今回は高血圧治療薬カルシウム拮抗薬のコニール』ついてお話していきます。他のカルシウム拮抗薬同様L型に加え、T型、N型カルシウムチャネルも阻害するとされています。それでは詳しく見て行きましょう。

コニールとは?

 

まずは名前の由来からいきたいところですが、コニールは特別ないようですね。一般名はベニジピンです。

 

コニールの作用を簡単にお話すると『血管の平滑筋細胞の中にカルシウムイオンが入るのを邪魔して血管を拡げることで、血圧を下げる』となります。それでは作用機序の前に、まず高血圧についてお話していきましょう。

高血圧とは?

 

まず血圧についてお話します。血圧とは血(液)が血管の内側の壁を押す圧力の事です。

 

一時的に血管に強い圧がかかる位なら問題にはなりません。しかし過度の圧力がかかる状態が長い間放置されると血管壁が圧力に抵抗して厚くなっていきます。つまり血管内が狭くなります。

 

すると更に圧がかかりやすくなり、血管が痛みます。そこにコレステロールなどが加わると更に血管壁が厚くなり、ますます血管内が狭くなります。その結果血管が疲弊して弾力性がなくなることで硬くなり、またもろくなっていきます。これが動脈硬化です。

 

高血圧は自覚症状に乏しいため、気付いた時にはかなり動脈硬化が進行していることもあります。これがサイレントキラーと言われる所以です。

 

動脈硬化が進行すると血液の流れが悪くなることで血の塊、いわゆる血栓ができやすくなります。これが心臓の血管で起こると心筋梗塞、脳の血管で起こると脳梗塞を引き起こします。

 

またこの動脈硬化は腎臓にも悪影響を及ぼします。動脈硬化により腎臓の血管が狭くなると、体に不要な老廃物をろ過する機能が低下してしまいます。また狭くなった腎臓の血管の血液の流れが悪くなると狭くなった先の部分の血圧が低下します。

 

すると腎臓は『血圧が低い!早く上げなければ!』と勘違いしてしまい、レニンと呼ばれる酵素を多く出すようになります。

 

作用機序の部分でお話しますが、レニンは血圧を上げる原因となる物質を作り出しますので更に高血圧が進行する。本当に悪循環を作り出してしまうのです。

 

症状がないからと高血圧を侮ってはいけません!今までお話したような合併症を予防するためにも、血圧は適正に管理する必要があります。

虚血性心疾患とは?

 

心臓は自身の伸縮により血液を全身に送り出しています。1日に約10万回収縮と拡張を繰り返し、送り出される血液量は7~8トンとも言われています。心臓の働きが低下することがどれだけ危険なことかはご理解頂けるかと思います。

 

虚血性心疾患と言えば基本的に狭心症と心筋梗塞を意味します。

狭心症

狭心症とは心筋に酸素や栄養を届ける冠動脈が狭くなり、血液が十分に供給されないことで酸素不足となり胸が痛い、しめつけられる、押さえつけられるなどの症状が出現する病気です。症状は数分~15分程度で消失します。

狭心症の分類

狭心症を上記により分類しましたが、書籍などにより異なりますので参考までに。ちなみに3つ目のアテロームとは血管壁にコレステロールが蓄積することでできる粥状の塊のことです。これが安定した状態なのが安定狭心症。

 

動脈硬化が進行するとアテロームが固まって血管壁が盛り上がり、プラークと呼ばれるコブを形成します。プラークは薄い皮膜で覆われており、非常に破れやすくなっています。この状態が不安定狭心症です。

 

プラークが破れると出血し、これを止めようと血栓が作られて血管が狭くなり酸素の供給が不十分になってしまうのです。いつ心筋梗塞を起こしてもおかしくない状態です。

心筋梗塞

心筋梗塞は動脈硬化の進行により冠動脈が狭くなったところに血栓が詰まってしまい、そこから先の心筋が壊死してしまう病気です。狭心症は冠動脈が狭くなるもののまだ血流は途絶えませんが、心筋梗塞は完全に閉塞してしまいます。

 

痛みは狭心症の比ではありません。30分以上持続する上、吐き気や発熱、冷や汗、呼吸困難などをともなう場合もあります。壊死した部分が拡がるとショックを起こし死亡する可能性があります。他にも不整脈を合併することもあり、非常に危険です。

 

狭心症、心筋梗塞いずれも根底として動脈硬化の存在があり、高血圧や糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症、肥満、喫煙などが危険因子として挙げられます。

スポンサーリンク

コニールの作用機序と特徴

 

血管は平滑筋と呼ばれる筋肉からなり、その筋肉が収縮すると血圧が上がり、伸びると血管が拡がることで血圧が下がります。

 

この血管平滑筋の収縮、拡張に関与しているのがカルシウムイオンです。平滑筋細胞にはカルシウムイオンの出入口であるカルシウムイオンチャネルという部分があります。

 

細胞内にカルシウムイオンが入ると血管が収縮し血圧が上がる。だったらカルシウムイオンが細胞内に入らないようにしてあげればいいですよね?

 

そこで登場するのがコニールです。

 

コニールは血管平滑筋のL型カルシウムイオンチャネルに結合し、カルシウムイオンが細胞内に入るのを邪魔します。これにより血管の収縮が抑えられ血圧が下がるのです。冠血管(心臓の血管)も拡張するため狭心症にも適応があります。

 

またコニールは血管平滑筋に存在するL型カルシウムチャネルに加え、交感神経終末に存在するN型カルシウムチャネルも阻害するという特徴があります。

 

N型カルシウムチャネルはカルシウムイオンの流入によりノルアドレナリンを放出します。ノルアドレナリンは血管平滑筋のα1受容体に結合して血管を収縮させ血圧を上げます。

 

また心臓のβ1受容体に結合し心拍数が上昇します。更に腎臓のα1受容体に結合すると腎臓の血管を収縮させ血流が悪くなってしまいます。

 

コニールによりノルアドレナリンの過剰な放出が抑えられることでこれらの改善が期待できる事がわかりますね。

 

反射性頻脈が少ないとされているのもこれが理由です。反射性頻脈とは例えば降圧薬を服用して急に血圧が下がると血圧を上げようとして、交感神経末端よりノルアドレナリンが放出され、心拍数が上昇することを指します。

 

更にコニールはT型カルシウムチャネルにも作用します。T型カルシウムチャネルはL型、N型と同様、心臓、腎臓に存在しますが、加えて副腎にも存在します。

 

副腎ではアルドステロンが作られています。アルドステロンが多くなると体内にナトリウムが貯まりやすくなります。ナトリウムと水は基本同じ動きをしますので、循環血液量が増えると心臓に負担がかかってしまいますよね。

 

コニールは副腎のT型カルシウムチャネルを阻害することで、アルドステロンが作られるのを抑え、心臓の負担を軽くする事ができるのです(心保護作用)。

 

またコニールは腎臓のT型カルシウムチャネルも阻害します。腎臓の糸球体に入る血管を輸入細動脈、糸球体から出て行く血管を輸出細動脈と呼びますが、コニールは両者を拡張する作用を持ちます。これにより腎臓の糸球体の血圧(糸球体内圧)が低下し、腎臓を保護する効果が期待できるのです。

 

さて、コニールの半減期は1~2時間程度ですが、高血圧に対しては1日1回、狭心症に対しては1日2回の服用となっています。

・半減期:血中濃度が半分になるまでの時間

 

これだけみると、「半減期が短いので、もう少し1日の服用回数を増やした方がいいのでは?」と思いますよね。でも大丈夫です。

 

コニールは同じカルシウム拮抗薬のカルブロックと同様、一部はカルシウムチャネルに結合しますが、残りは細胞膜の構成成分である脂質やアルブミンに取り込まれる事で体内に存在する事ができるのです。

 

そして順次カルシウムチャネルに移動し結合します。これがコニールが長時間作用する事ができる理由です。ちなみにこれをメンブランアプローチといいます。

 

またコニールをはじめ多くのカルシウム拮抗薬は肝臓の代謝酵素CYP3A4で代謝されます。そこで注意が必要なのが、グレープフルーツやスウィーティー、ザボンなどの一部の柑橘系に含まれるフラノクマリンという成分。

 

このフラノクマリンは肝臓の代謝酵素CYP3A4の働きを邪魔する作用を持ちます。つまり服用中にグレープフルーツ等を摂取すると血中濃度が上昇し、過度の血圧低下を引き起こす可能性があります。

 

そのためコニール服用中は可能ならばグレープフルーツやスウィーティー等(ジュースも含む)は摂取を控えるのが望ましいでしょう。仮にこれらを服用した場合、酵素の働きが復活するには3~4日程度かかると言われています。

 

ちなみにレモンやバレンシアオレンジ、温州みかん、かぼすにはフラノクマリンは含まれていないとされています。どうしても柑橘系を摂りたい方はこれらで我慢して下さいね。

コニールの副作用

 

めまい、ふらつき、頭痛、動悸、ほてり、顔面紅潮、などの副作用があります。これらは血管の拡張により引き起こされます。他に便秘、浮腫(むくみ)、歯肉肥厚などが現れる場合もあります。

 

歯肉肥厚の発生機序について簡単に説明します。

 

コニールによりカルシウムイオンの細胞内流入が邪魔されると、歯肉の線維芽細胞でコラーゲンの分解が邪魔されてしまい、歯肉が増殖して腫れてしまうのです。これが歯肉肥厚です。歯肉肥厚は口の中を清潔に保つことで多少は予防可能です。

コニールの注意事項

 

コニールは妊婦又は妊娠している可能性のある方には投与する事ができません。禁忌です。理由としては子宮の収縮が抑えられることにより、妊娠期間、分娩時間の延長が報告されているからです。

 

ただこの作用を利用して早産の予防にあえて処方されるケースもあります。その際はかかりつけの医師、薬剤師にご確認下さい。

 

それではコニールについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。