病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

葛根湯の作用機序と特徴、副作用

%e6%bc%a2%e6%96%b9%e8%96%ac

今回は漢方薬の葛根湯についてお話していきます。 葛根湯の名前の由来 葛根湯には葛根(かっこん)、大棗(タイソウ)、麻黄(マオウ)、甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、生姜(ショウガ)の7種類の生…

詳細を見る

フレイルとは?診断基準とサルコペニアの違い

%e6%9c%a8%e9%99%b0%e3%81%a7%e4%bc%91%e3%82%80%e8%80%81%e5%a4%ab%e5%a9%a6

日本では年々介護費用が増加しており、その費用の捻出などで大きな問題になっています。そんな中、高齢者を介護状態にしないための新たな考え方として、フレイルというものがあります。 まだ新しい概念であるため、一般にはあまり浸透しているとは言い…

詳細を見る

大建中湯の作用機序と特徴、副作用

%e6%bc%a2%e6%96%b9%e8%96%ac

今回は漢方薬の大建中湯についてお話していきます。 大建中湯の名前の由来は? 中:体の中央部、つまり消化管を意味します。 建中:中(消化管)を建てる。つまり消化管の働きを改善するという意味です。 湯:煎じて…

詳細を見る

セルフメディケーション税制とは?どんな人が申告対象となる?

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e8%96%ac%e5%89%a4%e5%b8%ab

ここ数年で認知度も上がってきたセルフメディケーションですが、それに伴って政府が打ち出した方針がセルフメディケーション税制です。 今までの医療費控除とは違う、一風変わった今回の制度、その概要についてお話していきたいと思います。 セ…

詳細を見る

オプジーボ(ニボルマブ)の作用機序と副作用:ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体

%e5%95%8f%e8%a8%ba%e4%b8%ad%e3%81%ae%e5%8c%bb%e5%b8%ab

今回は効果はもちろん高額な薬価でも注目を集めている抗悪性腫瘍薬オプジーボについてお話していきます。 オプジーボとは? それではまず名前の由来からいきましょう。オプジーボ:OPDIVOは”ptimal(最適な)”+…

詳細を見る

オーソドライズドジェネリック(AG)とは?メリットとデメリットを解説

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%94%e3%83%89%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%abag

ジェネリック医薬品の使用促進を政府が掲げ、全国のジェネリック医薬品使用率は年々上昇しています。 政府の目標は平成32年度までに数量シェアで80%以上とすることとされており、その目標に向かってさまざまな政策を打ち出しています。 で…

詳細を見る

プロピタン(ピパンペロン)の作用機序と副作用|定型抗精神病薬

%e6%82%a9%e3%82%80%e7%94%b7%e6%80%a7

今回は抗精神病薬でブチロフェロン系のプロピタンについてお話していきます。 プロピタンとは? それでは名前の由来から。プロピタン:Propitanは精神症状の寛解という意味で”propitiate(やわらげる、なだ…

詳細を見る

抗精神病薬一覧

%e6%82%a9%e3%82%80%e7%94%b7%e6%80%a7

当ブログで説明している抗精神病薬の記事一覧になります。 ブチロフェノン系 ・セレネース(ハロペリドール) ・インプロメン(ブロムペリドール) ・プロピタン(ピパンペロン) セロトニン・ドパミン遮断薬(S…

詳細を見る

インプロメン(ブロムペリドール)の作用機序と副作用|定型抗精神病薬

%e6%82%a9%e3%82%80%e7%94%b7%e6%80%a7

今回は抗精神病薬でブチロフェロン系のインプロメンについてお話していきます。 インプロメンとは? 名前の由来ですが、インプロメン:Impromenは「改善をもたらす薬剤、より進んだ薬剤」ということで、改善を意味する…

詳細を見る

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆