薬剤師は、国家資格であり比較的転職がしやすい職業のため、退職を経験することも比較的多いと思います。

 

今回は、薬剤師の円満退職について、知っておくべき3つをご紹介します。

円満退職って必要?

円満退職と言うと聞こえは良いですが、何か面倒くさそうというイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか。

 

「どうせ辞めるのだから円満でなくても良いのでは?」

 

もちろん理屈ではその通りですが、円満退職できなかった場合に損をすることが実はよくあるのです。

 

そのケースとして、筆者の身近で実際にあった話を2つ紹介します。

(例1)

前の職場のスタッフと喧嘩別れしたTさんは、その噂が薬剤師を通して次の職場に広がってしまい、ネガティブなイメージが原因で職場に馴染めず辞職しました。

(例2)

何でも自分でやらないと気が済まない性格のIさんは、日に日に仕事が増えた結果、精神的に苦しくなって急に辞職しました。その後、薬剤師が欠員している時でもIさんに声がかかる事はありませんでした。

(例1)では、円満退職できず次の職場に影響を与えています。このケースは、次の職場と前の職場の距離が近い場合に起こりやすいので注意が必要です。

 

そうなると薬の分譲も頼み辛いですよね・・・たとえ近隣でなくとも、噂は現場スタッフや卸しさん等を通してすぐに広がってしまいます。

 

(例2)では、円満退職できず復帰の可能性が無くなっています。このケースのように、何らかの事情で前の職場に復帰する可能性もあります。

 

もしかしたら辞めた直後、家の近所にチェーン店ができるかもしれません。

 

世の中何が起こるか分かりませんので、円満退職していれば良かった・・・とならないように、しっかりと準備をしておきましょう。

 

円満退職の流れ

まずは、希望退職日と理由を上長に申し出ましょう。いつ頃なら辞めることが可能であるか分からないと転職活動ができません。

 

薬剤師が欠員して辞めることができず次の職場に迷惑を掛けてしまえば、たとえ会社の事情であろうが、だらしがない印象を与えてしまいます。

 

退職日は会社の就業規則に沿って申し出るようにしますが、現場スタッフへの影響を考えてできる限り早めに伝えておきます。

 

退職日がある程度決まったら、後は転職サイトに登録して求人の紹介を受けて面接、内定、入社といった流れです。

 

辞めると言っておきながらダラダラ留まるのも格好が悪いので、転職活動はスマートに進めましょう。

 

ちなみに理想の退職時期についてですが、繁忙期はできる限り避けたほうが印象は良いですね(耳鼻科の門前薬局であれば、インフルエンザや花粉症のシーズン)。

 

他のスタッフと同時期に退職するのも避けておきたいところです。

 

円満退職で大事なこと

それでは、薬剤師の円満退職において最も大事なことは何でしょうか。それは“しっかりと引き継ぎをすること”、管理薬剤師の退職であれば尚更です。

 

次の職場の採用が決まったら、受け持っていた患者さんや服薬指導歴の引き継ぎ事項を確認しておきます。

 

しっかり引き継ぎをしておかないと、現場スタッフはもちろんのこと患者さんにも迷惑を掛けてしまう恐れがあります。

 

そうなれば、今まで積み上げてきた信頼感は簡単に崩れ落ちます。不測の事態に備えて連絡先も残しておきましょう。

 

最後に

薬剤師の世界は、皆さんが思っている以上に狭いです。立つ鳥跡を濁さず、またいつでも戻ってきてほしいと思われるような辞め方が理想であると考えます。

 

皆さんの今後が不利益とならないように、円満な退職となるように心より願っています。

 

薬剤師転職サイトベスト5
転職を考えている薬剤師のあなたに、本当におすすめできる5社をご紹介します。

薬キャリ
マイナビ薬剤師
ファルマスタッフ
リクナビ薬剤師
薬剤師転職ドットコム

転職サイトの比較など、もっと詳しく知りたい方はコチラも合わせてご覧下さい。

>>薬剤師転職サイトを徹底比較!失敗しない選び方とは?

あなたに合ったコンサルタント、求人に巡り会えることを願っています。