病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

格安SIMと大手キャリア(au・SoftBank・docomo)の違いとは?

%e3%83%89%e3%82%b3%e3%83%a2%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97

格安SIMは、au・SoftBank・docomoなどの大手キャリアが提供するサービスとは異なるサービスです。

そんな格安SIMですが、大手キャリアのサービスとどういう点が異なるのか、気になるという人も多いと思います。

今回はその違いについて、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

通信料金が安い

 

携帯電話各社の料金プランは現在、一定の金額で下げ止まっています。その隙をつくような形で、格安SIMは支持を受けています。

 

実際、携帯電話大手キャリアのau・SoftBank・docomoの通信料金は、個人差はありますが、およそ月平均7000円程度とされています。この通信料金には、音声通話の代金など、様々な料金がセットで含まれています。

 

しかし、格安SIMでは、多種多様な用途に合わせた様々な種類のプランが提供されており、安いプランだと月額1000円から使用出来るプランなども用意されています。

 

この安さが、格安SIMが格安と呼ばれている所以(ゆえん)です。

サービス品質の違い

 

格安SIMと大手キャリアは、実は回線網は全く同じものを使用しています。これは、格安SIMを提供するMVNO事業者が大手キャリアの回線を借りる形で事業を行っているためです。

 

そのため、大手キャリアの回線が使用出来る範囲であれば、格安SIMも同じように使用することが出来ます。使用出来るエリアが狭くなる、繋がりにくくなる、といった問題が起きることはありません。

 

ただ一方で、格安SIMの多くは、大手キャリアのように実店舗を持っていませんそのため、何かトラブルがあったときなど、気軽に対面での相談を行うことは少し難しくなっています。

 

格安SIMでは、問い合わせなどにはメールや電話を使用することになります。また、大手キャリアが独自に提供している保障サービスやキャリアメール(~@docomo.ne.jp、~@ezweb.ne.jp、~@softbank.ne.jp」などを使用することは出来ません。

 

そうしたサービスの違いが、格安SIMの価格に反映されています。そのため、大手キャリアの手厚いサポートにあまり価値を見出していない人にとっては、格安SIMは魅力的な選択肢になってきます。

スポンサーリンク

通話プランの無料部分の有無

 

大手キャリアの契約プランには、通話料金に関して一定の無料部分が設定されています。この範囲内の使用であれば、追加の通話料金が発生しないといった契約になっています。一方で、格安SIMの大半では、こうした通話料金の無料部分はついていません。

 

基本的に、大手キャリアの契約プランは無料部分も含めて、通話がお得になるように設定されています。一方で、格安SIMでは通話料金は割高に設定されていることが多くなっています。

 

LINEなどネット回線を利用した電話アプリではなく、電話回線を使用した通話を多くする人にとっては、大手キャリアの方が向いているかもしれません。

まとめ

 

格安SIMと大手キャリアの違いとして、まず挙げられるのは価格の違いです。

 

格安SIMが圧倒的に安くなっている一方で、大手キャリア独自の保障やキャリアメールなどのサービスを受けることは出来ず、実店舗でのサポートもありません。また、通話料金は総じて格安SIMの方が大手キャリアよりも高くなる傾向にあります。

 

こうした格安SIMの特徴や大手キャリアとの違いを踏まえた上で、ぜひ契約を検討してみて下さい。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事