達がショートしたように乱れてしまうことがあります。

 

それによって起こる様々な症状を「てんかん」と言います。てんかん発作は繰り返し起こることも特徴の一つで、1回だけの発作では普通てんかんと診断はされません。

てんかんの原因と起こるメカニズム

てんかんが起こる原因は様々ですが、原因により「特発性てんかん」「症候性てんかん」に分けられます。

 

様々な検査をしてもてんかんの原因となるような器質的な異常が見つからず、原因不明とされるてんかんのことを「突発性てんかん」と言います。こちらは遺伝的にてんかんになりやすい素質があるのではないかと考えられています。

 

一方、症候性てんかんは、脳梗塞や脳外傷、脳炎や低酸素状態など、何らかの原因で脳に障害が起きたり脳の一部が傷ついたりしたことが原因で起こるてんかんです。

 

どちらの場合でもてんかん発作が起こるメカニズムは同じであり、大脳の神経細胞を伝達する電気刺激の異常興奮が原因とされています。

てんかんの分類とそれぞれの特徴

それでは次に、てんかんの分類とその特徴についてもう少し詳しく見てみましょう。

 

先ほど、てんかんの原因により「特発性てんかん」「症候性てんかん」に分けられることはお話ししましたね。これとは別に、脳の中で発作が起こる部位によって、大脳全体で一斉に興奮が始まる「全般発作」と、脳のある一部分から発作が始まる「部分発作」に分けることもできます。

 

てんかんの分類は、これら2つの分類方法を組み合わせて、「特発性部分発作」「特発性全般発作」「症候性部分発作」「症候性全般発作」の大きく4つに分類されています。

 

ちなみに、「全般発作」と「部分発作」は、実際に起こる症状によって更に細かく分類されています。

全般発作

強直間代発作:意識が喪失し、全身の硬直(強直発作)、直後に全身のガクガクとした痙攣(間代発作)が見られる

欠伸発作:急に数秒〜数十秒意識喪失し、すぐに回復する

脱力発作:全身の力が抜け、崩れ落ちるように倒れる。時間は数秒と短い

ミオクロニー発作:全身または体の一部がピクッとなる

部分発作

単純部分発作:意識障害を伴わない

複雑部分発作:意識障害を伴う

二次性全般化発作:2~3秒間前兆(アウラ)として単純又は複雑部分発作から始まり、多くが強直間代発作に移行

 

このようにてんかんと一括りに言ってもその発作のタイプは様々で、発作の型により治療薬も変わってきます。

スポンサーリンク

フェノバールの作用機序と特徴

 

私達の脳は常に「興奮」と「抑制」のバランスをとっています。神経細胞の興奮に関与しているのがNa+(ナトリウムイオン)Ca2+(カルシウムイオン)。そして抑制に関与しているのがCl(塩化物イオン)になります。

 

細胞内のNa+とCa2+が増えると神経細胞が興奮し、その興奮が前シナプスのシナプス小胞に伝わるとそこから興奮性神経伝達物質のグルタミン酸が放出されます。

 

神経細胞の末端はシナプスと呼ばれる構造を持ちますが、神経細胞同士はくっついておらず数万分の1mm程度離れており、この隙間をシナプス間隙といいます。そして情報を伝達する側のシナプスを前シナプス、情報を受け取る側のシナプスを後シナプスといいます。

 

前シナプスからグルタミン酸がシナプス間隙に放出され、それが後シナプスに到達しグルタミン酸受容体と結合することで情報(興奮)が伝達される仕組みになっています。

 

てんかんは大脳の神経細胞が過剰に興奮している状態。つまり興奮を抑えるには細胞内に入るNa+やCa2+を減らす、グルタミン酸の放出を抑える、グルタミン酸が受容体に結合するのを邪魔するといったことを行えばいいことがわかります。

 

一方細胞内のClを増やすのに関与しているのが抑制性神経伝達物質のGABA(ガンマアミノ酪酸)です。

 

GABAは後シナプスのGABA受容体に結合することで、通常は細胞の外にあるClが細胞内に進入します。これにより細胞内がどんどんマイナスに傾いていくことで興奮が伝わるのが抑えられるのです。

 

つまりGABAの量を増やしたり、GABAを受容体に結合しやすくしてあげれば興奮を抑えることができることがわかりますね。

 

フェノバールは後シナプスのバルビツール酸受容体(ピクロトキシン受容体)と結合する事でGABA受容体の作用を増強します。具体的にはClの通り道であるクロール(クロライド)チャネルの開口時間を延長します。

 

その結果、細胞内に入るClイオンが増えることで興奮が伝わりづらくなり、てんかん発作を予防することができるのです。

 

フェノバールは全般性強直間代発作、単純部分発作の第二選択薬になっています。有効血中濃度は10~35μg/mLです。

 

フェノバールの剤形には錠剤、散剤、エリキシル剤、注射剤(皮下・筋注用)があります。

フェノバールの相互作用

 

フェノバールには以下の併用禁忌の薬があります。

・ボリコナゾール(ブイフェンド):抗真菌薬
・タダラフィル(アドシルカ):肺高血圧症治療薬
・リルピビリン(エジュラント、コムプレラ配合錠):抗ウイルス薬
・アスナプレビル(スンベプラ):抗ウイルス薬
・ダクラタスビル(ダクルインザ):抗ウイルス薬
・バニプレビル(バニヘップ):抗ウイルス薬
・マシテンタン(オプスミット):肺高血圧症治療薬

 

フェノバールは肝臓の薬物代謝酵素CYP3A4を誘導する(増やす)作用があります。上記薬剤はCYP3A4で代謝されるため、フェノバールを併用すると上記薬剤の代謝が促進され、血中濃度が下がるため禁忌となっています。

 

これら以外にも併用注意の薬がありますので、お薬手帳を忘れずに医師、薬剤師に見せるようにして下さいね。

フェノバールの副作用

 

主な副作用としては傾眠、めまい、頭痛、運動失調、発疹などが報告されています。鎮静作用が結構強く、TDMを実施して血中濃度が治療域内であっても現れる場合があります。

 

眠気、注意力・集中力の低下がみられる場合がありますので、フェノバール服用中は自動車の運転や機械の操作、高所作業等危険を伴う作業は避ける必要があります。

 

またフェノバルビタールは非常に水に溶けにくい性質を持ちます。フェノバール注射液100mgでは有機溶媒であるクロロブタノール、グリセリンジエチルエーテルを使用することで強引に溶解させており、注射局所の腫脹、硬結、壊死を起こす可能性があります。

 

そのためフェノバール注射液の添付文書にも以下のように記載されています。

重要な基本的注意

1.有機溶媒を用いた製剤である。注射局所に壊死を起こすことがあるので、内服不可能な患者の場合、又は緊急に必要とする場合以外は使用しない。

フェノバール注射液100mgの添付文書より引用

抗てんかん薬全般の注意事項

 

てんかんの治療には外科治療や食事療法もありますが、現在は薬物療法が主流となっています。そしてその薬の選択は、主にてんかんの発作型や年齢などを考慮して決められています。

 

現在では様々なてんかん治療薬が開発され、従来の薬ではコントロールできなかった発作にも効果が期待できるようになってきました。

 

しかし、発作が落ち着いているからと言って、抗てんかん薬を自己判断で服用する量を変えたり中止したりしてしまうと、発作の再発はもちろん、重い副作用が出ることにもつながりかねません。

 

また抗てんかん薬は飲み合わせや症状によっては中止しなければならないこともあるハイリスク薬(特に安全管理が必要な医薬品)に分類されています。必ずお薬手帳を医師、薬剤師に提示するようにして下さいね。

 

抗てんかん薬を服用する場合は、決して自己判断をせず、医師や薬剤師の指導のもと、服用方法や服用量を守って正しく使用することが大切です。

 

それではフェノバールについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆