病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

薬剤師がドラッグストアに転職する際に注意すべきポイントまとめ


ドラッグストアに転職したいと考えている薬剤師が最近増えてきているのをご存知ですか?年収が比較的高いこともあり転職先として注目されているのです。

 

しかし病院や調剤薬局とは違ってドラッグストアの仕事内容はちょっと特殊です。特に事前に何か準備をしなくても仕事に支障はないのでしょうか。

 

それにどのような仕事内容なのか、ドラッグストアに転職して果たして今までの仕事の経験を生かすことができるのかなども気になるところです。

 

ここではそんなドラッグストアに転職を考えている薬剤師がちょっと気になるところについてご説明していきます。

ドラッグストアの薬剤師の仕事内容

ドラッグストアの仕事内容は病院や調剤薬局とは何となく違うのはご存知の方も多いでしょう。では、具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。

調剤・服薬指導

調剤併設店のドラッグストアであれば当たり前ですが調剤や服薬指導もします。ただし、調剤併設店の場合は門前の病院がなくあらゆる病院の処方せんが来る可能性があるという点で通常の調剤薬局とは異なっています。

 

店舗によっては多くの科目の処方せんを扱うことになります。

医薬品の販売・レジ打ち

お客さまがどのような症状に悩んでいてどのような薬を求めているのかをヒアリングし、適切な薬のご紹介をします。薬剤師が自ら考えて薬を選べるという楽しさはドラッグストアでしか味わえません。

 

レジのカウンター内に医薬品を陳列している店舗であればレジでお客さまの対応をしてそのままレジ打ちもします。

売り場の管理・商品の発注

担当の売り場を与えられるのでそのカテゴリの商品の発注や商品の導入・撤去を行います。売り場の完成度によって売り上げの数値も左右されるので意外と気を抜けない作業です。

お店の数値管理

発注やレジ打ちだけがドラッグストアの仕事ではありません。その店舗の売り上げや粗利、販売強化品の売り上げ進捗などの数値も管理しないといけないのです。会社の利益を出すことが社員の役割なのでこのような数値管理も欠かせません。

ドラッグストアに転職しても今までの経験は生かせる?

病院や調剤薬局からの転職を考えている場合に気になるのがこの今までの経験を生かせるのかというもの。せっかく今まで薬剤師のスキルを磨いてきたのに転職してからそのスキルを生かせないなんて悲しすぎますからね。

 

この経験を生かすことができるのか?という問いの答えはずばり「できる」です。調剤併設店でもOTC販売がメインでも生かせます。調剤併設店では今までの経験をそのままフル活用して仕事で使えます。

 

仕事内容のほとんどが調剤や服薬指導であり、転職前と比べても日々の業務内容に大きな変化がないためです。

 

OTC販売だと調剤しないから生かせないのでは?と思う方もいるかもしれませんがその心配はいりません。

 

「病院でこのお薬を貰っていたんだけど同じようなもの市販にない?」「病院で貰っていたこのお薬は市販のこのお薬と飲み合わせは大丈夫?」のようにけっこうな頻度で“病院で貰っていたお薬”がお客さまとの会話の中に出てくるのです。

 

正直、OTCしか経験のない薬剤師には分からない薬ばかりでこのような対応は意外と難しいのです。

 

病院や調剤薬局での経験があればどのような病態のときにどういうお薬が処方されているのかの知識も豊富なのでより正確なお薬の提案をお客さまにできます。これもOTCしか経験のない薬剤師にはできないことです。

転職前に準備しておくことはある?

転職前にできれば仕事で役立つような知識を勉強しておきたい、と考える方もいるでしょう。多くの人はそう考えて一般用医薬品の本を買って勉強していることでしょう。

 

しかし、本を読んで学んだ商品が実際に働く店舗で取り扱っているとも限りません。そのためそこまで真剣に一般用医薬品の勉強は必要ないのではと思います。商品知識については働いていれば自然と身につくものでもあるので焦る必要はないのです。

 

ただ、1つだけ事前に勉強しておいた方が良いことがあります。それは要指導医薬品と1類医薬品に関することです。

 

病院や調剤薬局だとこれらの医薬品にそんなに頻繁に触れる機会はなかったかと思います。しかしドラッグストアではむしろ要指導医薬品や1類医薬品の販売がかなり重要となるので商品知識が欠かせないのです。

 

初めて見るお薬の使い方をいきなりお客さまに説明できますか?何か質問されてもそれに答えることができますか?これって意外と難しいんですよ。

 

要指導医薬品や1類医薬品の数はそこまで多くなく品目数にも限りがあります。そのため、働き始める前には一通り目を通してお客さまにきちんと説明できるレベルにまでなっておくといざというときに慌てることもありません。

 

ドラッグストアへの転職は薬剤師転職サイトを通して行うのがオススメです。

薬剤師転職サイトベスト5
転職を考えている薬剤師のあなたに、本当におすすめできる5社をご紹介します。

薬キャリ
マイナビ薬剤師
ファルマスタッフ
リクナビ薬剤師
薬剤師転職ドットコム

転職サイトの比較など、もっと詳しく知りたい方はコチラも合わせてご覧下さい。

>>薬剤師転職サイトを徹底比較!失敗しない選び方とは?

あなたに合ったコンサルタント、求人に巡り会えることを願っています。

こちらの記事もおすすめです

転職薬剤師が1番利用している転職サイト

利用した薬剤師が1番満足している転職サイト

実績のあるコンサルタントのみ在籍 質No1