薬剤師の働き方はいろいろあります。

 

正社員で安定的に長く働いたり、パートやアルバイトで育児や自分の時間を大切にしながら働いたり。

 

ライフスタイルに合わせた選択ができるのも国家資格を持っている強みともいえます。

 

今回はそんな薬剤師働き方の中で「派遣」という働き方にスポットを当ててみたいと思います。

 

「正社員ではなかなか時間の融通がきかない」

「パートやアルバイトでは収入が思ったほどもらえない」

など…

 

そういった方のお悩みの方に、給料が高いと言われる派遣薬剤師という働き方のメリットとデメリットについて解説していきます。

派遣薬剤師とは?

派遣薬剤師とは、一般の派遣のお仕事と同じように派遣会社と契約を結んで、派遣先で薬剤師としてお仕事をする働き方です。

 

派遣にも「登録型派遣」と「常用型派遣」という2種類の働き方があります。

 

登録型派遣の場合は、登録だけをしておいて、派遣先が見つかるとその職場で働き、雇用期間が終了すると登録している状態に戻る一時雇用です。

 

一方、常用型派遣は、派遣会社と雇用契約を結ぶことになります。

 

派遣会社の社員として派遣先で働くので、派遣先の雇用期間が終了しても派遣会社との契約は続き、福利厚生面や雇用契約の面で有利と言われています。

 

派遣で働く薬剤師の多くは待遇面から、常用型派遣を選択しているのが現状です。

派遣薬剤師のメリット

やはり派遣薬剤師の最大のメリットは給料が高いことでしょう。

 

求人を見ても時給2500円から3000円はザラ。4000円以上という求人もあります。時給に換算すると正社員の給料よりも高い場合も珍しくありません。

 

時給の高い職場の傾向としては、人手が足りない地方の薬局などが多いようですが、都市部でも平均して時給の水準は高めです。

 

他にも派遣として働くので、人間関係や職場のしがらみに縛られない、契約時に余裕のある勤務時間を決めておけば、時間の融通が利くなどがあります。

派遣薬剤師のデメリット

派遣薬剤師にはデメリットもあります。例えば、同じ職場には原則1年間しかいられません。

 

延長を申請すれば3年までは延ばすこともできますが、長期間勤務することはできない決まりになっています。

 

また、自分の希望する勤務地に派遣先がない場合、通勤に時間がかかる職場になってしまったり、なかなか派遣先が決まらないこともあります。

 

また派遣先によっては、自分のやりたい業務ができないデメリットもあります。

派遣薬剤師に向いている人とは?

派遣薬剤師に向いている方は意外と多いかもしれません。

 

常に変化を好み、さまざまな職場に適応して、自分をステップアップできる人、人間関係に縛られずにストイックに業務をこなしたい人にとって派遣薬剤師はおすすめの働き方ではないでしょうか。

 

また、お金を貯めて自分の余暇を楽しみたい人にも向いていますし、ママさん薬剤師で時間に余裕を持ちながら高い給料を貰いたい人にもおすすめです。

 

ただ派遣先は派遣会社が決めることになっていますので、「条件の良い派遣先を紹介してくれる会社を選ぶことが必須」になってきます。

 

そこでおすすめしたいのが薬剤師の転職サイトを利用すること。

 

自分一人で派遣会社を探すのは雇用条件なども含めて大変な作業です。それ以外にやることは山ほどありますからね。

 

薬剤師の転職事情を熟知したコンサルタントがあなたの希望をしっかりヒアリンクして、条件にピッタリの求人をリストアップしてくれます。

薬剤師転職サイトベスト5
転職を考えている薬剤師のあなたに、本当におすすめできる5社をご紹介します。

薬キャリ
マイナビ薬剤師
ファルマスタッフ
リクナビ薬剤師
薬剤師転職ドットコム

転職サイトの比較など、もっと詳しく知りたい方はコチラも合わせてご覧下さい。

>>薬剤師転職サイトを徹底比較!失敗しない選び方とは?

あなたに合ったコンサルタント、求人に巡り会えることを願っています。