病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

管理薬剤師に必要な能力とこれから目指す方へのアドバイス


「管理薬剤師って実際どのような仕事をすればいいんだろう?」と疑問に思うようなことってありませんか?

 

「私にできるものなのだろうか?」と不安に思うような方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

私自身も管理薬剤師をする前は、「分からないがゆえの不安」といった漠然とした思いを何となく抱いていたのを覚えています。

 

管理薬剤師といっても企業や病院、ドラッグストアに調剤薬局と様々な形態がありますが、今日はそのなかでも、調剤薬局の管理薬剤師についてお話ししたいと思います。

 

管理薬剤師の業務内容

 

会社によって異なる部分はあると思いますが、一般的に管理薬剤師が店長も兼任しているという会社が多いのではないかと思いますので、その前提でお話を進めていきます。

 

まずは管理薬剤師の業務内容を簡単に書いてみたいと思います。

管理薬剤師の業務内容

・薬機法に基づいた医薬品の管理及び職員の管理・監督

・薬剤師会や行政対応など、対外業務全般(講習会などへの出席も含む)

・調剤過誤やクレームなどへの対応

・店舗のシフト作成、会社への各種報告業務

・24時間緊急対応(店舗の規模による)

・店長会議など、会社ごとに定められている業務

 

ざっとこのようなものが挙げられるのではないかと思います。

 

保険調剤薬局は基本的に国から保険指定を受けたうえで業務を行っており、薬機法という法律で定められた範囲内で業務を行う必要があります。この管理・監督責任が管理薬剤師にはあるということです。

 

例えば普通薬と劇薬、麻薬や向精神薬等をきちんと区別して保管しているか、薬剤師以外の者が調剤行為を行っていないかなど非常に細かく薬機法で規制されています。

 

保険調剤薬局内で起こることのすべての最終的な責任者は管理薬剤師になりますので、そのあたりの管理・監督業務というものがまずとても重要になってきます。

 

クレームや調剤過誤が発生した際には責任者として対応しなければなりませんし、常に店で起こっていることに対してアンテナを張っておかなければなりません。

 

「私はその日休んでいたので知りませんでした」といった無責任な言動はもちろん通用しません。

 

基準調剤加算を算定している店舗であれば、24時間365日緊急対応用の携帯電話を持っておかなければならないような会社もあり、休日であっても夜中であっても緊急で出勤しなければならないことも(社員間での持ち回りやエリアマネージャーが所持している会社もあります)。

 

また、休日に開催されることの多い講習会や研修会への参加は、店舗を運営していく上では欠かすことができません。代理者の出席でもよいこともありますが、基本的には管理薬剤師が出席しなければならない会社が多いです。

 

他にも社内で定期的に行われる店長会議などへの出席も必要であることが多く、会社によっては残業代も付かずに朝から晩まで拘束されるという場合もあります。

 

それほど管理薬剤師の業務は多岐に渡ります。

 

管理薬剤師のメリット・デメリット

 

管理薬剤師のメリットとしては、やはり一般薬剤師よりも給料が高いということが挙げられます。

 

その他に、責任者として対外的な業務が増えることで人脈を作ることができ、キャリアの幅が広がるということもメリットとして挙げられるのではないかと思います。やりがいも感じることができるでしょう。

 

将来的に薬局を経営したいと考えている人などは勉強にもなるでしょうし、転職時には「管理薬剤師の経験がある」というだけで優遇されます。

 

デメリットに関しては、責任が重く一般薬剤師に比べると業務量が増え、拘束時間が長くなってしまう場合が多いということ。

 

また責任者という立場である以上、シフトの融通が利きにくかったり、何かと批判の対象になりやすい傾向があり、ストレスのかかる場面が増えるでしょう。

 

人によっては度重なるストレスによって、心身ともに疲弊してしまい体を壊してしまう可能性もありますので、適性も十分に考える必要があります。

 

管理薬剤師の年収と注意すべきポイント

 

ここは会社によって大きく異なる部分だとは思いますが、年収が50万~100万円以上アップするような会社がある一方、大手ドラッグチェーンなどの調剤部門では、管理薬剤師手当てが月に1万円~1万5千円ほどプラスされるだけというような会社もあります。

 

年収ベースでは十数万円アップするだけ…これでは労力に見合った金額とは言えないでしょう。

 

ただ先程お話したように、管理薬剤師として転職した場合、好待遇を提示されることも多く、前職と比べて年収が200万円近くアップしたという人もいます。

 

注意しておきたいことは、会社によっては管理薬剤師以上は年俸制になり、どれだけ残業をしても残業代がまったく付かないという場合もあるということです。

 

責任者という立場から、退社時間が一般薬剤師よりも遅くなってしまう場合が多いにもかかわらず残業代が付かないことで、一般薬剤師の頃に比べて年収が下がってしまったというケースもあるのです。

 

管理薬剤師をしている薬剤師は責任感の強い人が多く、サービス残業の温床になってしまっているような職場も決して少なくありません。そのあたり、理解のある職場であるかどうかも重要です。

 

現在の職場が管理薬剤師になった時にどのような給与体系になるのか、転職する場合も高年収と思いきや実サービス残業が横行していた…などということがないように十分調べておく必要があります。

 

私が思う管理薬剤師に必要な能力

 

私が思う管理薬剤師に必要な能力は以下のようなものです。

管理薬剤師に必要な能力

・薬剤師としての倫理観や使命感、責任感がある

・現場スタッフと良好な関係を築こうという姿勢をもち、それが実践できる

・物事を俯瞰で見ることができる

・自己中心的ではない

・極端に感情的にならない

・常に職場を良くしようという意識を高く持っている

・スタッフを信頼して仕事を任せられる

 

管理薬剤師は誰よりも職場スタッフから見られている存在です。過誤などの対応や重要な局面で逃げるようなことがあるとやはりスタッフは信頼して付いてきてくれません。

 

また、独りよがりな店作りは反発を生むだけであり、必ずどこかで”ひずみ”が出てきます。

 

「最終的な責任は私がとるから、みんなの思いを持ち寄ってより良い店作りをしていこう!」というようなスタンスで、スタッフの力を引き出してあげたり、のびのびと働けるような環境を構築する能力も必要になってきます。

 

スタッフ自身も「信頼して任されている」という自覚を持つことができれば、モチベーションアップにもつながるはずです。

 

このような総合的なマネージメント能力が管理薬剤師には必要になってくると思います。

 

管理薬剤師を目指す方へ~私からのアドバイス

 

これから管理薬剤師として働きたいと思っている方はどのようなイメージを抱かれたでしょうか?「自分には無理かも…」なんて思ってしまった方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

でも大丈夫ですよ。完璧な管理者なんていないんですから。ベテランの管理薬剤師でも知らないようなことはたくさんあるのです。

 

全ての業務において完璧にこなす必要はなく、現場のスタッフにある程度は仕事を信頼して任せるということも大事であり、それぐらいのゆとりをもった心も大切です。

 

一方、「先頭に立ってグイグイ周りのスタッフを引っ張って行こう!」と張り切っている方も中にはいらっしゃるかもしれません。

 

管理者であるからといってあまり自分の思いを持ってガンガン攻めてしまうと、その強すぎる思いに職場のスタッフが付いてこれなくなることも…そうなってしまっては元も子もありません。

 

何を隠そう、私自身が以前そのようなやり方で失敗しました。ふと気付いた時には私はワンマン管理者であり、融通の利かない頑固者になってしまっていたのです。

 

その経験を活かし、今はスタッフのモチベーションを保ちながら管理薬剤師として働くことができていると思います。

 

普段からコミュニケーションを意識的に取ることによって、それぞれのスタッフがどのような思いを持ち、どのように感じながら働いているのかを把握することがとても大事だということに気付きました。

 

こまめに声をかけていないと、スタッフは不安に感じるものです。それが一因となり、不満が蓄積することでどこかで爆発してしまうようなこともあるかもしれません。

 

そして気を付けておきたいことは、最終的な責任者はやはり管理薬剤師であるということです。

 

重要な局面で逃げることのないように、普段から責任を持った言動を心掛けておく必要があります。その姿は必ず誰かが見てくれていますのでいつかはきっと自分に返ってくるでしょう。

 

そしてその力が連鎖すれば、きっとより良い職場環境を作り出すことができるのではないかと思います。

 

それでは最後に…

 

すべては患者様のために、より良い職場環境を作っていくことができるよう、気負いすぎずに頑張ってくださいね!

 

管理薬剤師としての転職を成功させるためには

 

忙しい薬剤師の先生にこそ活用して欲しいのが転職事情の裏まで知り尽くした薬剤師専用の転職サイト。

 

例えばハローワークでは好条件の求人を見つけることはできません。またネットで検索してもそういった案件はほとんどヒットしないようになっています。

 

そうなんです。本当の高年収の案件は転職サイトに登録してはじめて目にすることができるのです(非公開求人といいます)。

 

また、転職サイトに登録することは終わりではなく、あくまでスタート。

 

そこから案件を選び、条件の交渉をはじめ、面接日や出社日の調整などやることは山ほどあります。それを「働きながら」となるとかなり大変ですよね。

 

そこで満足のいく転職を実現するために、あなたを全力でサポートしてくれるのが専属のコンサルタントです。

 

「案件を探す」といっても個人でどこまで情報収集できるでしょうか?

 

実は人間関係がひどかった、残業が多かった、休めなかったなど、求人内容と実際の現場の状況が全然違うなんてことは決して珍しくありません。

 

それを知っているのは現場を熟知したコンサルタントだからこそ。百戦錬磨のコンサルタントが交渉することで、単独で交渉するよりも圧倒的有利に進めることができます。

 

薬剤師転職サイトの登録・利用は無料転職サイトを正しく活用してぜひ転職を成功させて下さいね。

薬剤師転職サイトベスト5
転職を考えている薬剤師のあなたに、本当におすすめできる5社をご紹介します。

薬キャリ
マイナビ薬剤師
ファルマスタッフ
リクナビ薬剤師
薬剤師転職ドットコム

転職サイトの比較など、もっと詳しく知りたい方はコチラも合わせてご覧下さい。

>>薬剤師転職サイトを徹底比較!失敗しない選び方とは?

あなたに合ったコンサルタント、求人に巡り会えることを願っています。

こちらの記事もおすすめです

転職薬剤師が1番利用している転職サイト

利用した薬剤師が1番満足している転職サイト

実績のあるコンサルタントのみ在籍 質No1