病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

リスパダール(リスペリドン)の作用機序と副作用|SDA

%e6%82%a9%e3%82%80%e7%94%b7%e6%80%a7

今回は抗精神病薬のリスパダールについてお話していきます。

スポンサーリンク

リスパダールとは?

 

名前の由来ですが、リスパダール:RISPERDALは一般名のリスペリドン:risperidoneに由来します。

 

リスパダールの作用を簡単に説明すると「ドパミンとセロトニンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善する」となります。

 

それではまず統合失調症についてお話していきましょう。

統合失調症とは?

 

統合失調症とは、妄想や幻覚などの症状が起きてしまう精神疾患です。脳内でうまく情報の伝達・統合ができなくなってしまうために様々な症状が引き起こされてしまいます。

 

情報の統合ができなくなる、つまり統合を失調する病気であるため、統合失調症と言われています。

統合失調症の原因と起こるメカニズム

 

統合失調症の原因と言われているものはいくつか存在していますが、そのどれか一つが原因となることは少なく、多くの場合、様々な原因が複雑に絡み合って発症します。

 

統合失調症の原因となるものは、遺伝や胎児期の障害、脳の萎縮などがありますが、はっきりと断定できるものではありません。さらに、発症しやすくなる性格上の問題や環境からのストレスなど、その原因は千差万別です。

 

実際になぜ発症するのかも、まだはっきりとはわかっていません。ですが、脳内の情報伝達に何らかのトラブルが生じて起きているということは少しずつ判明してきました。

 

脳内の情報伝達物質であるドパミンやセロトニンの過剰分泌、もしくは逆に分泌不足によるものであるとされています。

統合失調症の症状

 

統合失調症の症状は非常に多彩で、そのすべての症状を理解するのは困難です。その中でも代表的な症状は陽性症状と陰性症状とに区別され、それらは脳内伝達物質の分泌量が関与して発生しています。

 

陽性症状とは実際にはないものが存在していると感じる症状、陰性症状とは感情が鈍くなり、意欲が起きなくなってしまうという症状です。

陽性症状

陽性症状の代表が幻覚・妄想です。実際には存在していない感覚を感じてしまうのが幻覚であり、幻覚の中でも代表的なものに幻聴があります。自分を否定する言葉や、監視しているような言葉が頭の中に聞こえてきてしまうというのが一般的な症状です。

 

妄想とは、非現実的なものを実際に起きていると信じ込むことであり、周囲の人が悪口を言っているなどの被害妄想や自分がアイドルであると思い込むなどの誇大妄想があります。陽性症状は主に中脳辺縁系におけるドパミンの過剰が原因と考えられています。

陰性症状

陰性症状は陽性症状から遅れて起きることが多い症状です。感情が鈍くなり行動に対する意欲が低下してしまう症状ですが、陽性症状に比べるとその症状がわかり辛いことにより、病気ではなく社会性がないなどの誤解を生んでしまう側面を持っています。陰性症状は主に中脳皮質系におけるドパミンの低下が原因と考えられています。

 

統合失調症である場合、自分が病気にかかっているという認識ができなくなってしまうことが往々にしてあります。これも統合失調症に特徴的な症状と言えるでしょう。

統合失調症の分類とそれぞれの特徴

 

統合失調症は代表的な分類が3つ存在しています。「破瓜型」「妄想型」「緊張型」の3つが代表的な病型で、そのほかにも「分類不能型」「統合失調症後抑うつ」「残留型」「単純型」が存在していますが、今回は一般的な3つを紹介します。

破瓜型

日本で最も多い病型で、アメリカでは「解体型」とも呼ばれています。十代前半の若い世代を中心に発症し、陰性症状が主症状です。感情が鈍くなっている時と過度に敏感になっている時が混在しており、意思疎通が困難な病型です。

妄想型

幻覚・妄想の陽性症状が主症状の病型で、世界では最も患者数が多い病型です。陰性症状はほぼなく、治療の面では進めやすいと言われています。

緊張型

若い世代で発症しやすい病型です。幻覚や妄想も症状としておきますが、それよりも特徴的なのが、急激な叫び声や暴力などの興奮状態と呼びかけに反応を示さず体を硬くして動かなくなる昏迷状態を呈することです。緊張型は薬の効果が出やすい病型なので、治療は比較的に進めやすいと言われています。

スポンサーリンク

リスパダールの作用機序と特徴

 

先程陽性症状は中脳辺縁系におけるドパミンの過剰が、陰性症状は中脳皮質系におけるドパミンの低下が原因とお話しました。つまりこの状態をなんとかできれば、症状の改善が期待できますよね。

 

リスパダールの作用は主に2つ。ドパミンD2受容体拮抗作用セロトニン5-HT2受容体拮抗作用です。

 

リスパダールがドパミンD2受容体に結合することで、ドパミンが受容体に結合できなくなります。これにより過剰なドパミンの働きが抑えられるため、陽性症状を改善することができます。

 

ただこの作用によりドパミンの働きが弱まってしまうと、アカシジア(じっとしていられない)、振戦(手足のふるえ)、筋固縮(体のこわばり)などの錐体外路症状(EPS:extra pyramidal symptom)乳汁分泌、無月経、射精障害などの高プロラクチン血症が出てしまう可能性があります。

 

この錐体外路症状、高プロラクチン血症を軽減することができるのが、セロトニン5-HT2受容体拮抗作用です。線条体のセロトニン5-HT2受容体を阻害することでドパミンの放出が促される、つまりドパミンの働きが回復することがわかっています。

 

これにより錐体外路症状や高プロラクチン血症の軽減だけでなく、陰性症状にも効果が期待できるのです。ちなみに作用の強さとしては「ドパミンD2受容体拮抗作用<セロトニン5-HT2受容体拮抗作用」となります。

 

リスパダールはドパミン、セロトニンのいずれも阻害することから、セロトニン・ドパミンアンタゴニスト(Serotonin-Dopamine Antagonist SDA)と呼ばれています。

 

リスパダールは統合失調症小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性(リスパダールコンスタ筋注用はなし)に適応があります。高齢者のせん妄にもよく処方されます。

 

剤形は普通錠、OD錠、細粒、内用液、注射薬など様々あり、注射薬は2週間隔で臀部に筋肉内注射します。

リスパダールの副作用

 

まず錐体外路症状。セレネース(ハロペリドール)などの第一世代の抗精神病薬よりは少ないものの、リスパダールも高用量(6mg以上)になると出現しやすくなります。また高プロラクチン血症も第二世代の中ではリスパダールは多く見られる方です。

 

またリスパダールには抗ヒスタミン作用がありますので、眠気の副作用がみられる場合があります。開始用量は添付文書上「1回1mg1日2回」ですが、日中の眠気が強くアドヒアランスの低下がみられる場合は、1日1回就寝前で対応します。

 

他にもリスパダールにはα1受容体遮断作用もあり、起立性低血圧(めまい、ふらつき)が現れる可能性があります。投与初期、増量時は特に注意するようにして下さい。血糖の上昇や脂質異常、体重増加、流涎過多(よだれが多くなる)なども報告されています。

 

稀ではありますが、悪性症候群にも注意が必要です。37.5℃以上の高熱が出る、発汗、手足の震え、身体のこわばり、頻脈、血圧上昇、意識障害、嚥下困難(飲み込みが悪くなる)などの症状が現れた場合は直ちに病院を受診するようにしましょう。

 

眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下がみられる場合があるため、リスパダール服用中は自動車の運転等危険を伴う機械の操作は避ける必要があります。

統合失調症の治療について

 

統合失調症の治療は、基本的に薬物療法が中心になります。ですが、薬物療法のみに頼るのではなく、本人や家族の心理的なケアも併用しなければ、再発率が高くなってしまうことが経験的に判明しています。

 

薬物療法に合わせて精神療法やリハビリテーションを加えることにより、良好な経過となる可能性が高いことが知られています。治療をする上で大切なことは、決して治療を焦らないことです。正しい知識と正しい治療、周囲のケアも含めて総合的に治療していくことが望まれます。

 

統合失調症は精神に変調を起こしてしまう病気であり、自分では気づきにくい病気です。一人で悩まず、違和感を感じたなら周囲と相談してみましょう。

 

それではリスパダールについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆