病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

カテゴリー:消化性潰瘍治療薬

ストロカイン(オキセサゼイン)の作用機序と副作用|消化管粘膜局麻剤

胃

今回は局所麻酔薬のストロカインについて解説します。 ストロカインとは? それでは名前の由来から。胃との関係を表す接頭語である”gastro”と局麻剤を表す接尾語”caine”を組み合わせてStrocain:ストロ…

詳細を見る

タガメット(シメチジン)の作用機序や副作用|H2ブロッカー

胃

今回は消化性潰瘍治療薬、ヒスタミンH2受容体拮抗薬タガメットについてお話していきます。 タガメットとは? まずは恒例の名前の由来からいきましょう。タガメットは元々H2ブロッカーのメチアマイドに用意された薬品名でし…

詳細を見る

消化性潰瘍治療薬一覧

胃

当ブログで説明している消化性潰瘍治療薬の一覧になります。薬品名をクリックすると説明ページが開きます。 プロトンポンプ阻害薬(PPI) ・オメプラール(オメプラゾール) ・タケプロン(ランソプラゾール) …

詳細を見る

ピロリ菌の除菌(3剤併用)療法と検査、消化性潰瘍発症の機序

胃

今回は消化性潰瘍の原因の1つヘリコバクター・ピロリについてまた除菌薬や検査方法等についてもお話していきます。 ヘリコバクター・ピロリの名前の由来 よく耳にするピロリ菌。これの正式名称がヘリコバクター・ピロリ(He…

詳細を見る

タケキャブ(ボノプラザン)の作用機序と副作用|タケプロンとの違い

胃

消化性潰瘍治療薬でカリウムイオン競合型アシッドブロッカー(Potassium-Competitive Acid Blocker:P-CAB)であるタケキャブについてお話ししていきます。 平成27年2月26日に発売と…

詳細を見る

アルロイドG(アルギン酸ナトリウム)の作用機序と副作用

胃

今回は消化性潰瘍治療薬、防御因子増強薬である『アルロイドG』について解説します。 アルロイドGとは? まずは名前の由来から。Gastric Sodium Alginate Colloidal Solution。こ…

詳細を見る

セルベックス(テプレノン)の作用機序と副作用|胃粘液分泌促進

胃

今回は消化性潰瘍治療薬、防御因子増強薬である『セルベックス』について解説します。 セルベックスとは? まずは名前の由来から。Cellは細胞、Sel(f)は自分自身、bexは刺激する。「自分自身の細胞を刺激してきた…

詳細を見る

アルサルミン(スクラルファート)の作用機序と副作用~食後に飲んでも大丈夫?

胃

今回は消化性潰瘍治療薬、防御因子増強薬である『アルサルミン』について解説します。 アルサルミンとは? まずは名前の由来からいきましょう。ULCERは英語で『潰瘍』。またアルサルミンはアルミニウム(ALUMINIU…

詳細を見る

サイトテック(ミソプロストール)の作用機序と副作用|妊婦禁忌の理由

胃

今回は消化性潰瘍治療薬、防御因子増強薬でプロスタグランジン製剤であるサイトテックについて解説します。 サイトテックとは? まずは恒例の名前の由来からいきましょう。後ほどお話しますが、プロスタグランジン(以下PG)…

詳細を見る

転職で失敗したくないあなたへ

転職で失敗したくないあなたへ

サイト内検索

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆