薬剤師の方が一度は気になる田舎への転職。

 

メリットおよびデメリット、そして実際に田舎に転職する際に気をつけておきたいことについて解説します。

「高収入、高待遇」が魅力!でも田舎へ転職する理由をはっきりと

なぜ薬剤師が田舎への転職を考えるのでしょうか?

 

その大きな理由は、転職サイトなどでよく目にする、「高待遇」という言葉ではないでしょうか。

 

しかしながら、この「高待遇」という魅力的な文字に心惹かれることはあっても、なかなか決心がつかないという薬剤師の方が多いのではないかと思います。

 

もちろん「高待遇」を得るためだけ、という理由であっても地方に転職する大きな理由となります。

 

今の職場の低い給料にうんざりして、という薬剤師にはもっともらしい理由となり得ることでしょう。

 

やはり決断に必要な断固とした理由を見つけることが、田舎への転職を成功させる大きな要因になることは間違いありません。

田舎への転職、3つのデメリット

人間関係をゼロからスタート

職場でもっとも大切なのは人間関係だと思います。

 

もし、あなたが今の職場に未練を持っていて、地方への転職になかなか踏み切れない理由があるとすれば、今の職場の人間関係が意外と心地よいのではないでしょうか。

 

しかし田舎への転職、しかも自分の知らない地方への転職を考えてみたときに、一番に苦労するのはゼロから始める人間関係の構築です。

 

職場での人間関係はもちろんのこと、休日には友人もいませんし、病気などになった時に頼れる知り合いも近所にはいません。

生活が不便になる

都会に住んでいると気がつかないかもしれませんが、地方で近くのコンビニやスーパーを探しても、車で走って1時間のところが一番近い、なんてことも普通にあります。

 

ただ地方の薬局であれば、地方の中でもわりと人が住んでいる地域にあることが多いので、これは極端な例かもしれません。

 

しかし、生活の利便性が少なからず失われてしまうのは間違いないでしょう。

生まれ育った地域と文化が違う

日本には古くからさまざまな地域でさまざまな方言や文化が培われてきました。

 

田舎への旅行をしたことのある方ならわかると思いますが、旅行先でお話をした方の言葉が「何を話しているのかよくわからなかった」といった経験はないでしょうか?

 

転職すると方言だけでなく、近所付き合いなどの文化面でも自分の生まれ育った環境とは異なった環境で生活することになるかもしれません。

 

それに適応できればよいのですが、人によってはなかなか慣れずに苦労する可能性があります。

田舎への転職、3つのメリット

やはり高収入

何と言っても一番のメリットは冒頭でもお話した「高収入」。年収600万円、700万円、800万円、案件によっては大台1000万円という求人もあります。

 

更に勤務先によっては給与に加えて車や住居費なども負担してくれるところがあります。その地域ではかなりの高収入世帯となるでしょう。

休日には趣味を満喫

地方には地方なりの楽しみ方があり、それを都会よりも身近に行える可能性があります。

 

たとえば山登りが好きな方であれば、週末に山や沢登りができることもありますし、サーフィン好きであれば絶好のサーフポイントが近くにあることも。

 

ただ、そのような地域は人気があり、給料が低めになる可能性もありますので注意です。

人と人の距離の近さ

デメリットとして人間関係をゼロから構築しなければいけないと述べましたが、やはり地方には「人間のやさしさ」を感じることが多いと思います。

 

人とすれ違うと普通にあいさつをされたり、薬局にきてくれたおばあちゃんから薬以外のさまざまな相談をされたり、ちょっとしたやさしさを身近に感じることができます。

まとめ

田舎へ転職することは高収入をはじめメリットはありますが、同時にデメリットもあることを理解した上で検討してみて下さい。

 

では肝心の「田舎の転職案件」をどこで見つけるか。

 

実際に現地に行って情報収集するにも個人では限界があります。ましてや現在働いているならなおさら厳しいですよね。

 

そこでぜひ利用をおすすめしたいのが、薬剤師転職に特化した専門のコンサルタント。

 

現地の情報を知り尽くしたコンサルタントであれば、ネットワークを駆使してあなたの希望にあった職場を探してくれますよ。

薬剤師転職サイトベスト5
転職を考えている薬剤師のあなたに、本当におすすめできる5社をご紹介します。

薬キャリ
マイナビ薬剤師
ファルマスタッフ
リクナビ薬剤師
薬剤師転職ドットコム

転職サイトの比較など、もっと詳しく知りたい方はコチラも合わせてご覧下さい。

>>薬剤師転職サイトを徹底比較!失敗しない選び方とは?

あなたに合ったコンサルタント、求人に巡り会えることを願っています。