今回はヘルパンギーナについてまとめていきます。ヘルパンギーナは乳幼児に多く見られる夏風邪の一つ。

 

私も小さい子供がいますので他人事ではありません。では早速進めていきましょう。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナの原因は?

エンテロウイルス属のコクサッキーウイルスA群が最も多いです。コクサッキーウイルスB群、エコーウイルスなども原因となる場合もありますがいずれもウイルスが原因です。

 

ウイルスが原因ということは…そう、抗菌薬(抗生物質)は全く効きません。家に残っている抗菌薬を自己判断で服用するような事は止めましょう。

 

また、それぞれ型がいくつかあるため、一度感染しても人によっては何回も感染する可能性があります。

ヘルパンギーナはいつ流行する?かかりやすい年齢は?

ヘルパンギーナは毎年5、6月くらいから増加して、8月くらいまで続く代表的な夏風邪の一つです。

 

かかりやすい年齢ですが、患者の多くは1~4歳となっています。

ヘルパンギーナの潜伏期間と症状

感染してもすぐに症状は出ません。感染後発症するまでの潜伏期間は2~4日

 

突然の高熱(38~40℃)が出現します。その後口の中から喉に小さい水疱(水ぶくれ)が数個~数十個できます。

 

これが”とっても痛い”のです!

 

そのため食事や水分が十分に摂れず、夏は特に脱水を起こす危険性があります。発症後はこまめな水分補給を心掛けて下さい。

 

ほとんどが2~4日で解熱、水疱も7日程度で改善し、予後(病後の経過)は良好です。

 

ただし非常に稀ですが、髄膜炎、心筋炎などを合併する可能性もあり、頭痛・嘔吐が見られる場合は病院を受診することをおすすめします。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナの感染経路と予防、消毒方法

感染経路としては飛沫感染接触感染となります。

・飛沫感染とは?

感染者が咳やくしゃみをした時の水しぶき(飛沫)に含まれる病原微生物を、周囲の人が吸い込むことで感染する経路です。

・接触感染とは?

感染者が咳やくしゃみをした時の水しぶき(飛沫)に汚染された環境や物に接触することで病原微生物が付いた手を介して感染する経路です。

例えば感染者のくしゃみや咳などによる水しぶきが直接目や口に入ることで感染します。また水しぶきが付着したおもちゃやタオルなどを介して感染することもあります。

 

流行期は子供間でのタオルの共用は避けて下さいね。

 

また、ヘルパンギーナは原因ウイルスが便に排出されます。厄介なのは治癒しても数週間排出され続けること。そのため1ヶ月は油断せず、おむつなどを処理した後はしっかりと手洗いを行いましょう。

 

「いやいや毎日アルコール消毒しているから大丈夫!」というあなた。コクサッキーウイルスはこれまた厄介なことに消毒薬が効きづらいという特徴があります。

 

ウィルスを覆う膜であるエンベロープを持たないのがその理由です。

 

エンベロープについては以下の様に覚えておけばOK。

・エンベロープがないウイルス→消毒薬に強い
・エンベロープがあるウイルス→消毒薬に弱い

以上から感染予防には石鹸による手洗いが何よりも重要です。

 

ノロウイルスに使用される次亜塩素酸ナトリウム(商品名ではピューラックス、キッチンハイターなど)は有効ですが、次亜塩素酸ナトリウムは金属を腐食させたり、ゴムやプラスチックを劣化させてしまいます。

 

また皮膚に傷害を起こすため人には使用できません。たまにハイターで手洗いさせる親御さんがいますが、絶対に止めましょう。

 

ご家庭の場合、可能であれば通常のエタノールにリン酸を加えてpHを酸性に傾けることで、エンベロープを持たないウイルスまで効果を発揮できるようになった手ピカジェルプラスをご使用頂くとより安心です。

[amazonjs asin=”B017QTINX8″ locale=”JP” title=”手ピカジェル プラス 300mL 指定医薬部外品”]

医療用であれば健栄製薬のラビジェル、ラビショット、吉田製薬のヴィルキル、サラヤのウイルステラが該当します。

 

当院ではラビジェルとラビショットを採用し、場面において使い分けています。

ヘルパンギーナに有効な薬やワクチンは?

残念ながらヘルパンギーナに有効な薬はありません。あくまで対症療法(症状をおさえる治療)となります。

 

病院では解熱剤としてカロナール等のアセトアミノフェンが処方される事が多いかと思われます。また脱水がひどい場合は水分や電解質を補う点滴をします。

 

ワクチンもありません。そのため上でお話したように、手洗いをしっかり行うこと。感染拡大防止のために、感染した子供にはマスクを着用させるなど咳エチケットも大切です。

スポンサーリンク

登園や登校の目安は?

さて幼稚園や保育園、学校にいつから行っても大丈夫かですが、インフルエンザなどと違い、明確な基準はありません。

 

先ほどお話したように治癒してもその後数週間は便にウイルスが出る可能性がありますが、その期間休むのは現実的ではありませんよね。

 

厚生労働省の「保育所における感染症対策ガイドライン」には

発熱がなく(解熱後1日以上経過し)、普段の食事ができること

2012年改訂版保育所における感染症対策ガイドラインより引用

と記載されています。

 

また、日本小児科学会 予防接種・感染対策委員会作成の「学校、幼稚園、保育所において予防すべき感染症の解説」には

全身状態が安定している場合は登校(園)可能であるが、長期間、便からウイルスが排泄されるので、手洗いを励行する

と記載されています。

 

以上から、熱が下がり、食欲が回復して元気になった時が登園(登校)のタイミングかと思われます。

 

ただし全身状態が安定した後も便からウイルスが排泄されるので、手洗いはしっかりと行うようにして下さい。

ヘルパンギーナのまとめ

ヘルパンギーナのまとめ

・原因ウイルス
コクサッキーウイルスA群等

・かかりやすい時期
夏(5~8月)

・かかりやすい年齢
1~4歳

・潜伏期間
2~4日

・主な症状
発熱、口の中から喉にかけての小さい水疱(水ぶくれ)
※水泡はとっても痛い!

・感染経路
飛沫感染と接触感染

・治療薬
対症療法として解熱鎮痛剤(アセトアミノフェン)、脱水時は輸液等を使用

・ワクチン
なし

・登園・登校の目安
解熱後、食欲が回復して元気になった時(ただし手洗いはしっかりと)

それではヘルパンギーナについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

・出典

2012年改訂版 保育所における感染症対策ガイドライン
学校、幼稚園、保育所において予防すべき感染症の解説