病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

クリノリル(スリンダク)の作用機序と副作用|腎機能障害少ない

腰が痛い老人男性

今回は解熱・鎮痛・抗炎症作用を持つ非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)のクリノリルについてお話していきます。

スポンサーリンク

クリノリルとは?

 

まずは恒例名前の由来からいきましょう。ギリシャ語でクリノスは「患者の痛みを抑える」という意味。そこからCLINORIL:クリノリルと命名されました。一般名はスリンダクです。

 

クリノリルの作用を簡単に説明すると『プロスタグランジンを作る時に必要な酵素であるシクロオキシゲナーゼを阻害する事で鎮痛・抗炎症作用発揮する』となります。

 

それではもう少し詳しく見て行きましょう。

プロスタグランジンとアラキドン酸カスケード

 

まずプロスタグランジン(以下PG)はどのように作られるのかについてお話していきます。

 

作用機序だけであればシクロオキシゲナーゼ(以下COX)という酵素だけ説明すれば概ね事足りますが、副作用や他の薬を学ぶ上で知っておいた方がいいと思いますのでアラキドン酸カスケードという経路について説明します。

 

アラキドン酸カスケード上の画像のように、アラキドン酸からPGやロイコトリエン(以下LT)、ンボキサン(以下TX)等が作られる経路をアラキドン酸カスケードといいます(図は結構省略あり)。カスケードはを意味します。滝のように物質が次々と生み出されていくことに由来します。

 

何らかの原因で組織が傷害されたり炎症が起こると、ホスホリパーゼA2と呼ばれる酵素が活性化します。すると細胞膜の構成成分であるリン脂質から必須脂肪酸であるアラキドン酸が遊離します(切り離されます)。

 

遊離したアラキドン酸に酵素であるCOXが作用するとPG群が、5-リポキシゲナーゼが作用するとLT群が作られます。またPGH2にトロンボキサン合成が作用するとTXA2が作られます。

 

ちなみにCOXにはCOX-1とCOX-2の2種類が存在します。COX-1は普段から私達の様々な組織に存在しており、特に胃や腎臓に多いとされています。またCOX-2は炎症が起っている部位で主に作られます。

 

続いて痛みが発生する機序についてお話します。痛みについては痛みを感じさせる発痛物質であるブラジキニンやヒスタミン等がポリモーダル受容器と呼ばれる部分に作用し、そこで生じた痛みの情報が脊髄を通って脳に到達することで私達は「痛い!」と感じるのです。

 

PG自身は痛みを感じさせる作用はそれほど強くありません。しかし発痛物質の痛みを増強する作用を持っています。つまり痛みはブラジキニン等の発痛物質だけでなく、PGの作用が加わることで発生すると認識して下さい。

 

PGの他の作用としては発熱もあります。PGは視床下部にある体温調節中枢と呼ばれる部分に働きかけ、普段は36~37度位に設定されている体温をそれ以上に上げるように命令します。これをセットポイントを上昇させるといいます。

 

他にもPGは胃の粘膜の血流を良くしたり修復したりする作用や、腎臓の血流を良くする作用、血小板凝集抑制(血液をサラサラにする)作用など様々な作用を持っています。

クリノリルの作用機序と作用時間

 

痛みや発熱の原因となるPGはアラキドン酸にCOXが作用することにより作られるとお話しました。それならCOXを何とかできればいいと思いますね。

 

ここでクリノリルの登場です。

 

クリノリルはCOXに結合して働きを邪魔する作用があり、PGが作られるのを抑えます。これにより痛みや炎症が抑えられるのです。

 

クリノリルはインドール酢酸系に属します。解熱・鎮痛・抗炎症作用は強力です。ただ解熱の適応はありません

 

最高血中濃度到達時間(服用後薬の濃度が最大になるまでの時間)は服用後約4時間、半減期(血中濃度が半分になるまでの時間)が約11~15時間となっています。

 

半減期が長いため、1日2回の服用で薬の効果を1日持続させることができます。即効性がないため頓用の適応はありません。

スポンサーリンク

クリノリルの特徴と副作用

 

COX-1は様々な組織に存在し、COX-2は炎症部位に存在すると先ほどお話しました。

 

COX-1は特に胃や腎臓に多く存在するため、COX-1を阻害してしまうと胃粘膜や腎臓に障害が起こる事が予想できるかと思います。

 

更にNSAIDs全般に言えることですが、成分自体に胃粘膜を直接刺激する作用があると言われています。

 

しかしクリノリルはそのままでは薬効を発揮せず、腸管から吸収された後に代謝されスルフィド体になり(一部活性のないスルフォン体にも)効果を発揮するプロドラッグ製剤であり、比較的胃粘膜への刺激は少ないとされています。

 

またクリノリルはスルフィド体になった後、全てではありませんが、元のスリンダクに戻るという特徴があります。

 

NSAIDsは一般的に腎臓から排泄され、それはクリノリルも同じです。ただし腎臓からは活性がないスリンダク、スルフォン体がメインで排泄され、活性代謝物であるスルフィド体はほとんど排泄されません。これにより他剤と比較して腎機能障害が少ないとされています。

 

ただ少ないとはいえ、影響はゼロではありません。そのため消化性潰瘍や重篤な腎機能障害のある方への使用は禁忌となっています。ただし、場合により使用する事もあります。

 

またクリノリルはトロンボキサン合成酵素は阻害しませんが、TXA2はPGH2から作られるため、COXが阻害されることで結果的にTXA2の量も減ってしまいます。

 

TXA2は血管を収縮したり血小板凝集(血小板を集めて止血する)作用を持っているため、出血傾向(出血しやすくなる)ことも問題となります。重篤な血液障害ある方への使用は控えます。

 

また他の副作用として肝機能障害、黄疸なども報告されており、重篤な肝機能障害の方には使用することができません。

 

あともう一点。服用中に尿が変色することがあります。明るい黄色、暗いオレンジ色、青緑色などが報告されています。色が気にならないならば継続して服用しても問題はありません。

クリノリルの注意事項

 

胃粘膜障害を予防するために食後(できれば食直後)で服用する事が望ましいでしょう。どうしても空腹時に服用する場合は、牛乳などを1杯飲んでから服用しましょう。

 

続いて授乳婦の方。動物実験(ラット)で乳汁中への移行が報告されていますので、授乳中の方の服用は控えます。

 

また妊婦の方ですが、こちらも基本的に服用は控えます。お母さんから赤ちゃんに薬が移行することで赤ちゃんのPGが減ってしまい、肺動脈と大動脈をつなぐ動脈管と呼ばれる部分が収縮してしまうためです。

 

動脈管についてもう少し説明します。赤ちゃんはお腹の中にいる時は呼吸をしていない、つまり肺を使っていないんです。

 

だから肺にはそれほど血液はいらないんですね。そのため心臓から肺に向かう肺動脈に流れる血液を動脈管を通して大動脈に流しこむのです。

 

動脈管が収縮してしまうと肺高血圧症を起こすなど赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があります。また他にも赤ちゃんの腎臓の機能が低下することで尿量が減少し、羊水過少症に繋がる事があります。妊娠末期の羊水は赤ちゃんの尿が主と言われています。

 

特に妊娠後期のNSAIDs服用には注意が必要です。分娩遅延等もラットで報告されています。

 

以上のような事から、妊婦の方にはNSAIDsよりも比較的安全性の高いカロナールなどのアセトアミノフェン製剤が多く処方されているのですね。

 

場合によっては病院でNSAIDsが処方されるケースもあるかと思いますが、その際は必ず主治医の指示に従って下さい。

 

それではクリノリルについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆