オフィスソフトといえばMicrosoft Officeですよね。これを使っておけば仕事でもプライベートでも色んな意味で間違いありません。

 

なので中古パソコンを購入する時に最新版じゃなくてもMicrosoft Officeが付いていると便利ですよね。

 

実際Microsoft Officeが付いている中古パソコンがあるのか調べてみました。

Microsoft Officeが付いた中古パソコンはあるが非常に少ない

 

Microsoft Office付きの中古パソコンはあるにはあるんですが、どのショップでも取扱いが少ないですね。ほとんど見つけることができませんでした。

 

目当ての商品についていたらラッキーくらいに思っておいた方がいいですね。

Microsoft Officeの単品はすごく高い

 

かといって新品でMicrosoft Officeを単品購入するとなるとかなりのお値段です。

 

最新のパワーポイントが入ったMicrosoft Office Home and Business 2016の定価は37,584円になります。

 

中古パソコンの購入を検討しているあなたは予算が限られていると思います。下手したらこれ、中古パソコン本体よりも高いですよね。

 

なので仕事でプレゼンする、頻繁に得意先とファイルのやり取りをする、バリバリVBAでプログラミングするとかじゃなければWPS Office(旧Kingsoft Office)という選択肢もあります。

使い道によってはWPS Office(旧Kingsoft Office)でも十分

 

無料のオフィスソフトにはLibreOffice、Apache OpenOfficeなどがありますが、パソコン初心者の方には正直おすすめできません。

 

何かわからないことがあっても使用している人が絶対的に少ないため、情報を探しづらいいう欠点もあります。

 

そこでおすすめしたいのがWPS Office(旧Kingsoft Office)です。

WPS Officeは画面レイアウトがMicrosoft Officeと非常に似ており、とても使いやすいです。

 

保存形式もMicrosoft Office 2007以降の「.xlsx」、「.docx」、「.pptx」に対応しています。

 

100%互換性があるとはいえませんが、かなり遜色ないレベルまで進化しているのがWPS Officeです。

WPS Officeが無料で付いてくる中古パソコンショップ

 

実はこのWPS Officeが中古パソコン購入時に無料で付いてくるショップがあります。

 

それはデジタルドラゴン PCジャングル です。

 

Microsoft OfficeのWord相当する「Writer」、Excelに相当する「Spreadsheets 」、PowerPointに相当する「Presentation 」が入ったWPS Officeは普通に買うと6,880円します。

 

しかしこの2つのショップで購入すると、なんと無料でついてくるのです。

 

いずれのショップも保証もしっかりしている信頼できるショップであり、当サイトの中古パソコンショップランキングでも1位と2位になっているショップです。

 

もし中古パソコンでオフィス付きのパソコンが欲しい方はぜひデジタルドラゴンかジャングルPCで購入されることをおすすめします。

 >>デジタルドラゴンの公式HPを見る >>PCジャングルで中古パソコンをオトクに購入する