リアル店舗で買うのは損なの?

新製品や値引きが禁止されているようなパソコンは、店頭で購入しても後悔することはありません。

 

どこで買ってもほとんど同じ価格ですからね。

 

しかしそれ以外のパソコンであればネットで購入することを強くおすすめします。なぜなら…

 

ほぼ確実にネットの方が安く買えるからです。パソコンによっては数万円単位で違います。

 

家電量販店で販売されているパソコンは、知識がある人が見ると「え!?この性能でこの値段?」とびっくりするほど。

 

そうなんです。店頭販売されているパソコンは性能が低い割にやたら高いことが多いのです。

 

1000円、2000円ならまだしも、何万円も違うことを知った時のショックは計り知れません…

 

ネットで購入して費用を抑えることができれば…

  • パソコンのスペックをアップ
  • より大きいサイズ、高解像度のモニタ
  • より性能のいい、使いやすいマウス
  • より性能のいい、打ちやすいキーボード
  • Microsoft Office

こういったことに回すことができます。

 

後悔しないためにも、必ずネットの販売価格を確認してから購入することをおすすめします。

 

光回線と同時契約でパソコン0円ってぶっちゃけどうなの?

「光回線に契約することで、特定のパソコンを0円でもらえる(または大幅値引きする)」

というキャンペーンを見かけたことがありませんか?

 

一見すると非常にお得に見えるこのキャンペーン。実はめちゃくちゃ損をすることになります。

 

このキャンペーンの契約には以下のような問題があるのです。

  • 不必要なサービスがオプションで付けられている
  • 契約期間に縛りも多く、途中解約の際には違約金が発生する
  • パソコンの性能が低い

契約書に細かい字で色々書いてあるので、見逃しがちですが、「コレ、いらないでしょ!」というオプションが付いていたり、途中解約のペナルティについて店員から説明がなかったりします。

 

いざ解約しようと思った時に「えっ!?聞いてないけど…」なんてことが起きてトラブルになることも少なくないのです。

 

更に「同時に入れば4万引きます!」なんてさもお得感をアピールしていますが、実はネットだとそのパソコンが4万円以上安く販売されていることもザラなんです…。

 

おまけにそのパソコン自体の性能もめちゃくちゃ低かったりします(Microsoft Officeが快適に動かない)。

 

パソコンの購入とネット回線の契約は同時ではなく、別々に行う方が絶対オトク。

 

より大きいキャッシュバック特典を受けることができます。

 

例えば私も使用している安定した速度のauひかり。こちらで契約すると、なんとキャッシュバック50000円です。

>>【auひかり ネット+電話で必ず50,000円!】

 

どれくらいのスペック(性能)のパソコンを買えばいいの?

「安くて性能のいいパソコンが欲しい!」

これはよくばりでもなんでもなく、みんな同じです。

 

パソコンのスペックはとても重要です。

 

いくら安く買うことができても、動作が遅ければ何をするにも余計に時間がかかってしまいます。

 

お金で買えない時間を無駄にするなんて本末転倒ですよね。ストレスもたまります。

 

ここではパソコンの性能を決めるパーツの中で、特に重要な3つに絞って簡単に解説していきます。

 

ぜひ購入の目安にして下さいね。

CPUとは?

%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3cpu

CPUは「人間に例えると頭脳に相当するパーツ」と言われることが多いです。

 

パソコン上で行う全ての作業にCPUが使用されているため、CPUの能力によって、パソコン自体の処理能力が決まります。

 

CPUの種類は、ブランド、クロック数、コア数という要素によって細かく分かれています。

 

CPUにはIntel製とAMD製のものがあり、いくつかブランドが存在しています。

 

クロック数は「1秒間にCPU回路が何回の信号を発することが出来るか」というもので、この回数が多ければ多いほど処理能力が高いとされています。

 

例えばCPUの能力に関して、2GHzといった数字をよく目にしますが、これは「一秒間に20億回の信号を発している」という意味です。

 

CPUの中でも核となる部分がコアと呼ばれている部位です。このコアが一つのCPUの中に複数搭載されているものを、マルチコアCPUと呼びます。

 

以前は一つのCPUに一つのコアしか搭載していないのが当たり前だったのですが、現在ではこのコアが一つのCPUに複数搭載されているCPUが主流になってきています。

 

クアッドコアという言葉は、4個のコアが搭載されているという意味です。同様にデュアルコアは2個のコアが搭載されているという意味になります。

 

このコア数は多ければ多いほど、複数の処理を同時並行で行う際のスピードが早くなるとされています。

 

CPUでは特にクロック数とコア数の数字に注目すると良いでしょう。

 

ちょっと説明が長くなりましたが、難しく考えずにスペックを表す数字が大きいほど優秀な能力を持っていると思って頂いて大丈夫です。

 

コストパフォーマンスを考えるとおすすめはCore i3

 

その上のCore i5であれば普段使いでは文句なしです(私は現在Core i5を使っています)。

 

Core i7は一気に価格が跳ね上がりますし、動画編集などよほど負荷のかかる作業をしない限り不要です。

 

ちなみにCeleronは価格安いですが、性能はCore iシリーズに比べるとかなり落ちてしまいます。

 

実際私もCeleronのパソコンを過去に購入しましたが、パソコン、アプリケーションの起動が遅くて非常にストレスを感じました。

 

なので予算と相談して、Core i3かCore i5のどちらかを選ばれるといいでしょう。

メモリとは?

%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%aa

メモリはよく「机の広さに例えられるパーツ」です。

 

いくら頭(CPU)が良くても、作業スペースがせまかったりすると同時に行える仕事の量は限られてしまいますよね。

 

それと同じで、メモリの性能が高ければ高いほど、パソコンは同時に複数のプログラムを走らせることができるようになります。

 

逆にメモリの性能が十分に足りてない場合、パソコンの動作は極端に重くなってしまうことになります。

 

メモリもCPUと同様、数字が大きいほど優秀な性能を持っています。

 

もう少し詳しく説明すると、パソコンでプログラムを使用している際に取り扱っているデータを、HDDやSSDなどの記憶媒体にいちいち保存していると動作がとても遅くなってしまいます。

 

そうした使用中のデータの一時的な置き場として、メモリが存在しています。

 

「メモリが足りなくなってパソコンが重くなる」という現象は、この一時置き場があふれてしまい、HDDなどをメモリの代わりに使用しなければならなくなったことで起きているのです。

 

つまりメモリの容量が大きいほど、パソコンで同時に色々な作業を行うことができるようになるわけですね。

 

ここで必要なスペックをMicrosoft Officeソフトを基準に考えてみましょう。

 

Microsoft Office2016の最低スペックはメモリ2GB以上。ただこれはあくまで動作する上で必須となる最低条件です。

 

よって、ある程度快適に使いたいということであれば、4Gは必要。8Gあれば文句なしですね(私は現在8Gを使っています)。

 

こちらも予算と相談して、4Gまたは8Gのどちらかをおすすめします。

HDDやSSDとは?

%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%82%af

HDD(Hard Disc Drive:ハードディスクドライブ)SSD(Solid State Drive:ソリッドステートドライブ)というのは、データを記録する際に必要なパーツです。

 

パソコンで作業されたデータは、基本的に全てここに保存されることになっています。

 

HDDとSSDの違い比較表

HDD SSD
容量 大きい 小さい
価格 安い 高い
動作音 あり なし
耐衝撃性 弱い 強い
発熱 多い 少ない
OSの起動 遅い 速い

HDDとSSDの違いは、パーツの構造の違いです。

 

HDDは中で金属製の円盤が回転していて、その中にデータが保存されています。

 

比較的たくさんのデータを保存出来る一方で、故障しやすく起動時の動作が遅いのがデメリット。

 

一方、SSDはメモリを使用したパーツです。HDDに比べて動作音が静かで、故障の可能性が低く、圧倒的に動作が速いです。

 

ただ一般的には保存出来るデータの容量が少なく、価格が高いのがデメリットとなります。

 

もし予算に余裕のある方はぜひSSDを選択することをおすすめします。

 

あまりの快適さに一瞬言葉を失うでしょう。大げさではなく、それほどの衝撃が私にはありました。

 

>>とにかく安くパソコンを買いたい方は中古パソコンもオススメ

 

【新品・格安で】高性能なパソコンを購入することができるオススメショップ

私は今まで国内、海外メーカー含め、10以上のメーカー・20以上の機種を実際に購入して使用してきました。

 

その中から本当におすすめできるメーカー、機種に絞って、コストパフォーマンスの高いものを厳選して紹介したいと思います。

レノボ(Lenovo)

Lenovoのパソコンはコストパフォーマンス抜群です。特筆すべきはキーボードの打ちやすさ!

様々な機種のノートパソコンを購入してきましたが、打ちやすさはLenovoがNo1です。

また、中でもThinkPadシリーズはマウス不要のトラックポイントを始め、SSDの換装、メモリの増設、バッテリーの交換などがとても簡単で初心者でも行うことができます。

部品も比較的簡単に入手可能なため、ある程度の知識があればとても長く使用できるのも特徴です。

>>詳しくはコチラ

 

DELL(デル)

続いてのオススメはアメリカのメーカーDELL。コストパフォーマンスが高い事で有名ですね。

おまけに突発で驚くほどの価格で商品を販売する事もありメルマガ情報も見逃せませんよ。

>>詳細はコチラ

 

マウスコンピュータ

高品質で低価格。そしてBTO(Build to order:受注生産)ショップにもかかわらずサポートも充実のマウスコンピュータ。

>>詳しくはコチラ

 

ドスパラ

ドスパラもマウスコンピューター同様BTOショップになります。非常にコストパフォーマンスが高く、サポートも充実しています。

>>詳しくはコチラ

 

HP(ヒューレット・パッカード)

優れたコストパフォーマンスと手厚い日本語のサポート、そして海外メーカーながら実は国産のHP。新品のパソコンを安く購入したい方は必見です。

>>詳しくはコチラ

 

ASUS(エイスース)

台湾のメーカーのASUSの商品は非常にコストパフォーマンスが高く、そしてデザイン性に優れているのが特徴です。

>>詳しくはコチラ

 

 

富士通 WEB MART

開発から製造まで多くのモデルが日本国内で行われている富士通のパソコン。MADE IN JAPANは安心感があります。

>>詳しくはコチラ

 

東芝ダイレクト

軽量で持ち運びに便利かつ質が高いモデルも多い東芝のノートパソコン。dynabookは代表的で採用されている企業も多いです。

>>詳しくはコチラ

 

もう少しだけ…安く買うことはできませんか?

新品でコストパフォーマンスの高い機種を紹介してきましたが、「もう少し予算を抑えたい」という方もいるかもしれません。

 

そういった方には中古パソコンも選択肢の一つとしてご紹介しています。

 

ただ中古パソコンは専門店で購入することが非常に大切になります。

 

購入前に知っておきたいことをまとめていますので、興味がある方はぜひご覧になって下さい。

 

>>厳選した本当におすすめできる中古パソコンショップはコチラ