とならないために!

パソコン歴20年の管理人Kazuが「ノートパソコン・デスクトップパソコンをとにかく安く買いたい!」という方のために、私の知る限りの情報をお伝えします。

あとで後悔しないためにも、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

どこで買えばいいのかすぐに知りたい方は以下をクリックしてください。

>>コスパ抜群の機種をすぐに知りたい方はコチラ<<

ノートパソコン・デスクトップパソコンを格安・激安で買う方法~リアル店舗で買うのは損?

本当にネットで買うとそんなに安いんですか?

友達が年賀状作るのに家電量販店に行ったら、10万円のパソコンをすすめられたって言ってましたけど…

年賀状作成に10万円のパソコンはちょっとやりすぎだな。

店員の中には知識がないのをいいことに、高額のパソコンをすすめてくる人も少なくないようだ。

家電量販店で「これがいい!」と思ったら即決せずに、型番をメモ、写メに撮る、製品パンフレットをもらうなどしてほしい。

そして一度「ネットではいくらで買えるのか」をぜひチェックしてみてくれ。ほぼネットの販売価格の方が安いはずだ。

実店舗では即決しない!「これいいな」と思ったらネットで価格をチェック

もちろん家電量販店のすべての店員が「ノルマのために高額なパソコンをゴリ押しする」ということはありません。

ただ中には明らかに用途に合わないような高性能のパソコンをすすめてくる人がいますので注意してくださいね。

例えば、3Dゲームを快適に遊べるゲーミングパソコンなんかを高齢者に買わせようとしている店員。どう考えても自分の成績のためですよね。

してもう一つ大事なことがあります。それは家電量販店では即決しないということです。

「これ欲しい!」と思っても一度冷静になって家で価格をチェックしましょう。それでも家電量販店の方が安い、ということであれば購入するようにしてください。

買った後に「実はネットの方が何万円も安かった」なんてことを知ったら、悔やんでも悔やみきれないじゃないですか。

実店舗で購入する前に、必ずネットで価格をチェック!

これはぜひ覚えておいてくださいね。パソコンだけでなく、掃除機や洗濯機、冷蔵庫なども同じですよ。

  • ポイントパソコンは家電量販店よりもネットの方が安いことが多い。
  • 即決せずに一度ネットで価格をチェック
  • たまに実店舗の方が安い場合もあるが稀

この事実を知ってから、私はパソコンや電化製品はほぼネットでしか買わなくなりました。

光回線と同時契約でパソコン0円ってぶっちゃけどう?

「うちで光回線に入ってくれれば無料でパソコンがもらえる」ってこの前店員さんに言われたんですけど、あれってオトクなんですか?

結論から言うと、おすすめはできない。

無料でもらえるパソコンはスペック(性能)が低かったり、型落ちなどイマイチなものが多い。

インターネット回線は家電量販店ではなく、ネットで別に契約した方がキャッシュバックがあるため絶対にオトクだ。

実際に俺も両親も5万円のキャッシュバックを受けている。もらえるお金をみすみす捨てるのはもったいないぞ。

インターネット回線は店舗ではなく、キャッシュバックされるサイトで申し込む

「光回線に契約することで、特定のパソコンを0円でもらえる(または大幅値引き)」

このようなキャンペーンを家電量販店でよくみかけますよね。

一見すると非常にお得に見えるこのキャンペーンですが、実は損をすることになります

このキャンペーンの契約には…

  • 不必要なサービスがオプションで付けられている
  • 契約期間に縛りも多く、途中解約の際には違約金が発生する
  • 無料でもらえるパソコンの性能が低い

こういった問題点があるのです。

契約書に細かい字でびっしり書いてあるので見逃しがちですが、「コレ、いらないでしょ」というオプションがてんこ盛り、なんてことは日常茶飯事。

ノルマに追われているのかわかりませんが、ひどい店員になると、途中解約のペナルティについて説明がなかったりする場合も(体験済)

「同時に入れば4万円引きます!」なんてさもお得感をアピールしていますが、ネットだとそのパソコンが4万円以上安く販売されていることもザラにあります。

以上から、パソコンの購入とインターネット回線の申し込みは別々に行うのがベストです。

ネットで契約することで、無料でもらえるパソコン以上のキャッシュバック特典を受けることができます。

ポイント

  • パソコン購入とインターネット回線の申込みは別々に
  • 光回線はネットで申し込むと高額のキャッシュバックがある

私も両親も光回線はauひかりを使っていますが、最大50000円のキャッシュバックを受けることができる以下のサイトから申し込みました。

実際に5万円しっかり振り込まれているのがわかりますか?

普通に申し込んだらもらえないお金です。でもこの情報を知っているだけで5万円のキャッシュバックを受けることができるのです。

これから光回線を申し込む予定の人はぜひこのサイトから申し込むことをオススメします。

>>【5万円キャッシュバック】余計な手続き不要!ここから申し込むだけ

どれくらいのスペック(性能)のパソコンを買えばいいの?


パソコンの性能はどれくらいあればいいんでしょうか?

やっぱり性能が高い方がいいんですよね?

もちろん高性能に越したことはないが、当然値段は高くなる。

ネットサーフィンやワード、エクセルを使うくらいなら、そこまでの性能は不要だ。

そこまでのハイスペックは不要

パソコンのスペックは確かに重要です。いくら安く買うことができても、動作が遅ければ何をするにも余計に時間がかかってしまうからです。

例えば以下のようなものですね。

  • パソコンがなかなか起動しなくてイライラ…
  • Google Chromeなどのインターネットブラウザを立ち上げるのにイライラ…
  • ワードやエクセルなどのオフィスソフトを立ち上げるにもイライラ…

昔のパソコンは「安かろう悪かろう」だったため、安いパソコンは性能が低く、ちょっとした作業でもフリーズしたりなど、ストレスを感じることが多かったです。

ただ今は、価格が安いパソコンでも以前と比べてかなり性能がアップしています。

新品で3万円代のパソコンでも、ネットサーフィンやオフィスソフト(ワードやエクセルなど)を使ってストレスを感じることはないかと思います。

サイトのお問い合わせから「スペック表を見てもよくわからない」という質問がありましたので、パソコンのメインとなる3つのパーツに絞って簡単に説明します。

上の画像を見てください(クリックで拡大します)。これはLenovo(レノボ)のIdeapad 330Sという製品のスペック表になります。

注目してほしいのがプロセッサー、メモリー、ストレージ1という部分です(メーカーにより表記の仕方は若干異なります)。

パソコンのスペックは最低限この3つだけ抑えておけば大丈夫でしょう。

プロセッサーとは?

%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3cpu

CPU(シーピーユー)ともいい、「人間の頭脳」に相当するパーツです。

パソコン上で行う全ての作業にCPUが使用されているため、CPUの能力によって、パソコン自体の処理能力が決まります。

CPUの種類は、ブランド、クロック数、コア数という要素によって細かく分かれていますが、難しく考えなくて大丈夫。

Atom<Celeron < Pentium < Core i3 < Core i5 < Core i7

右にいくほど性能が高いと考えてもらって結構です。また同じCPUでも後に続く数字が大きいほど性能が高くなります。

例:Core i5-6400よりもCore i5-7400の方が性能が良い

コストパフォーマンスを考えるとCore i3をオススメします。予算に余裕があればCore i5がおすすめです。

Core i5の上にCore i7もあるのですが、一気に価格が跳ね上がりますし、動画編集などよほど負荷のかかる作業をしない限り不要です。

ちなみにCeleronやAtomが搭載されたパソコンは価格が安いのですが、性能はCore iシリーズに比べると落ちてしまいます。

とはいえ、CeleronやAtomも昔と違い今は十分な性能があります。ネットサーフィンやOfficeソフトの用途であればAtomやCeleronでも十分でしょう。

メモリー(メモリ)とは?

%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%aa

メモリはよく「机の広さに例えられるパーツ」。

いくら頭(CPU)が良くても、作業スペースがせまかったりすると同時に行える仕事の量は限られてしまいますよね。

それと同じで、メモリの性能が高ければ高いほど、同時に複数のプログラムを走らせることができるようになります。

逆にメモリの性能が十分に足りていない場合、パソコンの動作は極端に重くなってしまう、ということですね。

メモリもCPUと同様、数字が大きいほど優秀な性能を持っており、メモリの容量が大きいほど、同時に色々な作業を行うことができます。

メモリはどれくらいあればいいのかですが、Microsoft Office2016で考えてみましょう。

Microsoft Office2016の最低スペックはメモリ2GB以上。「じゃあメモリは2GBにしよう!」と思いたくなるところですが、ちょっと待ってください。

パッケージなどに記載されている最低スペックの2GBというのは、あくまで動作する上で必須となる最低条件

ある程度快適に使いたいということであれば、4Gは必要。8Gあれば文句なしですね。予算と相談して、メモリは4Gまたは8Gのどちらかをおすすめします。

それ以上はよほど高度な作業をしない限り不要です。私は動画編集含め結構色々な作業を行っていますが、8Gで不便を感じたことはありません。

ストレージとは?

%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%82%af

多くの場合、HDD(Hard Disc Drive:ハードディスクドライブ)SSD(Solid State Drive:ソリッドステートドライブ)という表記になっているかと思います。

いずれも画像や動画などデータを保管するパーツです。数字は容量を意味しており、大きいほどたくさんデータを保存することができます。

HDDとSSDの違いは以下の3つだけ知っておけばOKです。

  • SSDの方が処理速度が圧倒的に速い
  • SSDの方が音が静か
  • SSDの方が値段が高い

私は現在SSDが搭載されたパソコンを使用していますが、本当に驚くほど動作が速く、はじめてみた時は感動すらおぼえました。

以下はHDDとSSDを比較した動画です。全然違いますよね。

ショップのキャンペーンなどで、SSDとHDDの値段の差が数千円くらいであれば、SSDを選ぶことをおすすめします。

パソコンおすすめスペックまとめ

  • CPU:Core i3。予算に余裕があればCore i5。
  • メモリ:4GB。予算に余裕があれば8GB。
  • HDD:500GB。予算に余裕があればSSD128GB又は256GB。

ノートパソコンでもデスクトップパソコンでも、基本このような感じで選択頂ければ大丈夫です。

予算が限られている人はCPUをAtomかCeleronにすることで金額を抑えることができます。

【新品・格安で】パソコンを購入することができるおすすめメーカー・ショップ

この性能でこの価格…なんでこんなに安いんですか?

大量生産することによるコストダウン。これが一番大きいだろう。

特に海外メーカーは市場規模が違う。HP、Lenovo、DELLといったような世界1~3位の企業となると年間5000~6000万台は出荷している。

他にも受注生産により無駄が生じないことや、自分に必要ない機能やパーツ、ソフトを省くことで価格を抑えることができる。

【厳選】コスパ抜群のパソコンメーカー・ショップ

私は今まで国内、海外メーカー含め、10以上のメーカー・20以上の機種を実際に購入して使用してきました。

その中から、本当におすすめできるコストパフォーマンスの高いメーカーを厳選して紹介したいと思います。

Lenovo(レノボ)

出荷台数は世界第2位。国内でも多数の一流企業に採用されています。勤務先で使っている方も多いのではないでしょうか。

とにかくキーボードが打ちやすいです。10以上のメーカーのパソコンを使ってきましたが、これは間違いないですね。腕の疲れ、タイピングミスが全然違います。

私も現在、ThinkPad X1 Carbon 2016年モデルを愛用しています。

クーポンを使った時の値引きが半端なく、機種によっては55%OFFも。

Lenovoの特徴

  • 購入したPCの中でキーボードの打ちやすさはぶっちぎりで1位!  注目!
  • 頑丈なPCといえばレノボ。次男にフリスビーのごとく投げられましたが、不具合なし  注目!
  • クーポンを利用時の値引きが半端ない  注目!
  • ThinkPad X1 Carbonなど一部の製品は国内生産(米沢生産)
  • 保証:1年間引き取り修理サービス無料
  • 送料:全ての商品が送料無料
  • 支払い方法:クレジット決済・銀行振込

HP(ヒューレット・パッカード)

世界シェアNo1!

優れたコストパフォーマンスと手厚い日本語のサポート、そして海外メーカーながら実は国産のHP。

日経のWindowsパソコン満足度調査でコストパフォーマンスについては第1位を獲得。

HPの特徴

  • 控えめながら洗練されたデザインで女性や学生にも人気があります  注目!
  • 海外メーカーだが国内生産の製品であるため、故障リスクが低い  注目!
  • 保証:1年間の引き取り修理サービスが無料。
  • 送料:別途3000円。送料無料キャンペーンを開催することもあり
  • 支払い方法:クレジット決済・銀行振込・代金引換

DELL(デル)

注文を受けてから生産するBTO(Build to order:受注生産)のためコスパ抜群!

初心者から上級者まで幅広い人気を集める世界的メーカー。

世界第3位のシェアを誇り、日本でも多くの企業に導入されています。

DELLの特徴

  • 受注生産のため在庫を抱えず中間業者を挟まないため、圧倒的な低価格を実現  注目!
  • グッドデザイン賞の常連。デザインと機能性を兼ね備えたパソコン  注目!
  • 保証:1年間の引き取り修理サービスが無料。
  • 送料:ほぼ無料(大体送料無料キャンペーンをやっています)
  • 支払い方法:クレジット決済・銀行振込・コンビニ決済

マウスコンピュータ

乃木坂46のCMでもおなじみのマウスコンピュータ。国内生産のBTOショップです。

細かい部分までカスタマイズできるため、自分好みのパソコンを作ることができます。

部品の大量購入や共同生産から物流などを一本化しており、機種によっては13時までの注文で翌営業日に発送も可能。

マウスコンピュータの特徴

  • 安心の国内生産
  • 自分が必要なパーツを必要な用途の分だけ細かく選択できる  注目!
  • 保証:1年間の無償保証、更に365日24時間体制でサポート  注目!
  • 送料:別途3000円
  • 支払い方法:クレジット決済・銀行振込・代金引換・コンビニ決済

ドスパラ

ドスパラはマウスコンピュータと並ぶ国内生産のBTOショップになります。

非常にコストパフォーマンスが高く、サポートも充実しています。

注文が入ってからの組立や配送までを徹底的に効率化し、機種によっては注文後即日出荷も可能。

ドスパラの特徴

  • 安心の国内生産。
  • 自分が必要なパーツを必要な用途の分だけ細かく選択できる  注目!
  • 保証:1年間無償保証(持ち込み)、2年以上の延長保証時は引取保証  注目!
  • 送料:別途2000円。
  • 支払い方法:クレジット決済・銀行振込・代金引換・コンビニ決済

結論:パソコンは家電量販店よりもネットの方が圧倒的に安いことが多い

まさかこんなに値段が違うなんて思ってもみませんでした。

同じ性能のパソコンでも家電量販店とは何万円も違うことがあるんですね。

そう。せいぜい数千円レベルなら「家電量販店で買ってもいいかな」とも思うが、数万円も違うとなると必ず後悔する。

家電量販店の方が安い場合もあるが、ほぼネットで買った方が安い。インターネット回線の申込みもそう。

数万円あればマウスなどの周辺機器を購入しても全然お釣りが来る。もし同じお金を払うとしてもより高性能のパソコンが手に入る。

パソコンを購入する前には必ずネットで値段をチェックすること。ぜひ覚えておいて欲しい。

もう少しだけ…安く買うことはできませんか?

さすがに…これ以上安くパソコンを買うのは無理ですよね?

新品でこれ以上安く買うのはちょっと厳しい。ただ中古でもいいならばもっと安く買うことは十分可能だ。

実際に俺も中古パソコンを使っているが特別不具合はない。ヤフオクやメルカリ等ではなく、きちんとした専門店で購入すれば保証もしっかりしているため安心だ。

新品でコストパフォーマンスの高い機種を紹介してきましたが、「もう少し予算を抑えたい」という方もいるかもしれません。

そういった方には中古パソコンも選択肢の一つとしてご紹介しています。

ただ中古パソコンは専門店で購入することが非常に大切。購入する場所を間違えると大変な目にある可能性があります。

中古パソコンを購入前に最低限知っておきたいことをまとめていますので、興味がある方はぜひご覧になって下さいね。

>>【2019年最新版】失敗しない中古パソコンショップの選び方