病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

ノート・デスクトップパソコンを格安で買う方法|激安PC購入

デスクトップパソコンと女性

あなたはパソコンはどこで購入されるつもりですか?

この記事では”ある程度性能のいいパソコンをいかに安く買うか”。

初心者の方向けに私がおすすめする方法、ショップをいくつかご紹介していきたいと思います。

お店に行って買うのは損?

%e6%96%b0%e5%ae%bf%e8%a5%bf%e5%8f%a3%e9%9b%bb%e6%b0%97%e8%a1%972

新製品や値引きが禁止されているような商品は店頭で購入しても特別問題ありません。むしろ故障した時の事を考えるとお店で買う方が何かといいと思います。

 

しかしそれ以外のパソコンであればほぼ確実にネットの方が安く買えます

 

店頭販売されているパソコンは性能が低い割にやたら高いことが多いです。ある程度知識がある方が見ると「え!?この性能でこの値段?」とびっくりするほど。

 

例えば家電量販店の折込広告に載っているパソコンのスペック。今ご自宅にチラシがあるなら引っ張り出してきてぜひ見て下さい。

参考記事:パソコンを購入する前に知っておきたいパーツの知識~CPU、メモリ、HDD、SSDとは?

 

まずCPU。人間で言うと頭脳に相当する部品です。性能がいいほど処理速度が高くなります。チラシに載っているパソコンのCPUを見て下さい。多くがCeleronになっているかと思います。

 

続いてメモリ。机の広さに例えられるパーツで、性能がいいほど同時に複数のアプリケーションを起動することができます。これも2GBのものが結構多くないですか?

 

ここ数年でパソコンの性能は飛躍的に進歩しています。それに伴いアプリケーション側もある程度の性能をパソコン側に求めるようになりました。つまり性能が低いと動作が遅くなるため作業中にストレスを感じますし、余計に時間もかかってしまうのです。

 

以上から、私はただ安いだけのパソコンはオススメしません。

 

同じ作業をするなら(仮にネットサーフィンだけだとしても)絶対にストレスなく短時間でできる方がいいと思っています。

 

だって時間がもったいないじゃないですか。塵も積もれば山となります。パソコンを安く購入できても、お金で買えない時間を無駄にするなんて本末転倒ですよね。

 

私はここ3年でthinkpad t440s、thinkpad yoga12、thinkpad 10(2015版)、surface pro2、ZENBOOK Prime UX31Aなど結構な数のパソコンを実際使用してきました。スペックもCPUはAtom Z2760~Core i7-4600U、メモリも2GB~8GBまで様々です。

 

そこでわかったことですが、CPUはCeleronやAtomも以前より性能は上がってきています。特にAtom x7-Z8700は初期のAtomと比較するとかなり進化しています。

 

ただ残念ながら、まだサクサクとは到底言いがたいです。またメモリについても最低4Gは必要です。2Gはおすすめできません。ちょっとしたことでカクついてしまいます。

 

おそらくこの記事を読んでいるあなたは、ネットサーフィンやWord、Excelをちょっと使う程度の方が多いのではないかと思います。この場合ですとメモリは4Gで問題ありません。

 

では実際どの程度の性能のパソコンを購入するべきか、ですが、

・CPU:core-i3以上(世代が新しいものほど省電力性も良くなっています)
・メモリ:4GB 以上

この2つをチェックするようにして下さい。

 

このスペックですと、先ほどの用途(ネットサーフィン、Word、Excel)ではほぼストレスフリーで使用することができます。

 

また、更に速度を求める方はSSDを搭載したパソコンがおすすめです。

 

SSDとは”SolidState Drive:ソリッドステートドライブ”の略で、簡単に言えばHDD(hard disk drive:ハードディスクドライブ)と比較して、処理速度が非常に早く、耐久性が高いという特徴があります。

 

ぶっちゃけた話、CPUやメモリをアップするよりも、SSDに換装する方が劇的に処理速度が速くなります。初めて体感された人はその速さに驚くと思いますよ!

 

ただSSDへの換装ですが、HDDの速度で気にならないのであればあえてしない方がいいかもしれません。と言いますのもSSDに慣れるとHDDの遅さには耐えられなくなるからです。

 

SSDはメーカーにもよりますが、最安値は128Gで7000円、256Gで12000円程度になります。HDDよりはお値段は張りますが、速度は全然違います。

 

機種によっては購入後にHDDをSSDに換装することもできますので、興味がある方はぜひ挑戦してみて下さいね。

光回線と同時契約でパソコン0円(または大幅値引き)ってお得?

0%e5%86%86

家電量販店に行くと、「光回線に契約することで、特定のパソコンを0円でもらえる(または大幅値引きする)」、というキャンペーンを見かけたことがありませんか?

 

一見すると非常にお得に見えるこのキャンペーン。実は長い目で見ると損になってしまいます。

 

このキャンペーンの契約には不必要なサービスがオプションで付けられていたり、また契約期間に縛りも多く、途中解約の際には違約金が発生してしまいます(小さく書いてあります)。

 

「同時に入れば4万引きます!」なんてさもお得感をアピールしていますが、ネットだとそもそも4万引でそのパソコンが販売されていることもザラなんですよね。

 

光回線などのネット回線の契約は、パソコン購入とは別に行うことで、より大きいキャッシュバックなどの特典を受けられるようになっています。その値引き幅は、パソコンの購入額より大きいケースが多いのです。

 

パソコンの購入とネット回線の契約は同時ではなく、別に行う方が結果的にはお得になります。

 

それでは続いて私がおすすめするショップを紹介していきますが、パソコンにあまりお金を掛けられない方、より費用を抑えたい方には中古パソコンもオススメです。

 

以下の記事では優良中古パソコンショップを徹底比較。ランキング形式で紹介しています。興味のある方はぜひこちらもチェックして下さいね。

 

>>【厳選5店】中古パソコンショップを徹底比較!おすすめランキング

格安でパソコンを購入することができるオススメショップ

 

それでは私のおすすめのショップをご紹介したいと思います。

レノボ(Lenovo)

まずは私も愛用している中国のメーカーLenovo。

Lenovoはマウス不要のトラックポイントを始め、SSDの換装、メモリの増設、バッテリーの交換などが容易です。

また部品も比較的簡単に入手可能なため、ある程度の知識があればとても長く使用できるのも特徴です。

>>詳しくはコチラ

 

マウスコンピュータ

高品質で低価格。そしてBTO(Build to order:受注生産)ショップにもかかわらずサポートも充実のマウスコンピュータ。

>>詳しくはコチラ

 

ドスパラ

ドスパラもマウスコンピューター同様BTOショップになります。非常にコストパフォーマンスが高く、サポートも充実しています。

>>詳しくはコチラ

 

HP(ヒューレット・パッカード)

優れたコストパフォーマンスと手厚い日本語のサポート、そして海外メーカーながら実は国産のHP。新品のパソコンを安く購入したい方は必見です。

>>詳しくはコチラ

 

ASUS Outlet(エイスース アウトレット)

台湾のメーカーのASUSが運営する公式アウトレット。ASUS Outlet(エイスース アウトレット)です。ASUSの商品は元々非常にコストパフォーマンスが高いのですがアウトレットだと更にお得になります。

>>詳しくはコチラ

 

DELL(デル)

続いてのオススメはアメリカのメーカーDELL。DELLもコストパフォーマンスが高い事で有名ですね。

おまけに突発で驚くほどの価格で商品を販売する事もありメルマガ情報も見逃せませんよ。

>>詳細はコチラ

 

富士通 WEB MART

開発から製造まで多くのモデルが日本国内で行われている富士通のパソコン。MADE IN JAPANは安心感があります。

>>詳しくはコチラ

 

東芝ダイレクト

軽量で持ち運びに便利かつ質が高いモデルも多い東芝のノートパソコン。dynabookは代表的で採用されている企業も多いです。

>>詳しくはコチラ

 

>>とにかくパソコンを安く買いたい方は中古パソコンもオススメ

 

こちらの記事もおすすめです

関連記事

中古PCショップおすすめランキングはこちら

中古PCショップおすすめランキングはこちら

サイト内検索