病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

クラリチン(ロラタジン)の作用機序と副作用|レディタブとは?

kayui

今回は抗アレルギー剤であり、第二世代抗ヒスタミン剤のクラリチンについてお話します。

スポンサーリンク

クラリチンとは?

 

まずは名前の由来からいきますね。英語でclearの名詞形は「clarity」。ここからCLARITIN:クラリチンと命名されました。さてclarityの意味ですが、明快、清澄(せいちょう)になります。清澄は”澄みきっていて清らかな事”を意味します。まさにクラリチン服用後の状態を表していると言えるでしょう。一般名はロラタジンになります。

 

クラリチンの作用を簡単にお話すると『アレルギーの原因となる化学伝達物質ヒスタミンがヒスタミン受容体に結合するのを抑えるとともに、他の化学伝達物質の放出も抑え、症状を改善する』となります。

 

それではまずアレルギー反応が起こるしくみについてお話していきましょう。

アレルギーのメカニズムとは?

 

それではまず感作について説明していきますね。感作とは『ある抗原に対して敏感になること』です。アレルギーの前段階と捉えればわかりやすいかもしれません。アレルギー反応はいきなりは起きないのです。

 

まずアレルギーの原因となる異物(抗原)が体の中に入ります。すると免疫細胞と呼ばれる部分が次に同じ抗原が入ってきた時に対抗できるよう、IgE抗体と呼ばれるタンパク質を作ります。

 

その後IgE抗体は肥満細胞と呼ばれる部分に結合し、抗原が来るのを今か今かと待ち構えています。これが感作と呼ばれる状態です。

 

そして再び抗原が体の中に入ってきた時にIgE抗体が抗原をキャッチします。これを抗原抗体反応といいます。すると肥満細胞が刺激され、ヒスタミンやロイコトリエン、トロンボキサンA2、プロスタグランジンなどの化学伝達物質(ケミカルメディエーター)が放出されるのです。

 

ヒスタミンは体の中の様々な場所に存在するヒスタミン受容体に結合します。神経線維の一つであるC線維にあるヒスタミンH1受容体(以下H1受容体)に結合するとC線維が興奮し、それが脳に伝わるとかゆみとして認識されます。

 

またヒスタミンは知覚神経のH1受容体にも結合します。すると知覚神経が興奮し、その興奮が脳に伝わるとくしゃみ中枢が刺激されくしゃみが出ます。またその興奮が分泌中枢に到達すると鼻腺が刺激され、鼻水が出るのです。

 

更に血管内皮細胞(血管の一番内側の細胞)にあるH1受容体に結合すると血管内皮細胞が収縮し、敷き詰められていた細胞と細胞の間に隙間ができます。すると血漿成分が漏出(血管透過性の亢進)し浮腫(むくみ)や蕁麻疹を、また漏出した成分が貯まると鼻詰まりを引き起こします。

 

ロイコトリエンも鼻の粘膜の血管透過性を亢進させるため、鼻の粘膜が腫れて鼻詰まりの原因となります。

スポンサーリンク

クラリチンの作用機序とレディタブについて

 

クラリチンはH1受容体に結合することで、ヒスタミンがH1受容体に結合するのを邪魔します。また肥満細胞から化学伝達物質の放出を抑える作用も持っています。これらの作用により鼻水や蕁麻疹などのアレルギー症状が抑えられるんですね。

 

また剤形の方ですが、錠、レディタブ、ドライシロップが販売されています。錠剤、レディタブは7歳以上に適応があり、ドライシロップは3歳から処方することが可能です。

 

ちなみにレディタブとは”口腔内速溶錠”を意味します。英語でrapidly disintegrating tablets。各単語の先頭を抜き出し、つなぎ合わせてレディタブ(RediTabs)と命名されています。

 

名前の通り口に入れると速攻で溶けます(笑)。ただ口腔粘膜からは吸収されませんので、きちんと飲み込むのを忘れないようにしましょう。クラリチンは1日1回タイプのお薬です。

クラリチンの副作用

 

まずは眠気。ただクラリチンは抗ヒスタミン薬の中でも非常に少ないです。その理由について簡単にお話しますね。

 

脳には有害物質が簡単に入らないよう、血液脳関門(blood brain barrier、略してBBB)という血液と脳の間に関所のようなものが存在します。血液脳関門を通過しやすい条件の一つとして脂溶性である事が挙げられます。

 

クラリチンは水溶性であるため、第二世代の抗ヒスタミン剤の中でも、最もBBBを通過しない薬の一つとされています。そのため眠気は少ないという特徴があり、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に関する記載も添付文書にありません。

 

これがないのはアレグラディレグラ、クラリチンだけです。ただ抗ヒスタミン剤の効果・副作用については非常に個人差が大きいため、眠気が出る方もいますので注意は必要です。

 

次に口渇などの抗コリン作用。第二世代のクラリチンは第一世代よりもH1受容体に選択的に結合しますので、抗コリン作用が弱いという特徴があります。そのため緑内障や前立腺肥大症には禁忌ではありません。

 

しかしこれについても一部はアセチルコリン受容体に結合してしまいますので、ゼロではありません。

 

他に肝機能障害が見られる場合もあります。食欲が落ちたり、体がだるくなったり、黄疸などが出現した場合は医療機関に受診するようにして下さい。

 

それではクラリチンについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆