病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

コルドリン(クロフェダノール)の作用機序と副作用|鎮咳薬

咳をする女性

今回は非麻薬性鎮咳薬の「コルドリン」についてお話していきます。

スポンサーリンク

コルドリンとは?

 

まずは名前の由来からいきましょう。コルドリンはColdrinと表記されますが、これは風邪を意味する”Cold”に由来します。一般名はクロフェダノールになります。

 

コルドリンの作用を簡単にお話すると「延髄にある咳中枢に作用することで咳を鎮める」となります。それではまず咳が起こる仕組みと痰についてお話していきます。

咳が出る仕組みと痰の排出について

 

風邪などで出る咳は本当につらいですよね。ですがこの咳、実は結構重要な役割を担っています。

 

例えば刺激のあるガスや細菌、ウイルス等の異物を吸い込んだ時、これらにより気道(空気の通り道)の粘膜にある咳受容体という部分が刺激されます。

 

するとその刺激が延髄の咳中枢に伝達され、反射的に咳が出ます。つまり咳は異物を体から排除するために起こる、生体防御反応の一つであり、なくてはならないものなのです。

 

また例えば風邪の場合、体に侵入した原因ウイルスは気道から分泌される粘液に取り込まれた後、白血球などの体の免疫システムと激しいバトルを繰り広げます。

 

この対決はそれは壮絶なもので、数多くのウイルス、白血球が息絶えます。粘液には両者の死骸が多く含まれています。これがいわゆる痰です。

 

痰は鼻からのどまで生えている線毛が小刻みに動く事により体外に排出されますが、気道に溜まった痰が咳受容体を刺激し咳をする事でも排出されます。

スポンサーリンク

コルドリンの作用機序と特徴

 

先ほど咳は非常に重要な生体防御反応の1つである、とお話しましたが、咳は非常に体力を消耗します。咳1回で2キロカロリー消費すると言われるほどです。ひどい咳はやはり鎮める必要があります。

 

咳中枢に刺激が伝わると、咳中枢が横隔膜等に咳をするよう命令することで咳が出ます。だったらこの咳中枢をなんとかできれば咳を鎮める事ができると思いませんか?

 

そこでコルドリンの登場です。

 

コルドリンの主な作用は延髄の咳中枢に直接作用することにより、多少の刺激では「咳をしろ!」という命令を出させないようにするというものです。また気管筋収縮を緩和する作用も持ち合わせています。

 

コルドリンの鎮咳作用はメジコンと同程度、また作用時間はメジコンの約2倍とされています。※コルドリンの作用発現時間と持続時間:服用後20~30分に発現し、3~4時間持続。

コルドリンの副作用

 

主なものは食欲不振、吐き気、嘔吐、めまいなどになります。

 

それではコルドリンについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆