病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

ムコダイン(カルボシステイン)の作用機序と副作用|痰とは?

外人女性咳

今回は気道粘液調整・粘膜正常化剤の「ムコダイン」についてお話していきます。

スポンサーリンク

ムコダインとは?

 

まずは名前の由来からいきましょう。Mucousは粘液を、Dynamicは流動化を意味します。粘液を流動化する、つまり粘液の排泄を促す薬という意味を込めてMUCODYNE:ムコダインと命名されました。一般名はカルボシステインです。

 

ムコダインの作用を簡単にお話すると「痰の粘りを取ることで、出しやすくする」となります。それではまず痰についてお話していきます。

痰とは?

 

痰が絡むのは本当につらいですよね。ひどい時なんて頻回に咳払いして白い目で見られることも。でも痰は健康な人でも作られています。ただ量が少ないので気付かないうちに飲み込んでいるだけなのです。

 

ここでは痰の成分についてまずお話します。痰は何からできているのかというと、実はほぼ水です。概ね9割(以上)が水です。残りの約1割がムチンと呼ばれる糖蛋白になります。

 

このムチンが痰の粘りの原因となっています。ムチンが増えると粘りが増し、余計に出しにくくなるのです。

 

ムチンは気道の上皮に存在する杯細胞や粘膜下腺の粘液細胞から分泌されます。ではどういった時に分泌が盛んになるのでしょうか?

 

例えば風邪などの感染症や慢性閉塞性肺疾患(COPD)。これらが原因で上皮細胞が刺激され気道に炎症が起こると、杯細胞や粘液細胞の量が増えてしまいます。その結果ムチンが多く分泌されてしまうのです。

 

痰は鼻からのどまで生えている線毛が小刻みに動く事により体外に排出されますが、気道に溜まった痰が咳受容体を刺激し、咳をする事でも排出されます。

 

痰は異物を体外に排出するのに必要なものです。しかしあまりにその量が増えたり、粘りが強くなり排出が困難になると窒息する可能性もあります。そこで薬を使って痰の排出の手助けをするのです。

スポンサーリンク

ムコダインの作用機序と特徴

 

ムコダインの主な作用機序は以下の2つです。

1.痰のフコース/シアル酸比を正常化する事で粘りを取る。
2.杯細胞が過剰に作られるのを抑える

 

まずは1から説明してきましょう。先ほどムチンが痰の粘りの原因となっているとお話しましたね。

 

ムチンの構成成分にはフコースとシアル酸があり、フコース/シアル酸比が上昇すると粘りが増すと言われています。

 

ムコダインはこの構成比を正常に近い状態に戻す作用があり、これにより痰の粘りを取る事ができます。

 

もう一つが杯細胞が過剰に作られるのを抑えるムチンはどこから分泌されるのでしたか?気道上皮の杯細胞や粘膜下腺の粘液細胞でしたね。

 

ムコダインは杯細胞が過剰に作られるのを抑える作用があります。ムチンの分泌量が低下する事で、痰の粘りが取れるのです。またムコダインには他にも気道の炎症を抑える作用があるとされています。

 

ムコダインの剤形には錠剤、細粒、ドライシロップ、シロップ剤があります。錠剤、細粒は成人に、ドライシロップは成人・幼児・小児に、シロップ剤は幼児、小児に適応があります。

ムコダインの副作用

 

主なものは食欲不振、下痢、腹痛、発疹などですね。稀ですが、肝機能障害や黄疸、Stevens-Johnson(皮膚粘膜眼)症候群などの重篤な皮膚症状が見られる場合もありますので一応注意が必要です。

 

発熱や目の充血、眼脂(めやに)などが現れた場合は直ちに医療機関を受診するようにしましょう。

 

それではムコダインについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆