病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

格安SIM購入のしかた・開通までの流れ

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%82%92%e6%8c%81%e3%81%a4%e7%ac%91%e9%a1%94%e3%81%aa%e5%a5%b3%e6%80%a7

格安SIMには、大きく分けて3つの購入方法があります。また、購入方法などによっても、利用開始までの流れが多少異なります。

ここでは、そんな格安SIMの購入方法の違いと開通までの流れを解説しています。まずは、そうした一連の流れを簡単に把握して、格安SIM導入のイメージを掴んでみてくださいね。

スポンサーリンク

格安SIMを店頭で契約する

 

格安SIMの購入方法としては、まず小売店や家電量販店などの店頭契約という方法があります。例えばヨドバシカメラやビックカメラなどで購入し、その場で契約を済ませてしまうという方法です。

 

手続きに必要な時間はおよそ30分程度です。この購入方法のメリットは、購入後すぐに使い始められることです。家にネット回線がない人などは、この方法を選ぶと良いでしょう。

格安SIMを店頭で購入後、自分でネット契約する

 

次に、店頭で格安SIMのSIMカードのみを購入して持ち帰り、契約自体はネット経由で自分で行うという購入方法です。

 

購入したSIMカードには丁寧な説明書がついているため、その通りに操作すればごく短時間で済ますことが出来ます。

 

店頭で無駄な待ち時間を過ごす必要がなく、かつすぐに使い始められる点がメリットとなっています。

格安SIMをネットで購入し、ネット契約する

 

最後に、ネットで購入から契約まで全ての手続を行う方法です。

 

外出せずとも、格安SIM開通に必要な手続きは全てネット上で行うことが可能なため、忙しい人にはおすすめの方法です。

 

また、ネットで契約を吟味することで、より安く自分に合ったプランを見つけやすいのも、この購入方法の魅力の一つです。

 

一方で、SIMカードが届くまでに2、3日程度かかってしまうため、今すぐ格安SIMを使用したいという人には向いていないかもしれません。

 

便利なので、最近は全てネットで契約をする人が多くなっています。

スポンサーリンク

開通までの流れ

 

前述のように、格安SIM開通までの期間や流れは、購入方法によって多少分かれてきます。

 

その他に開通までの流れが変わる要素として、MNP契約を引き継ぐかどうか、という問題があります。その場合、少し開通までの流れが変わってくるのです。

 

まずMNP予約番号を入手し、格安SIMを提供している事業者に申し込み登録を行います。

 

回線切替後にSIMカードが郵送されてくるまで一週間程度待つ必要があり、その間はその電話番号を使用することが出来ないため、注意が必要です。

 

また、最近では、この開通までの期間を短縮し、即日MNP可能をうたう事業者も増えているため、そうした事業者を検討するのも良いかもしれませんね。

まとめ

 

格安SIMには店頭契約、店頭購入後ネット契約、ネットで購入・契約、という3つの購入方法があります。店頭で契約する場合や、店頭で購入後ネット契約を行う場合は、即日開通することも可能です。

 

一方で、ネットで購入・契約する場合は開通まで2~3日間の期間を必要としますが、じっくり各社のプランを見比べることが出来るといったメリットもあります。またMNPにより番号を引き継ぐ際には、更に開通までの期間が変わってくるため、注意が必要です。

 

格安SIM開通までの流れは、以上のようなものです。思ったより簡単じゃないかと思われたのではないでしょうか?

 

実際、すごく簡単です。

 

なんとなく面倒臭そう、と思われている方も、この流れを知って、ぜひ実際に格安SIM導入を検討してみて下さい。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事