病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

下剤一覧

当ブログで説明している下剤の一覧になります。薬品名をクリックすると説明ページが開きます。

スポンサーリンク

大腸刺激性下剤

 

アローゼン(センナジツ)

プルゼニド(センノシド)

ラキソベロン(ピコスルファートナトリウム)

・ダイオウ(ダイオウ)

・新レシカルボン(炭酸水素ナトリウム、無水リン酸二水素ナトリウム)

・テレミンソフト(ビサコジル)

 塩類下剤

 

マグミット、マグラックス(酸化マグネシウム)

その他の下剤

 

アミティーザ(ルビプロストン)

浣腸剤

 

・グリセリン(グリセリン)

失敗しない薬剤師転職

転職活動を一人で行うのはとても大変です。

そこで頼りになるのが、あなた専属のキャリアコンサルタント

面倒な作業を代行してくれるだけでなく、転職成功に向けた様々なアドバイスをもらうことができます。

無料で利用できる転職サイトですが、失敗しないためにこれだけは知っておきたいことがあります。

>>薬剤師転職サイトの詳しい情報を見る

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです


関連記事

サイト内検索