薬剤師は国家資格であり需要があるため、転職の経験がある方も多いと思いますが、転職で後悔をしたことはありませんか。

 

今回は調剤薬局への転職を想定して、後悔をしない転職方法について考えてみたいと思います。

人間関係は特に注意!!

調剤薬局において勤務する薬剤師の場合、人間関係が原因で転職を考える方は特に多いのではないでしょうか。

 

調剤室という狭いスペースで患者さんの生命に関わる仕事をするため、職場に1人でも苦手な方がいる場合、この閉鎖的な空間がストレスをより大きくしている可能性があります。

 

また、医療事務を含めると比較的女性が多い職場であるという面も、人間関係をややこしくしている場合があるのかもしれません。

 

そのため、実際に転職をしてみたものの同じような人間関係で苦労した経験がある方もいると思います。

 

そのような失敗を続けないために転職の際に見るべきポイントは1つ、スタッフの表情をしっかりと観察することです。

 

一般的に薬局の雰囲気は、良くも悪くも管理薬剤師の性格が表れやすいです。

 

管理薬剤師が常にピリピリしていれば他のスタッフも緊張状態が続きますし、管理薬剤師が温厚であればスタッフにも余裕が生まれます。

 

就業場所におけるスタッフの表情を観察することで、人間関係に問題が無いかできる限り察知しておきましょう。

 

もし、実際の就業場所を面接等で訪れる機会が無い場合には、顧客として訪れ就業場所を観察することをお勧めします。

 

調剤室については、より広いスペースであれば心身共にリラックスして勤務することができるでしょう。

仕事内容と休日について

給料が上がるという安易な理由と気持ちで転職してしまうと、仕事が忙し過ぎて割に合わない、希望通りの休みが取れないという状況に陥ってしまうことがあります。

 

調剤薬局に転職する際には、受付処方枚数とスタッフの人数についても把握しておきましょう。

 

たとえ配属スタッフが少なくても、系列店舗間における応援で仕事や休みをカバーできる場合がありますので、会社の体制にも注意が必要となります。

 

また、調剤薬局の薬剤師にとっては処方内容も仕事のモチベーションに関わってくるのではないでしょうか。

 

毎日見ることになる処方箋ですので、様々な処方箋に触れたいのであれば総合病院や近隣に複数の医療機関がある薬局がお勧めです。

 

子供と接することが好きという理由で小児科の門前薬局に転職するという選択も、毎日が有意義になるかもしれませんね。

通勤時間は短い方が良い!?

一般的に、通勤時間は短いに越したことはないと考える方が多いと思います。

 

ただし、自宅からの距離が近い薬局へ転職をする場合、ご近所の方が患者さんとして訪れることがあるかもしれません。

 

その方のお薬の種類によってはお互いに気まずい思いをするかもしれず、最悪の場合ご近所付き合いにも影響を及ぼす可能性があるため、通勤時間も慎重に考えておくべきでしょう。

 

なお、転職後に系列店への異動の可能性がある場合には、その場所についてもあらかじめ把握しておいた方が良いでしょう。

最後に

ここまで、薬剤師が転職して後悔する原因と対策方法を紹介してきましたが、正直に言うと100%の対策をすることは不可能です。

 

こんなはずじゃなかったのに・・・そのようなアンマッチをできる限り防ぐためにも、転職サイトを利用しコンサルタントを介して様々な情報を入手することをお勧めします。

 

今回は調剤薬局への転職を想定していますが、別の職種においても当てはまる部分はあると思いますので、参考にして頂ければ幸いです。

薬剤師転職サイトベスト5
転職を考えている薬剤師のあなたに、本当におすすめできる5社をご紹介します。

薬キャリ
マイナビ薬剤師
ファルマスタッフ
リクナビ薬剤師
薬剤師転職ドットコム

転職サイトの比較など、もっと詳しく知りたい方はコチラも合わせてご覧下さい。

>>薬剤師転職サイトを徹底比較!失敗しない選び方とは?

あなたに合ったコンサルタント、求人に巡り会えることを願っています。