今回は漢方薬の桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)について解説します。

桂枝加竜骨牡蛎湯の名前の由来

 

桂枝湯に竜骨と牡蛎の二味の生薬を加味したものであり、処方名はこのことを簡略化して桂枝加竜骨牡蛎湯と命名されています。

桂枝加竜骨牡蛎湯の作用機序と特徴

 

桂枝加竜骨牡蛎湯は精神的な疲労による不眠やイライラ感、うつ状態に対して用いられる漢方薬で、含まれている生薬は桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、大棗(タイソウ)、牡蛎(ボレイ)、竜骨(リュウコツ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)です。

 

東洋医学では漢方薬の適応を判断するため、個別の患者の状態を判断する「証」という概念を用います。桂枝加竜骨牡蛎湯に適応がある証は虚証・気逆であり、体力が低下していて疲れやすく、のぼせやイライラ感が強いタイプの人に向いている漢方薬です。

関連記事漢方薬の処方の基本~証、陰陽、虚実、気血水とは?

 

 

この気逆となる状態というのは、上半身に気が集まってめぐりが悪くなってしまっている状態をいい、のぼせやすくイライラが募り、過度の発汗や動悸を起こす状態を指すために、パニック障害を起こしている人にも適応となりやすい状態です。

 

パニック障害の中でも、特に予兆不安が大きく精神衰弱しやすい人であれば、服用によって改善が期待できるでしょう。

 

添付文書には以下のように記載されています。

効能又は効果
下腹直腹筋に緊張のある比較的体力の衰えているものの次の諸症:
小児夜尿症、神経衰弱、性的神経衰弱、遺精、陰萎

用法及び用量
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

ツムラ桂枝加竜骨牡蛎湯エキス顆粒(医療用)の添付文書より引用

 

漢方薬は科学的な作用機序が判明していないものが多く、桂枝加竜骨牡蛎湯も例外ではありません。そのため、含まれている生薬の働きから、その作用機序を考えていく必要があります。

 

まず、桂枝加竜骨牡蛎湯は、冒頭でお話した通り、桂枝湯に竜骨と牡蛎を加えた漢方薬です。桂枝湯は体力が低下している人に対して用いられ、穏やかに補益する効果を中心にして、体を温めて消化機能を改善させる漢方薬です。

 

そこに精神安定効果が顕著な作用である竜骨と牡蛎を加えることで、精神的なストレスの緩和効果を発揮することとなり、上半身に滞った気のめぐりを改善します。

 

竜骨と牡蛎の効果は、神経の過剰な興奮を抑制することによって発揮されるため、不眠やイライラのみならず、小児の夜尿症にも効果を発揮します。

 

全例で効果があるわけではありませんが、ストレスなどの精神的な要因を含む男性機能低下症(ED)に対しても、一定の効果が期待できる漢方薬です。

スポンサーリンク

桂枝加竜骨牡蛎湯の副作用

 

桂枝加竜骨牡蛎湯では副作用の発現頻度が明確になる調査を行っていないため、その詳しい発生頻度は不明です。重大な副作用としては甘草に由来するものが報告されており、使用する際にはその兆候となる症状に注意が必要です。

 

低カリウム血症や血圧の上昇、浮腫を引き起こしてしまう偽アルドステロン症、前述の低カリウム血症の結果として筋肉の動きに悪影響を与えてしまうミオパチーの発生が報告されています。それらの可能性がある場合には、服用の中止やカリウム剤の投与などの適切な処置が必要になります。

 

その他の副作用として、皮疹や掻痒感などの過敏症状の報告があります。服用中にこれらの症状が現れた場合は、かかりつけの医師、薬剤師に伝えるようにして下さい。

桂枝加竜骨牡蛎湯の飲み方と注意事項

 

桂枝加竜骨牡蛎湯は1日2~3回に分けて空腹時に服用するのが効果的です。もし服用を忘れて食事をしてしまった場合には、効果は減弱してしまう可能性はありますが気づいた時点で服用しても大丈夫です。

 

桂枝加竜骨牡蛎湯は生薬をお湯に煮出して服用するタイプの薬でしたが、使い勝手を考慮した結果として煮出した薬液を加工し、散剤としたものです。そのため服用する時には元の形に戻した方が効果的だと言われています。

 

あまりに熱いお湯では、薬効成分が揮発してしまうため、約60℃程度のぬるま湯で溶かして服用するのがよいでしょう。

 

有効成分の重複には注意を要するものがあり、甘草を含む漢方薬の併用には注意しなければいけません。甘草の有効成分として含有されているグリチルリチン酸を使用している医薬品も同様に注意する必要があり、併用注意となっています。

 

添付文書では妊娠中の服用は有益性が危険性を上回る場合のみに使用することとなっていますが、妊娠中の不安感や神経興奮、悪夢などに用いられることがある漢方薬です。

 

胎児に悪影響を及ぼす可能性がある生薬も配合されていないため、医師の判断のもとで使用すれば安全性が高いものだといえるでしょう。

 

それでは桂枝加竜骨牡蛎湯については以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。