病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

格安SIMのデメリット・できないこと

%e3%83%87%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88

とにかく安くてお得な格安SIMですが、決して良いことばかりではありません。既存の大手キャリアとの契約に比べて、デメリットもあります。

そうしたデメリットも十分に把握した上で、格安SIMの契約を検討するようにしてみて下さい。

スポンサーリンク

キャリアメールを使用出来なくなる

 

キャリアメールとは、@のあとに「ezweb.ne.jp」「i.softbank.jp」「docomo.ne.jp」がついている、大手キャリア独自のメールサービスのことです。

 

gmailなどのフリーメールと比べて、基本的に一つの端末につき一つのアドレスしか取得することが出来ないため、キャリアメールはより信頼性が高いとされています。

 

ごく一部のサービスでは、会員登録などにこのキャリアメールでの登録を必須としているサービスもあるため、注意が必要です。ちなみに、その代表的な例がLINEです。

 

ID検索などの機能を開放するためには、年齢認証を行う必要があるのですが、この年齢確認は大手キャリアと契約していなければ出来ない仕組みになっているのです。

 

ただ、事前に年齢確認済のIDを引き継げば、格安SIMでも引き続き使用することが出来るため、大きな問題ではありません。

SIMカードのサイズが対応していない場合がある

 

SIMカードには、標準SIM、micro-SIM、nano-SIMという3つのサイズのSIMがあります。

 

問題は、自分が所持している携帯端末と、事業者が提供しているSIMのサイズが合わないケースがあることです。

 

格安SIMを提供するMVNO事業者の中には、nano-SIMなどを提供していない会社もあるため、事前にきちんと確認しておく必要があります。※格安SIMを提供している事業者のことを、MVNO事業者といいます。MVNO事業者は、大手キャリアの回線をそのまま使用する形で、格安SIMのサービスを提供しています。

 

また、秋葉原などでは、SIMの大きさを物理的に切断して調整するSIMカッターなるものが売られていますが、使用しないように気をつけて下さい!何故なら、SIMカードは契約終了時に返却をする必要があるためです。

 

既に端末を持っている場合は、利用する予定の格安SIMのサイズが自分の手持ちの端末と合致しているかどうか、必ず確認して下さいね。合致しない場合、格安SIMを使用することが出来ない場合もある、というのはデメリットの一つです。

スポンサーリンク

速度制限がある

 

最近は大手キャリアにも設定されていることが多いのですが、とくに格安SIMには、月の通信料の上限に達した場合、速度制限があります。

 

格安SIMは、データ通信量の上限が月1GBに設定されているなど、容量が低く設定されていることが多くなっています。

 

そのため、意識せずに使い続けているとすぐに通信料の上限に達してしまう可能性があります。その場合速度制限が適用され、極端に遅い速度でしかネットが出来なくなってしまいます。

 

ちなみに、この速度制限に関しては、追加料金を支払うことで解除することが出来るようになっています。速度制限に達してしまい、どうしてもネットをする必要がある場合は、この追加料金を支払うことで解除することが可能です。

 

また、格安SIMでも、ある程度の月額料金を支払うことで、月の使用料をあらかじめ大きくしておくことももちろん可能となっています。

まとめ

 

格安SIMのデメリットとして、キャリアメールが使用出来なくなる他、SIMカードのサイズが適合しないケースがあったり、場合によっては速度制限にすぐにかかってしまう場合もあります。

 

こうしたケースを想定しつつ、とくに気にならないのであれば、格安SIMの契約は非常に魅力的な選択肢になってきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事