CRC(治験コーディネーター)CRA(臨床開発モニター)に興味があるけど、具体的にどのような仕事をしているのかご存知でしょうか?

 

何となく大まかな概要は分かっていても細かいところまで詳しく知っている人はあまりいないでしょう。

 

CRCやCRAへの転職をするにあたり、仕事内容の他にメリットやデメリットも知っておく必要があります。

CRAとCRCの主な業務内容とは?

どちらの仕事も治験に関わるものですが、仕事内容は大きく違います。それぞれ詳しく見ていきましょう。

CRAの仕事

CRAは治験を依頼する側の製薬企業の仕事をサポートしていくのが主な仕事です。

 

治験の現場に関わる役職に就いている場合は、治験を始めるまでの準備から、治験が終わった後の業務報告書の作成までを担当します。

 

治験のモニタリング業務もしており、治験が適切に行われているかどうかも確認していきます。

 

キャリアアップしていくと後にプロジェクトリーダーも任されるようになり、治験に関与する人たちを取りまとめながら正確かつスムーズに業務を進められるようにうまく回していかなければなりません。

 

治験を実施する医療機関や医師の選定もプロジェクトリーダーが行います。

CRCの仕事

CRCは治験を行う病院をサポートしていく業務を担当しています。

 

治験をうまく進められるように被験者のスケジュール管理を行ったり、GDPに則った治験内容であるかをモニタリングしたりします。

 

治験の契約や申請、患者さんからの治験に関する相談に乗るような業務も行います。

 

CRAと比べると薬剤師の人数が多く、より患者さんに近い位置で仕事を行えるのが特徴です。

治験に関わる仕事をするメリット

病院や調剤薬局ではなく治験に関わる仕事をすることで得られるメリット、デメリットについてみていきます。

 

まずはメリットから。

新薬の開発に関われる喜びを味わえる

自分が関わった薬が実際に医療現場で使われるようになることほど、嬉しいものはありません。

 

今までの努力が目に見える形で実感できるので達成感も大きいです。

規則正しい勤務時間

CRAもCRCも土日は基本お休みです。

 

病院だと当直があったり、その日によって出勤時間が違ったりと毎日働く時間がバラバラなことがありますが、そのようなこともなくなります。

 

また、ゴールデンウィークや年末年始の休みも取りやすいです。

英語のスキルを生かせる

CRAもCRCのどちらも英語に長けていると重宝されますが、特にCRAでは仕事中に英語を必要とする場面が多くあります。

 

管理職レベルまで行くにはむしろ英語ができないといけません。英語スキルを眠らせたままの人には嬉しい仕事です。

治験に関わる仕事をするデメリット

出張が多い

これはCRCよりもCRAに当てはまります。治験は全国各地で行われているため、時には遠方に出向かなければならないことがあります。

 

飛行機に乗って移動することも珍しくありません。慣れるまでは体力的にきつい思いをすることもあります。

これまで以上に人付き合いが大事になる

病院や調剤薬局で働くのとは違い、製薬会社の人や医師、被験者の方などたくさんの人とコミュニケーションをうまく取りながら仕事を進めていかなければなりません。

 

人と話すことが苦手な人には少し辛いかもしれません。

納期が迫ってくるプレッシャーがある

仕事には必ず納期があります。計画通りに治験が進んでいれば問題ないのですが、すべてがうまく行くとは限りません。

 

治験業務は1人ではなく多くの方と共同で進めていくものなので、他の人に迷惑をかけてしまうという思いから、業務に遅れが出てしまうと非常にプレッシャーとなります。

治験に関わる仕事に転職する方法とは?

新薬の開発に関わりたくて病院や調剤薬局からCRAやCRCを目指す人は少なくありません。

 

しかし病院や調剤薬局とは違い、そもそも治験関係の求人はあまり多く出ていない上に、周りに治験関係の仕事をしている人はほとんどいないのが現状でしょう。

 

実際どういった環境で働いているのか、毎日どのような仕事をしているのか見えづらい部分があり、「CRAやCRCに転職をしたい!」と思っても、求人自体を見つけることすら困難な場合が多いです。

 

そこでぜひおすすめしたいのが、薬剤師専門の転職サイトを利用すること。

 

専属のコンサルタントがあなたの希望をしっかりとヒアリンクし、ネットワークを駆使して条件に合った求人をピックアップしてくれます。

 

それだけではありません。

 

多くのCRAやCRCでは筆記試験も行っており、試験対策も1人でするより転職サイトのコンサルタントにアドバイスを貰いながらした方が確実に効率も良くなります。

 

薬剤師の転職サイトは数多くありますが、CRAやCRCへの転職を考えている方にまずおすすめしたいのがマイナビ薬剤師です。

 

マイナビ薬剤師では「未経験者のための治験業界セミナー」「治験業界への無料転職相談会」を定期的に全国で開催しており、治験業界への転職を積極的にサポートしています。

 

そしてミスマッチを防ぐためにもう一社登録しておきたいのが、医療情報サイトのm3.comでおなじみの東証1部「エムスリーグループ」が運営する薬キャリです。

 

治験に関する求人はこの2社でほぼカバーすることができます。

 

ぜひ薬剤師専門のキャリアコンサルタントを頼って、転職を成功させて下さい。