病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

ルパフィン(ルパタジン)の作用機序と副作用、デザレックスとの違い

今回は抗アレルギー薬のルパフィンについて解説します。 ルパフィンとは? ルパフィンはRUPAFINと明記されますが、一般名のRupatadine:ルパタジン。作用機序の1つであるPAF(platelet acti…

詳細を見る

温清飲の作用機序と特徴、副作用、注意事項:ツムラ57

今回は漢方薬の温清飲(ウンセイイン)について解説します。 温清飲の名前の由来とは? 温清飲は四物湯と黄連解毒湯の合剤です。それぞれの作用の頭文字をとって命名されています。 ・四物湯:温補養血(身体を温め、貧…

詳細を見る

治頭瘡一方の作用機序と特徴、副作用、注意事項:ツムラ59

今回は漢方薬の治頭瘡一方(ヂヅソウイッポウ)について解説します。 治頭瘡一方の名前の由来 頭瘡は頭部の湿疹、皮膚炎などを意味します。これを治すという効能から治頭瘡一方と命名されています。一方は治療に用いる1つの処…

詳細を見る

桂枝加芍薬湯の作用機序と特徴、副作用、注意事項:ツムラ60

今回は漢方薬の桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)について解説します。 桂枝加芍薬湯の名前の由来 桂枝湯に含まれる生薬である芍薬を増量した(加えた)漢方薬ということで、桂枝加芍薬湯と命名されています。 桂枝加…

詳細を見る

五淋散の作用機序と特徴、副作用、注意事項:ツムラ56

今回は漢方薬の五淋散(ゴリンサン)について解説します。 五淋散の名前の由来 五つの淋(泌尿器症状)を改善できるという意味で五淋散と命名されています。淋は性感染症の淋病ではなく、頻尿や排尿痛などの排尿異常の病態を意…

詳細を見る

清上防風湯の作用機序と特徴、副作用、注意事項:ツムラ58

今回は漢方薬の清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)について解説します。 清上防風湯の名前の由来 配合される12種類の生薬(次項参照)のうち、主薬が防風であること。また顔面、頭部の炎症を取り除くことを清上と言い、防…

詳細を見る

麻杏甘石湯の作用機序と特徴、副作用、注意事項:ツムラ55

今回は漢方薬の麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)について解説します。 麻杏甘石湯の名前の由来 含まれる4種の生薬(次項参照)から頭文字をとり組み合わせて麻杏甘石湯と命名されています。 麻杏甘石湯の作用機序と特徴…

詳細を見る

疎経活血湯の作用機序と特徴、副作用、注意事項:ツムラ53

今回は漢方薬の疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)について解説します。 疎経活血湯の名前の由来 疎経:血管内の血流が阻害されている状態を疎通させること 活血:血液の流れを順調にすること 上記作用を持つ漢方…

詳細を見る

炙甘草湯の作用機序と特徴、副作用、注意事項:ツムラ64

今回は漢方薬の炙甘草湯(シャカンゾウトウ)について解説します。 炙甘草湯の名前の由来 含まれる9種類の生薬(次項参照)のうち、主薬である炙甘草をとって炙甘草湯と命名されています。 炙甘草湯の作用機序と特徴 &…

詳細を見る

サイト内検索

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆