病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

ハイアラージン(トルナフタート)の作用機序と副作用|抗真菌薬

女性足元

今回は抗真菌薬でチオカルバミン酸系のハイアラージンについてお話します。

スポンサーリンク

ハイアラージンとは?

 

それでは恒例名前の由来からいきたいところですが、ハイアラージンには特にないようですね。一般名はTolnaftate:トルナフタートです。

 

ハイアラージンの作用を簡単に説明すると「真菌の細胞膜を構成するエルゴステロールが作られるのを邪魔することで症状を改善する」となります。それではまず表在性皮膚真菌症についてお話していきましょう。

表在性真菌症とは?

 

真菌感染症は大きく表在性(皮膚)真菌症深在性真菌症に分類されます。これは文字通り前者が毛髪、爪、角質、表皮など私達の体の表面でとどまるもの。後者は皮膚の真皮以下の皮下組織、場合により臓器にも及ぶものを意味します。

 

表在性真菌症の原因となる菌は白癬菌やカンジダ、癜風などがありますが、約90%は白癬菌が原因です。これらは皮膚の常在菌であるため、免疫力が低下した時などにみられる場合があります。

 

原因No1の白癬菌ですが、部位により特に以下のように呼ばれます。白癬菌は足にいれば足白癬(いわゆる水虫)、足の爪に侵入すると爪白癬(爪水虫)、股間であれば股部白癬(いんきんたむし)、頭であれば頭部白癬(しらくも)、身体であれば体部白癬(たむし)となります。

 

白癬菌はケラチナーゼという酵素を出して、皮膚の角質の構成成分であるケラチンというタンパク質を溶かし、それを食べて増殖します。そのため皮膚の角質や爪、髪の毛などケラチンが多く含まれる部位に発生しやすいのです。

 

白癬菌やカンジダ、癜風等真菌の細胞膜の主な構成成分はエルゴステロールです。ちなみにヒトの細胞膜は主にコレステロールになります。つまりエルゴステロールが作られる過程を邪魔することができれば、ヒトの細胞膜に影響せず真菌を死滅させることができることがわかります。

スポンサーリンク

ハイアラージンの作用機序と特徴

 

それではまずエルゴステロールの合成経路をみてみましょう。

 

エルゴステロール合成経路

さてたくさん酵素が出てきました(青い□で囲った部分です)。外用抗真菌薬の作用機序は上図のいずれかの酵素の働きを邪魔するというものになります。

 

チオカルバミン酸系に属するハイアラージンはスクアレンエポキシダーゼを阻害します。これによりエルゴステロールの合成が抑えられ、症状が改善するのです。

 

ハイアラージンの剤形には軟膏と外用液があります。使い分けは処方する医師により異なります。外用液は浸透性がよく使用感もいいですが、刺激が強いため傷やただれている部位では使用を控える場合があります。そのような部位では刺激が少なく安全性が高い軟膏が処方されるかと思います。ベタつきがあるのは欠点ですが。

 

いずれの剤形も1日2~3回の塗布が必要となります。ルリコンなどの発売日比較的新しい薬剤は抗菌作用、浸透性に優れており1日1回となっています。

 

可能ならば1日のうち1回はお風呂から上がった後に塗るのが望ましいです。角質層が柔らかくなるため、薬剤の浸透性が高まるので効果的です。適応は白癬と癜風であり、カンジダにはありませんので注意が必要です。

ハイアラージンの副作用と注意事項

 

主な副作用は接触性皮膚炎、発赤、掻痒、刺激感などがあります。これについては他の外用抗真菌薬と変わりません。

 

使用にあたっての注意をいくつかお話しておきましょう。真菌は症状がある部分だけでなく、その周囲にも潜んでいることがあります。特に足白癬(水虫)の場合は病巣部のみならず、足の裏やかかとまで広い範囲で薬を塗る必要があります。

 

また真菌は自覚症状が消失し、一見改善したように見えても実はまだ残っていることがあります。皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーは個人差があるものの4週間程度とされており、最低でも4週間は継続して使用する必要があります。

 

更にその後も治療を継続すると再発予防効果があるとされていますが、こちらは皮膚科の先生の指示に従って下さい。くれぐれも自己判断で使用を中止しないことが大切です。

 

それではハイアラージンについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆