病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

mineo(マイネオ)の特徴・メリット・デメリット・向いている人

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8d%e3%82%aa

mineoは、「eo光」で有名な株式会社ケイ・オプティコムが提供する格安SIMです。mineoと書いて、マイネオと読みます。

mineoの特徴

 

mineoの特徴は、なんといっても、マルチキャリアMVNOであることです。MVNOとはMobile Virtual Network Operatorの略であり、大手キャリアからネット回線を借りて使用し格安SIMを提供している事業者のこと。

 

マルチキャリアMVNOとは、普通のMVNO事業者が単一のキャリアから借りてるのに対して、複数のキャリアから回線を借りている事業者のことを意味しています。具体的にいうと、mineoはau回線とdocomo回線の両方から回線を借りているのです。

 

このことで利用者側にどのようなメリットがあるかというと、auであってもdocomoであっても、手持ちのスマホ端末をSIMロック解除することなく使用することが出来るのです。

 

mineoでは、手持ちのスマホ端末を購入したキャリアにあわせてau回線とdocomo回線のどちらを使用するか選択することができます。

 

このマルチキャリアMVNOという部分が、mineoの最大の特徴となっています。

mineoのメリット

 

mineoは上記のように、au・docomoのどちらからも乗り換えがしやすいほか、様々なメリットがあります。

 

mineoを提供する株式会社がケイ・オプティコムが通常は有料で提供しているIP電話サービス、「LaLa Call」を無料で使用することが出来るようになっています。この「LaLa Call」を使用することで、050の電話番号から音声通話をかけることが可能になっています。

 

また、090から始まる通常の電話番号もMNP(Mobile Number Portability:モバイルナンバーポータビリティ)などで残しておきたい場合のために、デュアルプランと呼ばれる音声通話プランもきちんと用意されています。au回線のプランでは、SMSも無料でついてきます。

 

他にも、スマホだけでなくタブレット端末などにも使用したり、スマホを2台持ちするなど、一人で複数台の端末を使う場合、mineoでは複数回線割という割引を受けることが出来、1つの回線につき50円の割引が適用されます。また家族でmineoを使用すると、1回線あたり50円の割引などが用意されています。

 

他の格安SIMではよく設定されている、最低利用期間や解約金が設定されていないことも大きな魅力です。ただし、1年以内にMNP転出する際には、11500円の手数料がかかる点には注意が必要です。


>>スマホの料金が今よりグッとオトクに!?【格安スマホはmineo】

mineoのデメリット

 

mineoはau・docomoの両方の回線に対応しているなど、充実したサービスを提供していますが、月々の料金は他社の格安SIMと比べると、若干高めに設定されてしまっています。

 

これは前述の各種割引を上手に使うことで解消することが出来ますが、割引に当てはまらない人にとっては少し高く感じられるかもしれません。

mineoに向いてる人

 

家族全員で同じ格安SIMに乗り換えを検討している人などには、家族割引が適用されるmineoがおすすめとなっています。また、現在auやdocomoと契約している人などで、端末をそのまま使用し続けたい人にもおすすめの格安SIMとなっています。

 

また、最低利用期間や解約金が存在しないため、まずはためしに格安SIMを使ってみて、自分に合わなければまた大手キャリアに戻ろう、と考えている人にもmineoは向いています。

 

一方で、とにかく通信費を切り詰めたいと考えている人など、激安プランを探している人には、他社の格安SIMが向いていると言えるでしょう。

まとめ

 

mineoはau・docomoの両方の回線を使用しているマルチキャリアMVNOです。そのため、どちらのキャリアから乗り換える場合も、SIMロック解除を行うことなくスムーズに乗り換えを行うことが出来ます

 

またサービスが充実しており、家族全員での乗り換えを検討している人などにもおすすめの格安SIMとなっています。格安SIMを検討されている方はぜひ参考にしてみて下さいね。

>>ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

 

こちらの記事もおすすめです

関連記事