病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

アルサルミン(スクラルファート)の作用機序と副作用|食後は可?

胃

今回は消化性潰瘍治療薬、防御因子増強薬である『アルサルミン』について解説します。

スポンサーリンク

アルサルミンとは?

 

まずは名前の由来からいきましょう。ULCERは英語で『潰瘍』。またアルサルミンはアルミニウム(ALUMINIUM)を含有します。前者から”ULCERとL”、後者から”MIN”を抜き出してULCERLMIN『アルサルミン』と命名されました。一般名はクラルファートです。

 

アルサルミンの作用を短く説明すると『傷ついた胃粘膜に結合し、胃酸から保護する膜を作る』となります。それではもう少し詳しく見て行きましょう。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍とは?

 

胃酸は消化管内に入ってきた細菌やウイルスなどの病原体などを退治する役割を担っています。つまり胃酸があるから多少の有害物質が入ってきても症状がある程度軽く済むわけです。

 

胃酸はpH1~2と非常に強い酸なのですが、通常胃や十二指腸の粘膜は胃酸に耐える事ができます。それは胃の粘膜から粘液やプロスタグランジンと呼ばれる物質等が分泌されており、胃全体を保護しているからです。だから食物だけ消化され、胃は守られるんですね。

 

しかしNSAIDS(非ステロイド性抗炎症薬)を服用したりヘリコバクター・ピロリ菌の感染、ストレスなどが原因で胃酸の分泌が活発になったり、粘膜の防御機能が弱くなると粘膜が胃酸に耐えられなくなり、ただれてえぐられたような状態になってしまいます。これがいわゆる胃潰瘍十二指腸潰瘍です。

 

症状としては上腹部、みぞおちの痛みを基本に食欲不振や腹部膨満感(お腹の張り)、胸焼けなどがあります。ひどくなると吐血(口から血を吐く)、下血(便に血が混じる)、更には消化管穿孔という胃や十二指腸に穴が開いてしまうこともあります。

 

消化管穿孔になると胃の内容物が、通常は無菌な腹腔内(横隔膜より下の空間)に入り込み炎症を起こしてしまう腹膜炎を起こす事があります。非常に危険で手術が必要になります。

スポンサーリンク

アルサルミンの作用機序

 

アルサルミンは胃に到達すると、傷ついた胃粘膜に向かい病巣部のタンパク成分と結合すると、病巣部を覆う保護膜を作ります。

 

ペースト状になったバリアにより、胃粘膜が胃酸から守られることで潰瘍が治りやすくなるというわけです。また胃酸を中和する作用も持っています。

アルサルミンの副作用

 

副作用で多いのは便秘ですね。他にも口が乾きやすくなったり、吐き気などがみられる事もあります。

アルサルミンは食後に服用してもいい?

 

結論から言うと効果が全くなくなるというわけではありません。ただ食後に服用すると、食事中のタンパク質によりアルサルミンが薄まって効果が低下してしまう可能性があるため食前の服用が望ましいのです。治療期間を短くするためにも食前で服用する事を推奨します。

アルサルミンの相互作用について

 

アルサルミンと併用すると吸収が阻害される薬はジゴキシンなどのジギタリス製剤、抗てんかん薬のフェニトインなどいくつかありますが、ここではクラビットなどのニューキノロン系のお薬についてお話します。

 

クラビットとアルサルミンを同時に服用すると、アルサルミンに含まれるアルミニウムとクラビットが化合物を作り、クラビットの吸収が低下してしまいます。

 

対策としてはクラビットを先に服用し、2時間後にアルサルミンを服用すると、お互い影響はないとされています。クラビットは膀胱炎をはじめ細菌感染症で処方される頻度が非常に高いので、これは覚えておいて下さい。

 

それではアルサルミンについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆