月々の家賃の負担は馬鹿にできません。安いところでも毎月5万円くらいはかかります。

 

つまり最低でも1年間で60万円は家賃にかかってしまうのです。

 

もしもこの60万円が少しでも浮いたら…と考えるとやはり頭に浮かぶのが「家賃補助(又は住宅手当)」です。

 

家賃補助があるだけで家計はかなり助かります。

 

しかし、薬剤師の求人の中に家計を助けられるくらいの家賃補助がある求人は存在するのでしょうか。

家賃補助には種類がある

家賃補助は住宅手当とも呼ばれることがあります。呼び名が違うだけで意味合いは同じです。

 

支給の仕方にはいくつか種類があり、支給方法によって家賃の実質負担額が異なるので、これはチェックしておかなければなりません。

パターンその1. 家賃の○割負担

例えば家賃が5万円の場合、そのうちの5割は会社で負担しますよ、というものです。この場合、半分は会社負担なので実際に負担することになる家賃は2.5万円となります。

 

負担の割合は会社によって変わります。また、負担額に上限が設定されていることもあります。

パターンその2. ○○万円まで支給

一律で家賃○○万円支給しますというものです。支給額は1万円から3万円のところが多く見られます。

 

支給額内の家賃に抑えてしまえば、実際の家賃の負担を0円にすることもできます。

パターンその3. 月額負担○○万円で社宅に住める

月々の家賃負担額は一律で、会社が用意している社宅に住めるというものです。1万円から2万円で住めることが多いです。

 

しかし、ほとんどの社宅が「独身の人」限定として場合が多く、既婚者の方、結婚の予定がある方は注意が必要。事前に確認しておきましょう。

パターンその4. 最初から年収に含まれている

例えば月給30万円という求人があったら、すでにこの30万円の中に家賃補助の分も含まれている、というものです。

 

さまざまな種類の家賃補助がある中、この方式が一番おすすめできません。なぜなら基本給が下がってしまうから。

 

同じ月給30万円でも…

  • 基本給30万円
  • 基本給25万円+家賃補助5万円

とでは基本給に5万円もの差が出ます。

 

賞与や残業代は基本給をベースに計算しているので、基本給が下がってしまうこの支給方法はあまりよろしくないのです。

 

家賃補助のある求人の正しい探し方

家賃補助の支給方法にいくつ種類があるのは理解して頂けたかと思います。

 

求人を探す際には住む予定の地域の家賃相場などと照らし合わせて、どの支給方法が最も家計に優しいのかを確認していきます。

 

しかし、ここで問題となるのが「求人を見ているだけでは支給方法が分からない」ということです。

 

「住宅手当あり、家賃補助あり」のような書き方しかされていない場合が結構あるのです。

 

加えて、「家賃補助が貰えるのは独身の人だけ」のように条件付きの補助の場合も少なくありません。

 

家賃補助ありの字面だけに惑わされず、企業に「どういう支給方法なのか」「何か条件があるのか」を問い合わせる必要があります。

 

ちなみに一戸建てを購入すると住宅手当は減ります。場合によっては数万円単位で(私は2万円下がりました)。予定のある方はこちらも合わせて確認しておきましょう。

 

家賃補助のある職場に転職する方法とは?

家賃補助を支給してくれる企業は年々減少している傾向にあります。

 

平成27年就労条件総合調査によると「家賃補助を支給した企業は全体の40.7%」。つまり半分以上の企業が家賃補助を支給していない企業なのです。

 

そのため、家賃補助が貰える企業を探すのは少し大変かもしれません。しかし、見つけやすくするコツがあります。

 

地方の求人を探す

地方では薬剤師不足で困っているところが多く、都心と比べると良い条件で求人を出している、つまり家賃補助を支給している案件が多いです。

 

本当に薬剤師不足が深刻なところは高い年収に加え、家賃の負担額0円で社宅に住めるような求人を出していることもあります。

 

ちなみに地方というと、ものすごい田舎を想像する方がいるかもしれませんが、みんながみんなというわけではないです。

 

私の住んでいるところもいわゆる地方、田舎と呼ばれる地域ですが、人口18万人くらいですし、空港もあります。

 

なので「畑や田んぼばかりで何もない」という求人ばかりではありませんので、安心して下さい。

 

一番のおすすめは転職サイトを使うこと

自分一人の力で家賃補助もあり、その他の条件も良い求人を探すのは結構大変です。

 

そこでおすすめなのが転職サイトを利用すること。

 

薬剤師の転職事情を熟知したコンサルタントに希望を伝えることで、条件に合った求人をピックアップしてくれますので、こちらの手間を省くことができます。

 

当然ですが、コンサルタントは求人ごとに家賃補助の支給タイプがどのようなものか把握しています。

 

また「他は全てOKなんだけど、家賃補助だけあと1万円上乗せして欲しい…」といった場合にも、コンサルタントが企業と交渉し条件面をアップする、といったことも可能になります。

 

実は家賃補助を含め、好条件の求人は「非公開求人」である場合が多く、ネットで検索しても閲覧することができないようになっています。

 

つまり、薬剤師転職サイトに登録することで、求人の選択肢が圧倒的に広がるのです。

 

薬剤師転職サイトの登録・利用にあたって一切の料金は発生しません。

 

専属のコンサルタントに相談して、ぜひ納得の行く職場を見つけて下さい。

 

薬剤師転職サイトベスト5
転職を考えている薬剤師のあなたに、本当におすすめできる5社をご紹介します。

薬キャリ
マイナビ薬剤師
ファルマスタッフ
リクナビ薬剤師
薬剤師転職ドットコム

転職サイトの比較など、もっと詳しく知りたい方はコチラも合わせてご覧下さい。

>>薬剤師転職サイトを徹底比較!失敗しない選び方とは?

あなたに合ったコンサルタント、求人に巡り会えることを願っています。