病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

VBA講座1-4 ラベルの応用

ノートパソコンとハーブ

今回はラベルの応用です。グレーの画面に黒い文字だけで色々書かれても正直見づらいですよね。画面にメリハリがありません。ラベルを上手く使ってユーザーフォームを装飾してみましょう。

スポンサーリンク

ラベルの背景色の変更

vba1-4-1ではまずラベルの枠内をクリックします。

 

vba1-4-2プロパティウィンドウを見て下さい。項目Backcolorの右の下矢印をクリック。そこでパレットタブをクリックします。

 

vba1-4-3するとパレットが表示され、選んだ色に背景が変わります。今回は一列目の右から三番目の色を選択します。

 

vba1-4-4ラベルの背景が選択した色に変わりました。でもこれだけだとちょっと不格好ですね。ここからがちょっとした”ワザ”になります。

ラベルを組み合わせる

vba1-4-5”日本病院持参薬鑑別システム”のラベルの上に、とりあえず適当な大きさでラベルを新しく設置してください。そして枠内のLabel2を消します。プロパティウインドウのCaptionを空欄にするだけでOKです。

 

その後プロパティウィンドウのBackcolorから先ほど選んだ日本病院持参薬鑑別システムのラベルと同じ色を選択します。

 

vba1-4-6無地のラベルが出来上がりましたね。そのラベルの幅をUserForm1の幅に合わせます。左右の白い四角にカーソルをあわせ、クリックしたままカーソルを移動させて引っ張って調節してください。

 

vba1-4-7こんな感じになりました。続いて日本病院持参薬鑑別システムラベルを今作った無地のラベルの上に配置します。これは簡単。ドラッグアンドドロップすればOKです。

 

vba1-4-8あれ?隠れてしまいました。実はラベルには表示の優先順位があります。今回は後から設置した無地のラベルが上位にいるため隠れてしまったのです。

 

それでは無地のラベルを一度クリックして、その後右クリックしてください。

 

vba1-4-9背面へ移動をクリックします。

 

vba1-4-10日本病院持参薬鑑別システムのラベルが表示されました。ラベルの作成する順番によっては今回のように隠れて見えなくなってしまう事があります。

 

その時は前面(背面)へ移動を行う事で表示することができます。このように文字のラベルと無地のラベルを組み合わせることで大体思い通りのレイアウトを作ることができます。

 

それではラベルの応用については以上となります。お疲れ様でした。次回はフレームの配置についてお話します。
次の講座

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索