病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

薬剤師で年収4ケタに到達するのは可能?その方法とは?


同じ仕事をするなら年収が高い方がいいですよね。何もこれは薬剤師に限った話ではなく、どの職種でも同じだと思います。

 

今回は薬剤師で年収1000万円が可能かどうかについてお話していきたいと思います。

転職していきなり年収1000万はかなり難しい

 

薬剤師は一般的には給料がいい方だと思いますが、ぶっちゃけた話、転職した時点で年収1000万円というのはかなり厳しいです。

 

「なぜかって?」それは雇う側に経ってみればわかりますよね。

 

いくら履歴書が立派で面接を上手くこなしても、実際に勤めてみないとどんな人間かわかりませんし、よほど不器用な人でもない限り、本性だって少なくとも半年はわかりません。

 

十分な実績そして人間性が求められる上、まずは入職時に700~800万円でスタート。その後の実績次第で1000万円到達という流れが多いでしょう。

 

実際に転職サイトに登録して調べてみるとわかりますが、多くが「MAX1000万円」とか「役職により1000万可能」という書き方をしています。

 

つまり得体の知れない薬剤師にいきなり1000万円ポーンと払ってくれる企業なんてどこにも存在しないということです。

 

ましてや調剤薬局は今でも結構厳しいですが、平成30年の診療報酬改定で確実に大ダメージを喰らうことが多方面から言われています。あとでお話しますが、MR業界も今大変なことになっています。

 

もちろん企業側がこの人間だけは手放したくない、うちの将来に絶対に必要な人間だと思ったら1000万円払ってくれます。

 

年収1000万円への道~僻地の調剤薬局やドラッグストアに勤務する

 

薬学部が6年制になり、更に国家試験の合格率も下がっていることで、薬剤師が全国的に不足しています。

 

言葉は悪いですが、田舎ですと「いくらでもいいから来て欲しい」と思っている経営者も少なくありません。場所によっては年収1000万円も十分可能です。

 

ちなみに病院で1000万円はほぼ不可能です。実際にもらっている人もいますが、それは大病院の生え抜きであることがほとんどです。

 

年収1000万円への道~MR(特に外資系)で営業成績をあげる

 

MRは1000万円に到達することは可能です。もちろん営業成績が悪ければ厳しいですが、それなりの結果を残していけば十分射程圏内です。

 

病院や調剤薬局で勤務する薬剤師が、中途採用でMRに転職することのメリットは多分にあります。

 

1つは年収アップ。もう1つが自身の経験、知識を活かした営業をかけることができるということです。

 

現場の医師や薬剤師がどんな情報を求めているのか、それがわかるのは現場で働いていた薬剤師ならでは。

 

もしMRの転職を考えている方は、新薬が発売された時、「自分ならどのようにアピールして採用してもらうか」を今から考えるクセを付けていきましょう。

 

自分自身が理想とするMR活動を行うことで年収1000万円を目指すのも1つの方法です。

 

ただMRの現状を知っておいて下さい

 

他の転職サイトにはほとんど書かれていないのでぶっちゃけますけど、MRは今後本当に厳しくなりますよ(今も十分厳しいですが)。

 

実は冗談抜きで大手でもバンバンリストラされてます。早期退職当たり前。特に40代以上の高年収の人がターゲットになっています。

 

企業によってはなかなか退職しない人に嫌がらせをしてまで自主退職を促したりしてますからね。

 

なぜかわかりますか?

 

後発品がここまで普及したせいで、企業の売上がガタ落ちなわけですよ。稼ぎ頭の薬の特許が切れてどんどんジェネリック医薬品に切り替わっています。

 

ここ数年、できるだけ取りこぼしを少なくしようと、子会社を作ってそこに後発品を作らせたりしてますけど、ここまで普及してしまったら後の祭り。

 

だから企業は最近、抗がん剤などジェネリック会社では製造が難しい高額な医薬品にシフトしているのです。

 

そこまでの体力がなく新薬も作れない、例えば長期収載品目しかないようなメーカーはこの先かなり厳しいと思っていただいて結構です。

 

なのでただMRになるというだけでなく、どの企業に転職するかが非常に大切になってきます。

 

プライマリの薬はいずれ特許が切れてジェネリック医薬品に切り替わり、売上は激減する。だからそこにお金をかけても生きた投資にはならないんです。回収できませんからね。

 

今すぐどうこうというわけではありませんが、今後は抗がん剤やオーファンドラッグなどをはじめとした専門知識を持った人だけが残るという可能性も十分考えられます。他は「WEB見てね」みたいに。

 

なので年収1000万円で転職できても、その年収をその後もずっと維持できるかというとかなり厳しいという現実は知っておきましょう。

 

特に外資系はハイリスクハイリターンですから、営業成績が良い時は年収も半端ないです。ただ逆はどうなるか…わかりますよね。

 

外資系はドライだということだけは言っておきます(笑)。

 

年収1000万円を達成するための現実的な方法は?

 

いきなり年収1000万円を達成できる案件があればそれがベスト(辞めたい時に辞められるか、何か問題はないかなど十分に調べる必要はあります)。

 

なければ高年収(できれば800万くらい)を提示している求人に、コンサルタントを通して交渉することで1000万円の求人に格上げする。これが一番現実的かもしれません。

 

ただ自力で1000万円の案件を見つけるのは非常に難しいです。

 

そこで活用して欲しいのが転職事情の裏まで知り尽くした薬剤師専用の転職サイト

 

例えばハローワークで年収1000万越えの案件を見つけることはできません。またネットで検索してもそういった案件はほとんどヒットしないようになっています。

 

そうなんです。本当の高年収の案件は転職サイトに登録してはじめて目にすることができるのです(非公開求人といいます)。

 

また、転職サイトに登録することは終わりではなく、あくまでスタート。

 

そこから案件を選び、条件の交渉をはじめ、面接日や出社日の調整などやることは山ほどあります。それを「働きながら」となるとかなり大変ですよね。

 

そこで年収1000万円を実現するために、あなたを全力でサポートしてくれるのが専属のコンサルタントです。

 

「案件を探す」といっても個人でどこまで情報収集できるでしょうか?

 

実は人間関係がひどかった、残業が多かった、休めなかったなど、求人内容と実際の現場の状況が全然違うなんてことは決して珍しくありません。

 

それを知っているのは現場を熟知したコンサルタントだからこそ。百戦錬磨のコンサルタントが交渉することで、単独で交渉するよりも圧倒的有利に進めることができます。

 

仕事で忙しくてもあなたに代わって年収1000万円の案件を作り出すことも可能です。

 

薬剤師転職サイトの登録・利用は無料。転職サイトを正しく活用してぜひ転職を成功させて下さいね。

 

>>これで失敗しない!薬剤師転職サイトの特徴と使い方

 

こちらの記事もおすすめです

関連記事

薬剤師が1番利用している転職サイト

利用者満足度1位!初めての転職にオススメ

時給4000円以上を希望するなら登録必須!