病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

ザイロリック(アロプリノール)の作用機序と副作用|高尿酸血症

ビール

今回は痛風治療薬の『ザイロリック』についてお話していきます。

スポンサーリンク

ザイロリックとは?

 

まずは名前の由来からいきましょう。ザイロリックの一般名はAllopurinol(アロプリノール)です。また化学名は1H-Pyrazolo [3, 4-d]pyrimidin-4-ol(1H-ピラゾロ[3, 4-d]ピリミジン-4-オル)です。

 

前者の『lo』『ri』、後者の『z』『y』を組み合わせてzyloric(ザイロリック)と命名されました。

 

ザイロリックの作用を簡単に説明すると『尿酸の生成を抑えることで尿酸値を下げる』になります。それではもう少し詳しく見て行きましょう。

ザイロリックの作用機序

 

尿酸の生成過程

まず尿酸の生成過程は「ヒポキサンチン → キサンチン→ 尿酸」となっています。矢印の部分で同じ酵素が代謝に関わっており、その酵素の名前をキサンチンオキシダーゼ(以下XOR)といいます。

 

次にアロプリノールを服用すると体内で「アロプリノール → オキシプリノール」となり、矢印の部分で先ほどと同じ酵素XORが関与しています。

 

つまりキサンチン、ヒポキサンチン、アロプリノールは3つとも同じ酵素で代謝されるのです。上記3つはいずれもプリン骨格と呼ばれる構造を持っており非常によく似ています。

 

そのため体がアロプリノールをキサンチン、ヒポキサンチンと勘違いしてそっちに酵素を優先的に使ってしまうのです。

 

その結果尿酸が作られる過程で使われるXORが減ってしまうため、尿酸の生成が抑えられるという事になります。ちなみにこのような阻害の仕方を競合阻害といいます。

 

更にアロプリノールの代謝により作られるオキシプリノールも活性代謝物であり、自身もXORに結合して働きを失わせます。この二重の作用により、尿酸の生成が抑制されるのです。そのためアロプリノールはXOR阻害薬と呼ばれます。

スポンサーリンク

ザイロリックの消失経路

 

オキシプリノールは腎臓から排泄されます。オキシプリノールに薬効がないか非常に弱ければ問題ないのですが、XORを阻害する作用を持つため、腎機能障害のある方は減量する必要があります。

 

死亡例も出ていますので、クレアチニン・クリアランスを参考に、以下のように対応します。

表 腎機能に応じたアロプリノールの使用量
Ccr>50mL/min         100mg~300mg/日
30mL/min<Ccr≦50mL/min    100mg
Ccr≦30mL/min       50mg/日
血液透析施行例        透析終了後に100mg
腹膜透析施行例        50mg/日

GSKホームページより引用

ザイロリックの副作用

 

主な副作用は、皮疹、胃部不快感、下痢、痛風発作誘発、貧血、一過性黄疸など。他にも重篤なもので皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)、剥脱性皮膚炎等の重篤な発疹又は過敏性血管炎などが報告されています。

 

血液や皮膚に関連する副作用については、アロプリノールが同じくキサンチンオキシダーゼ以外の核酸代謝酵素を阻害するためと言われています。

 

初期症状である発疹や発赤、水ぶくれなどがみられましたら直ちに病院を受診して下さい。特に腎機能障害のある方に使用すると上記副作用が出やすくなりますので注意が必要です。

ザイロリックの相互作用(飲み合わせ)について

 

最後に相互作用についてお話しします。気管支拡張剤のテオフィリン、代謝拮抗薬のアザチオプリンやメルカプトプリンはキサンチンオキシダーゼにより代謝されます。

 

アロプリノールがキサンチンオキシダーゼを阻害するためこれらの薬の血中濃度が上昇する可能性があります。お薬手帳を医師、薬剤師に見せるのを忘れずに!

 

それではザイロリックについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆