薬剤師不足から薬剤師の派遣の需要が高まっており、高時給で契約してくれる企業が増えています。

 

都内では薬剤師飽和状態となり、薬剤師の需要は減っていると言われますが、実際にはまだまだ薬剤師不足が続いており、派遣薬剤師の需要は衰えません。

 

しかし、なぜ高時給なのか、正社員とどちらが有利なのかなど、疑問に感じることも多いかと思います。

 

そこで今回は、派遣薬剤師が高時給である理由と、正社員と比較した時のメリット・デメリットについてお話しさせていただきます。

派遣薬剤師が高時給な理由

1番の理由は「薬剤師がいないところで働くことになるから」です。私がキャリアアドバイザーとして派遣薬剤師求職者に必ず言うのはこの理由です。

 

企業側に立って考えて頂くと、高時給を出してでも雇いたいのは、「人がいないから」なのです。

 

それは激務で人がいないのかもしれないですし、たまたま産休や育休で人がいないかもしれません。どんな状況であれ、その隙間で働かなくてはいけないので時給が高くなっております。

 

他の理由としては、勤務地が選べないことがあります。例えばA地区で働きたいけどそこで勤務地が見つからなければ遠くてもB地区にいかなくてはいけません。

 

さらに、派遣薬剤師は派遣先の企業に属しません。これによる影響ですが、派遣先企業でどれだけ福利厚生が充実していても派遣薬剤師には関係がありません。

 

退職金やボーナスについても同じことが言えます。派遣登録で退職金やボーナスが支払われることはほとんどないと思われます。

正社員との比較

正社員と比較した時のメリットは、やはりなんといっても給与条件の良さだと思います。

 

時給3000円×8時間=24000/日 22日勤務で計算すると年収が約633万円です。40歳の薬剤師平均年収よりも高く、ボーナス抜きでもかなり高いです。

 

また、派遣薬剤師は企業に属さないので残業した場合はしっかりと賃金が支払われます。サービス残業といったものはないです。

 

また、エリアの条件が合えば企業側による勝手な転勤や異動といったものもありませんので自分の希望する勤務地で働くことが出来ます。

正社員と比較した時のデメリットは

キャリアアップ・スキルアップが困難です。派遣薬剤師が管理薬剤師として働くこともなければ、エリアマネージャーなどのキャリアアップもありません。

 

昇給等もないので契約した金額で働くことになります。また、勉強会などの参加も企業側でやってくれないので自己負担で勉強することになります。

 

また、勤務地が合わなければ派遣先がなくなります。今は各地で薬剤師不足が起こっているのでそこまでデメリットにはなりませんが、薬剤師が飽和してくればB地区からさらに遠いC地区までといったことも考えられます。

 

さらに先ほどお話した通り、福利厚生が企業のものではないので、福利厚生は派遣登録先企業によります。退職金はほとんどの登録企業に備わってないので自身で管理をしていく必要があります。

 

つまり日頃から貯蓄をしていくことが必要だということです。

派遣薬剤師で働いていくには

派遣薬剤師と正社員のメリット・デメリットについてお話しさせて頂きました。

 

派遣薬剤師として働いていく際に上記デメリットを出来るだけ回避して働く必要があります。そのためには派遣登録先企業の選択がカギを握ります。

 

私のおススメ企業は「ファルマスタッフ」です。その理由をご説明いたします。

 

スキルアップが困難というデメリットをご説明しましたが、ファルマスタッフは大手調剤薬局が運営しており、入職前研修や、各種薬剤師として働くために必要な資料等で学ぶことが出来ます。

 

運営している大手調剤薬局は調剤薬局企業の中でも研修や教育に長けており、十分なスキルアップが可能です。

 

次に、勤務地ですが、ファルマスタッフは業界トップクラスの求人数であり、派遣地域も豊富です。同じ企業の登録でも様々な派遣先を紹介してくれるので、自分に合った地域を探しやすいということが挙げられます。

 

最後に、薬剤師に特化したキャリアアドバイザーがいることです。薬剤師特有の条件や働き方など相談出来るので心強いですよ。

 

派遣薬剤師として働くことを検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

業界最大手の1つ「日本調剤グループ」が運営する派遣・調剤薬局に強いファルマスタッフ

 派遣と調剤薬局への転職は絶対的な強さ

 業界最大の求人数60,000件以上

 現地に特化したコンサルタントが面接に同行

 他社が真似できない独自の豊富な教育制度