病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

テシプール(セチプチリン)の作用機序と副作用|四環系抗うつ薬

落ち込む

今回は四環系抗うつ薬の『テシプール』について解説していきます。

スポンサーリンク

テシプールとは?

 

まずは名前の由来からいきたいところですが、テシプールの名前の由来は特にないそうです。一般名はセチプチリンになります。

 

テシプールの作用を簡単にお話すると『脳内のノルアドレナリンの量を増やすことで、神経の伝達がスムーズになり、うつ病の症状が改善する。』となります。

 

それではまずうつ病が発症するメカニズム、モノアミン仮説と受容体仮説についてお話していきましょう。

うつ病発症のメカニズム

 

ここではモノアミン仮説と受容体仮説についてお話していきますが、仮説はこれ以外にもあると考えられており、うつ病発症の原因は未だ完全に解明されていないのが実情です。

 

ただ抗うつ薬の作用機序を説明するときにこれらの仮説を用いるのがわかりやすいので、今回はこの2つについて解説していきます。

モノアミン仮説

うつ病の患者様は脳内の神経伝達物質、セロトニンノルアドレナリンが不足していると言われています。これらを(ドパミンを含めてまとめて)モノアミンといいます。

 

モノアミンが減少することによりやる気がでない、眠れないなどの症状が現れるという考え方をモノアミン仮説といいます。

 

うつ病代表的症状

うつ病の代表的な症状をまとめました。これ以外にも症状がありますし、食欲についても逆に増えて体重が増加する方もいます。

 

次に情報の伝達の仕組みをみていきましょう。

 

神経細胞の末端はシナプスと呼ばれる構造を持ちます。神経細胞同士はくっついておらず、数万分の1mm程度離れており、この隙間をシナプス間隙といいます。

 

そして情報を伝達する側のシナプスを前シナプス、情報を受け取る側のシナプスを後シナプスといいます。前シナプスからモノアミンがシナプス間隙に放出され、それが後シナプスに到達し受容体と結合することで情報が伝達されます。

 

モノアミンは情報の伝達を終えると、前シナプスにあるモノアミントランスポーターにより取り込まれ再利用されます。

 

抗うつ薬は基本的にモノアミンを増やす事で効果を発揮します。ただ服用しても効果が発現するまである程度(数週間)の時間がかかります。

 

なぜ薬によりモノアミンが増えてもすぐに効果が現れないのでしょうか?これはモノアミン仮説だけでは説明がつきません。そこでもう一つの仮説が考えられています。それが受容体仮説です。

受容体仮説

受容体は後シナプスにあるモノアミンのいわゆる受け皿です。モノアミンが減少すると情報がスムーズに伝達されなくなります。

 

そこで後シナプスは少ないモノアミンを確実に捕まえようと受容体の数を増やすという荒業を繰り出します。これをアップレギュレーションといいます。

 

ただこれにより後シナプスが過剰に刺激される事で混乱し、うつ病を発症するという説が受容体仮説です。

 

抗うつ薬の服用を続けることでモノアミンの量が増えると、後シナプスは「これだけモノアミンの量が増えればもう大丈夫だろう」と徐々に受容体の数を減らします。これをダウンレギュレーションといいます。

 

モノアミンが増える事、ダウンレギュレーションが起こる事。この2つにより情報伝達の流れが正常に近い状態になるまでには時間を要します。これが抗うつ薬の作用発現に時間がかかる理由です。

スポンサーリンク

テシプールの作用機序と特徴

 

テシプールはシナプス間隙のノルアドレナリンの量を増やす作用を持っています。それではもう少し具体的にお話していきましょう。

 

前シナプスにはα2アドレナリン受容体が存在します。このα2アドレナリン受容体はノルアドレナリンの放出を制御する働きを持っています。

 

テシプールはこのα2アドレナリン受容体に結合することでその機能を邪魔します。これによりノルアドレナリンの放出が促され、シナプス間隙のノルアドレナリンの量が増えることで情報の伝達がスムーズになり、うつの症状が改善するのです。ノルアドレナリンは意欲を高める作用があります。

 

テシプールはノルアドレナリンの再取り込み阻害ではなく、放出の促進です。同じ四環系抗うつ薬のルジオミールとは作用機序が異なります。

 

テシプールは三環系抗うつ薬よりも即効性があると言われており、1週間以内には効果が現れます。ただし抗うつ作用は三環系抗うつ薬に劣ります。

 

他の受容体にも作用してしまうのは三環系抗うつ薬と同じです。例えばヒスタミンが受容体に結合するのを邪魔する抗ヒスタミン作用。これにより眠気が出現する可能性があります。

 

テシプールはテトラミドには劣るものの比較的眠気の副作用が強く、睡眠薬として用いられることもあります。

 

他にもアセチルコリンが受容体に結合するのを邪魔する抗コリン作用。テシプールは三環系抗うつ薬よりも弱いものの、口渇や便秘、排尿傷害、かすみ目、ふらつきなどが見られる事があります。

 

またテシプールは慢性疼痛に応用される事があります。なんでうつの薬なのに痛みに効くんだろう?』と思われる方もいらっしゃると思います。

 

例えば指を怪我したとしましょう。するとその刺激が神経を伝って脊髄を通り、脳に伝わると私達は『痛い!』と感じるわけです。

 

それとは逆に脳から指先に向かって流れている神経もあります。これを下行性痛覚(疼痛)抑制系といいます。下行性痛覚抑制系は文字通り痛みを抑える作用をもっています。

 

そしてこの下行性痛覚抑制系はセロトニン、ノルアドレナリンにより活性化する事がわかっています。テシプールによりノルアドレナリンが増えると下行性痛覚抑制系が活性化し、痛みを抑える事ができるのです。

 

この作用はSNRIや三環系、四環系の抗うつ薬の多くは持ち合わせていますが、実際適応があるのは僅かです。ちなみにテシプールの適応はうつ病・うつ状態のみであり適応外になります。

テシプールの副作用

 

抗コリン作用による口渇、便秘、目のかすみ、排尿傷害などがありますが、三環系抗うつ薬よりも全体的に軽いです。

 

続いて抗ヒスタミン作用による眠気。これは先ほどお話した通り比較的強いです。

 

またテシプールはα1受容体遮断作用をもつため、血管が拡張することにより起立性低血圧を起こす可能性があります。三環系抗うつ薬よりも弱いものの高齢者等では転倒の危険もあるため注意が必要です。

テシプールの相互作用

 

併用禁忌なのはモノアミンを分解するモノアミン酸化酵素(以下MAO)の働きを邪魔するMAO阻害薬であるエフピー(セレギリン)のみとなっています。※()内は一般名です。

 

テシプールの服用により脳内セロトニンの量が増えます。エフピーによりセロトニンの分解を邪魔してしまうと、脳内のセロトニンの量が異常に増えてしまう事があります。

 

これにより不安な気持ちになったり、イライラしたり、興奮、震え、体が固くなる、発熱、動悸などの症状が現れるセロトニン症候群が出現する可能性があります。お薬手帳は忘れずに医師、薬剤師に見せて下さいね。

テシプールの注意事項

自己判断で中止しないこと

先ほどもお話しましたが、効果発現に時間がかかるのに吐き気などの副作用は早期に出てきます。非常に厄介で、つらいのは十分わかります。ですが吐き気がみられても自己判断で中止をしないで下さいね。

 

ただこの記事をお読み頂いた方はご理解頂けるはずです。効果発現に時間がかかる理由、吐き気などの副作用も他のお薬で症状を軽くする事ができます。自己判断ではなく、必ず医師の指示を仰ぎましょう。

増量した時も悪化したと考えないこと

抗うつ薬は基本少量から開始することで徐々に体を慣らすという意味合いがあります。つまり少量から開始して目立った副作用もなかったため、通常の量にしたとお考え下さい。

医師が止めていいと言うまでは継続して服用すること

これはこの薬に限った話ではありませんが、いきなり中止すると吐き気や下痢、頭痛、不眠、不安などの症状が出てくる可能性があるからです。ちなみにこれを離脱症状といいます。そのため中止するときは徐々に量を減らしていきます。

 

最後にもう一つ注意。実際飲む時に「薬がない!」なんてことがないように余裕を持って定期的に医療機関を受診するようにしましょう。仕事やアルバイトなどで忙しい時などは病院に行くのを忘れてしまう事がありますからね。

 

それではテシプールについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆