病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

【離島】に転職したい薬剤師必見!仕事内容と求人の探し方とは?


スポンサーリンク

離島勤務経験があり、現在はキャリアコンサルタントとして勤務する「薬剤師Y」が離島で働く前に知っておきたいことについて解説します。

憧れの離島暮らしの前に

薬剤師をしながら離島でゆっくりと生活をする夢をお持ちの方。意外と多いです。

 

私は今の仕事に就く前、大手薬局の人事担当をしていましたが、離島への異動を希望する方は結構いました。

 

その時希望者に必ず確認するのは「なぜ離島に行きたいのか」です。

 

離島生活は魅力も沢山ありますが、辛いことも多いです。それを踏まえてしっかりと考えて頂きたいと思います。

 

今回は夢の離島暮らしを実現する為に仕事内容と、求人の探し方についてご紹介します。

 

離島で働く魅力と現実

離島で働くメリット

まず、離島で働くメリットについてお話ししますね。

 

離島で働く場合、家賃補助が出ることが多く、家賃などの心配をしなくて済みます。また、遠隔地手当てなども支給してくれる企業もありますので、金銭面的にはかなり優遇されると思います。

 

さらに、離島では患者さんとゆっくり話すことが出来るので地域密着を感じる事が出来ます。

 

仕事とは別ですが、離島ということでマリンスポーツを楽しむ事が出来たり、素晴らしい景色を眺めたり、ご当地のお酒や食事を楽しむことも大きなメリットです。

 

サーフィンが趣味で離島勤務を希望する女性の薬剤師の方にお会いしたことがあります。

離島で働くデメリット

では、離島で働くデメリットにはどのようなことが考えられるでしょうか。

 

離島では、医療情報が届くのにラグがあることや、勉強会に参加するのが難しいケースがあります。そのため「薬剤師として成長したい!」という方には少し酷かもしれません。

 

ただ以前と違い、現在はオンライン講義などで情報を得ることができますので一概には言えません。しかし、実際に症例が少ないので実戦で学べないのはデメリットとなります。

 

また、仕事によるデメリットの他に暮らしのデメリットがあります。

 

私が離島に行った際に一番不便だったのが、物資の補給です。商店などもありますが、営業時間が短いですし、輸送費かかりますので、色々な物が割高です。

 

もちろんインターネットショッピングも使えますが、配送費を別途取られることや、到着が遅くなることが多々ありました。

 

そして、個人的に一番キツかったのは虫が大きいことです。想像以上にデカイ。そして見たことのない虫がいます(笑)。

 

それでも離島で働きたい!どうすればいい?

離島で働くには「離島にある医療機関を探さなければならない」と考えている方が多いと思います。

 

薬剤師が離島で働く先というと薬局がメインとなりますので、薬局について説明していきますね。

 

まず、離島にある薬局は大手企業の店舗であることが多いです。そのため、離島に行って求人を探すのではなく、「本島で離島に店舗を持つ企業を探すことが重要」になります。

 

しかし、個人で大手企業に就職し、さらに離島配属を希望するのはかなり困難。

 

そこでオススメしたいのが転職サイトです。

 

転職サイトに登録することで、プロのキャリアコンサルタントが希望が通りやすい企業を選定し、離島配属希望である旨を伝えた上で交渉に望むことができます。

 

天国と地獄!?実際にあった事例

実際にあった失敗例と成功例をお話してきましょう。

失敗例

私が離島勤務をしていた際に直接店舗に来た薬剤師さんがいまして、「こちらは薬剤師の募集をしていますか」と訪ねて来ました。

 

○○グループ薬局の店舗なので○グループの採用を受けていただく旨を説明したところ、その方は○○グループに見事入職しました。

 

私が本社に戻りその方の勤務先を聞いたところ、離島勤務ではなく本島の病院前勤務になっていました。自社ながら酷いなと思いました(笑)

 

やはり個人で交渉するとこういったことがありますね。

成功例

私がグループの採用担当をしている際に、大手転職サイトの担当者から「離島配属を希望している薬剤師さんがいる」と話がありました。

 

離島店舗の人材が少なかったので面接を受けると伝え、実際に薬剤師さんと面接しました。

 

転職サイトの担当から詳細を聞いていたので面接はスムーズで、離島希望理由もしっかりと考えていましたので、すぐに採用となりました。

 

その薬剤師の方は離島での仕事にも慣れ、今度スキューバーダイビングのライセンスを取得されるようです。

 

まとめ

このように、離島でのメリット、デメリットをしっかりと把握し、「自分が離島でどのように働き、どのような生活をしたいか」を意識することが大事です。

 

そして実際に就職先を探す時は、個人では正直厳しいです。

 

先ほどの例のように、離島に店舗を持つ企業に就職できても、状況によっては離島でなく、人員が不足している店舗にまわされる可能性もあります。

 

まずは転職サイトに登録し、プロのキャリアコンサルタントに希望を伝えるのが離島勤務への一番の近道になります。

薬剤師転職サイトベスト5
転職を考えている薬剤師のあなたに、本当におすすめできる5社をご紹介します。

薬キャリ
マイナビ薬剤師
ファルマスタッフ
リクナビ薬剤師
薬剤師転職ドットコム

転職サイトの比較など、もっと詳しく知りたい方はコチラも合わせてご覧下さい。

>>薬剤師転職サイトを徹底比較!失敗しない選び方とは?

あなたに合ったコンサルタント、求人に巡り会えることを願っています。

こちらの記事もおすすめです

薬剤師が1番利用している転職サイト

利用した薬剤師が1番満足している転職サイト