今回は漢方薬の桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)について解説します。

桂枝加芍薬湯の名前の由来

 

桂枝湯に含まれる生薬である芍薬を増量した(加えた)漢方薬ということで、桂枝加芍薬湯と命名されています。

桂枝加芍薬湯の作用機序と特徴

 

桂枝加芍薬湯は腹痛・しぶり腹に用いられている漢方薬で、含まれている生薬は芍薬(シャクヤク)、桂皮(ケイヒ)、大棗(タイソウ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)です。

 

ちなみに、しぶり腹とは便意があっても排便がない、もしくは少量しか排便されず、何度も便意が起きてしまう状態を指します。便秘や大腸の炎症が原因として挙げられます。

 

東洋医学では漢方薬の適応を判断するため、個別の患者の状態を判断する「証」という概念を用います。

関連記事漢方薬の処方の基本~証、陰陽、虚実、気血水とは?

 

桂枝加芍薬湯に適応のある証は、虚証・寒証・気虚であり、体力が低下して虚弱となり、気分が落ち込んで体が冷えるタイプの人に向いている漢方薬です。

 

添付文書には以下のように記載されています。

効能又は効果
腹部膨満感のある次の諸症しぶり腹、腹痛

用法及び用量
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

ツムラ桂枝加芍薬湯エキス顆粒(医療用)の添付文書より引用

 

漢方薬の科学的な薬理作用は解明されていない場合が多く、桂枝加芍薬湯も例外ではありません。そのため、その効果は含まれている生薬から考察していく必要があります。

 

桂枝加芍薬湯は、筋肉のけいれん・緊張を改善する芍薬甘草湯に、大棗・桂枝・生姜を加えられた方剤です。もしくは、慢性的な体力低下による症状を改善する桂枝湯に対して、芍薬を増量した方剤とも見ることができます。

 

芍薬・甘草は筋肉へのカリウム流入をコントロールして筋肉の急激な引きつりを緩和し、痛みを和らげる作用を持っています。大棗も同様の効果を持ち、筋緊張の緩和効果を際立たせる役割を担っています。

 

また、桂枝・生姜は血行を促進して体を温め、寒によって起きる症状を改善する作用を持ちます。これらが合わさることで、内臓のけいれん・緊張を改善して腹痛を改善するのです。

 

腹部のハリに対しても適応があり、ガス・おならがたまって腹部に痛みが出ている場合には改善が期待できます。

 

桂枝加芍薬湯は、四物湯と合わせて精神科領域で用いられることがある方剤です。

 

双方ともに神経症などへの適応はありませんが、併用することで自律神経のバランスを整え、胃腸におけるセロトニン代謝を改善することにより、不安神経症に対して効果を発揮していると考えられます。

 

特に、PTSDによるフラッシュバックの治療に対して有効性が報告されています。

スポンサーリンク

桂枝加芍薬湯の副作用

 

桂枝加芍薬湯では副作用の発現頻度が明確になる調査を行っていないため、その詳しい発生頻度は不明です。重大な副作用としては甘草に由来するものが報告されており、使用する際にはその兆候となる症状に注意が必要です。

 

低カリウム血症や血圧の上昇、浮腫を引き起こしてしまう偽アルドステロン症、前述の低カリウム血症の結果として筋肉の動きに悪影響を与えてしまうミオパチーの発生が報告されています。それらの可能性がある場合には、服用の中止やカリウム剤の投与などの適切な処置が必要になります。

ミオパチー:ここでは難病である先天性ミオパチーではなく、薬剤性ミオパチーを指しています。薬剤性ミオパチーは何らかの医薬品の影響で筋肉が痩せていき、力が入りにくいという自覚症状を伴います。服用を中止することで改善することが可能です。

 

その他の副作用として、発疹・発赤や掻痒感などの過敏症状が報告されています。服用中にこれらの症状が現れた場合は、かかりつけの医師、薬剤師に伝えるようにして下さい。

桂枝加芍薬湯の飲み方と注意事項

 

桂枝加芍薬湯は1日2~3回に分けて空腹時に服用するのが効果的です。もし服用を忘れて食事をしてしまった場合には、効果は減弱してしまう可能性はありますが、気づいた時点で服用しても構いません。

 

より効果的に服薬するためには、漢方薬本来の姿である液剤とするのが効果的だとされています。あまりに熱いお湯では薬効成分が揮発する場合もあるため、約60℃程度のぬるま湯での服用がオススメです。

 

有効成分の重複には注意を要するものがあり、甘草を含む漢方薬の併用には注意しなければいけません。

 

前述している甘草による副作用が発現してしまう可能性があるため、甘草を含有している漢方薬はもちろん、甘草の有効成分として含有されているグリチルリチン酸を使用している医薬品も同様に注意する必要があり、併用注意となっています。

 

妊娠中の使用に関しては、「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与」と添付文書には記載されています。

 

ただし、便が緩いにも関わらず便秘となっている場合には、桂枝加芍薬湯の適応となる場合もあります。自己判断ではなく、状態に応じて医師の判断により使用するのであれば、危険性は低いと考えられます。

 

それでは桂枝加芍薬湯については以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。