街中でたまに見かけることのある漢方薬局。

 

調剤薬局や病院とは違い独特な雰囲気を持っているため、何となくとっつきにくいイメージがあります。

 

しかし、漢方について学ぶにはこれ以上ない良い環境が整っており、スキルアップには文句なしの職場です。

 

漢方薬局って何?どんな仕事をするの?

漢方薬局という名前から漢方薬を扱うのは分かりますが具体的にはどのような仕事をしているのでしょうか。

来店された患者さんの相談に乗る

漢方薬局での業務のうち、最も長い時間をかけているのが相談のお仕事です。

 

来局された患者さんに適切な漢方薬を提供するために必要不可欠で、30分から1時間ほどかけて気になる症状や体質などを細かくヒアリングしていきます。

 

時には2時間以上かかることもあり、長い時間少しも気を抜くことなく患者さんと会話をすることは思っている以上に体力を消耗します。

漢方薬の調剤

どの漢方薬を出すか決めたら、調剤をして薬を完成させます。

 

調剤のやり方は薬局によって異なり、必要な材料を大きなボールに入れて混ぜて1日分ずつに分ける方法、生薬ごとに1日分ずつ量って分ける方法とあります。

 

生薬の粘りや重さも、煮出す時間も考慮してそれぞれ分包していく必要があります。

漢方薬局で働くメリット

漢方薬局で働くことで得られるものはたくさんあります。まずはメリットから。

専門的な漢方の知識を学べる

漢方薬局で扱っている生薬の種類は多いところで300種類近くにも及びます。これらの生薬の中から患者さんの症状に合わせて選んで調剤していくのです。

 

生半可な知識で対応することはかなり難しいです。患者さんの相談に乗る際に健康食品や養生の話もする機会がけっこうあるので、漢方薬以外の知識も習得できます。

未病の対策に取り組める

病院に行ってもはっきした病名は貰えない、だけど体は明らかに不調を来たしている、そんな状態を未病と呼びます。

 

医療費の増大が問題となっている日本では未病への取り組みが今後も重要視されます。

 

漢方薬局では気軽に体のことに相談できるため、未病への取り組みには持ってこいの職場です。

患者さんに渡すのは自分で選んだ薬

漢方薬局に来られる患者さんの手に処方せんはありません。薬を選ぶのは薬剤師です。

 

自分の知識と腕で患者さんの悩みに応えられる薬剤師の仕事は他にないと言っても過言ではありません。

 

ある意味では最も薬剤師らしい働き方ができる職場であるとも言えます。

漢方薬局で働くデメリット

一方で漢方薬局だからこそ遭遇してしまうデメリットもあります。

すぐに相談役として活躍できるわけではない

漢方薬局で働き始めてすぐに店の表に出て相談を受けることはほぼありません。最初のうちは調剤業務やPOP作りなどの裏での作業が多くなります。

医療用医薬品に触れる機会がない

漢方薬局にいる以上は医療用医薬品は扱いません。漢方薬についての知識は申し分ないほど付くものの、それ以外の知識はほとんど習得できません。

 

そのため、漢方薬局から一般の調剤薬局などに転職するとき少し大変です。

昇給は少なめ

漢方薬局では年収が上がることがあまりありません。昇給のシステムが整っているところがあまりないのです。

 

年収も400万円台のところが多く、薬剤師の平均年収よりもやや低い給料となります。

漢方薬・生薬認定薬剤師の資格は取るべき?

さて、漢方薬局に転職しようか悩んでいるときに気になるのが「資格」についてです。

 

自分で患者さんの症状から生薬を選んで調剤するため、漢方薬の知識がないとまず仕事になりません。

 

しかし、漢方薬・生薬認定薬剤師の資格は現状、必須ではありません。薬剤師の資格だけあれば働くことができます。

 

そのため無理に資格を取る必要はありませんが、やはり専門的な業務となるためできるだけ資格は習得しておきたいものです。

漢方薬局への転職は誰でもチャレンジできる

漢方薬局で働くのに薬剤師以外の資格が特別必要なわけではありません。そのため、働いてみたいと思う人は誰でもチャレンジできます。

 

処方せんに頼らない働き方はとても新鮮で毎日たくさんのことを学べます。漢方薬局ならではの仕事を楽しんでみるのも1つの経験となります。

 

ただ肝心な勤務先である漢方薬局ですが、どこにでもあるというわけではなく、全国的にみてもかなり少ないです。

 

その限られた求人を自分一人で探し出し、賃金から福利厚生の交渉まで行うのは相当大変。ましてや働きながらとなると厳しいですよね。

 

そこでおすすめしたいのが薬剤師専門の転職サイトを利用すること。

 

薬剤師の転職事情に特化したコンサルタントが全国のネットワークを駆使してあなたの条件にあった漢方薬局を探し出してくれます。

 

ぜひ現場を熟知したコンサルタントに相談して、漢方薬局への転職を成功させて下さい。

薬剤師転職サイトベスト5
転職を考えている薬剤師のあなたに、本当におすすめできる5社をご紹介します。

薬キャリ
マイナビ薬剤師
ファルマスタッフ
リクナビ薬剤師
薬剤師転職ドットコム

転職サイトの比較など、もっと詳しく知りたい方はコチラも合わせてご覧下さい。

>>薬剤師転職サイトを徹底比較!失敗しない選び方とは?

あなたに合ったコンサルタント、求人に巡り会えることを願っています。