病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

加味逍遥散の作用機序と特徴、副作用


今回は漢方薬の加味逍遙散について解説していきます。

スポンサーリンク

加味逍遙散の名前の由来

 

まず名前の由来ですが、基本処方である逍遙散に、生薬の牡丹皮と山梔子を加えた(加味)したということで、逍遙散と加味を組み合わせて加味逍遙散と命名されています。

加味逍遥散の作用機序と特徴

 

加味逍遥散は女性に特有の病に対して多く使用されている漢方薬で、含まれている生薬は柴胡(サイコ)、芍薬(シャクヤク)、蒼朮(ソウジュツ)、当帰(トウキ)、茯苓(ブクリョウ)、山梔子(サンシシ)、牡丹皮(ボタンピ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)、薄荷(ハッカ)です。

 

本来であれば白朮が使用されている漢方薬ですが、一般的に販売されている漢方薬では白朮の代わりに蒼朮が配合されている例が多くなっています。ツムラの製品も蒼朮が配合されています。

 

漢方薬の適切な使用は、東洋医学の考え方で人体の状態を現す「証」により判断されます。加味逍遥散の証は虚証で、体力が低下して虚弱であり、冷え性で寒がりの人に効果的です。

関連記事漢方薬の処方の基本~証、陰陽、虚実、気血水とは?

 

添付文書には以下のように記載されています。

効能又は効果

体質虚弱な婦人で肩がこり、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状、ときに便秘の傾向のある次の諸症
冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症

用法及び用量

通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

ツムラ加味逍遙散エキス顆粒(医療用)の添付文書より引用

 

加味逍遥散は気と血の流れを整える効果により、月経不順や更年期障害などの女性特有の病に効果を発揮すると言われています。柴胡にはストレスを抑える働きがあり、当帰や牡丹皮によって血流の循環が確保され、芍薬では筋緊張における体のこわばりや不調を抑えてくれます。

 

薬理学的に研究されている効果は、エストロゲン様作用です。イソフラボンなどでも確認されている作用であり、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと同様の作用を発揮していることが判明しています。これにより更年期障害の症状を軽減し、月経周期などのバランスを整える効果を発揮するのです。

スポンサーリンク

加味逍遥散の副作用

 

加味逍遥散では副作用が明確になる調査は行われていません。そのため、その発現頻度に関するデータも存在しておらず、どのくらいの頻度で起こるのかが不明です。重篤な副作用の報告もあるため、服用時にはその前駆症状に注意しなければいけません。

 

重大な副作用として報告されているものは、まずは甘草に由来しているものです。

 

低カリウム血症や血圧の上昇、浮腫を引き起こしてしまう偽アルドステロン症や、前述の低カリウム血症の結果として筋肉の動きに悪影響を与えてしまうミオパチー、検査値異常や黄疸を引き起こしてしまう肝機能障害の発生が報告されています。

 

それらの可能性がある場合には、服用の中止やカリウム剤の投与などの適切な処置が必要になります。

 

長期間の服薬により、腸管膜静脈硬化症が発生するという報告が存在しています。この重大な副作用は山梔子を含有している漢方薬に多く報告されているもので、下痢・便秘・腹痛などを繰り返す初期症状や便潜血によってその発症を判断します。

 

腸管切除術が必要になった症例も報告されているため、もし発症が疑われる症状が出た場合にはすぐに服薬を中止し、適切な処置を行うことが求められます。

 

その他の副作用として、発疹・発赤・掻痒などの過敏症、食欲不振・胃部不快感・悪心・嘔吐・腹痛・下痢などの消化器症状の報告があります。

腸管膜静脈硬化症:大腸壁から腸管膜の間にある静脈に石灰化の症状が起こり、血流不全によって大腸に炎症を起こしてしまう副作用。山梔子に含まれているゲニポシドが腸内細菌によって分解され、その分解物質が吸収される際に炎症を起こしていると考えられている。一般的には山梔子によるものが多く報告されているが、漢方薬の服用に起因しない発症の報告例も少数ながら存在する。

加味逍遥散の飲み方と注意事項

 

加味逍遥散は最初から粉の形状の薬です。そのため、漢方薬でよく言われているお湯に溶かして服用するということをする必要がありません。

 

甘草を含有している漢方薬ですので、その重複に注意して服用する必要があります。漢方薬の併用などにより過量に甘草を摂取してしまうことで、前項で紹介している重大な副作用が誘発されやすくなってしまう可能性があるため、注意が必要です。

 

加味逍遥散は妊娠している方にとっては服用を避けた方がよい漢方薬です。含有されている生薬、牡丹皮が流早産を誘発する可能性があるため、一般的には妊娠が判明した場合には服薬を中止するべきでしょう。

 

ただし、大量に服用しなければ危険性は低いため、医師と相談して服用の可否を判断してください。くれぐれも自己判断での服用は控えるようにして下さいね。

 

それでは加味逍遙散については以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

失敗しない薬剤師転職サイトの選び方はコチラ

失敗しない薬剤師転職サイトの選び方はコチラ

サイト内検索

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆