病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

ガナトン(イトプリド)の作用機序と副作用|消化管機能改善薬

胃痛

今回は消化管運動機能改善剤のガナトンについてお話していきます。

スポンサーリンク

ガナトンとは?

 

まずは名前の由来から。『自然な胃の運動』は英語で『Gastromotility of naturaltone』それぞれの頭文字『Ga』、『na』、『ton』と抜き出し、組み合わせて『Ganaton:ガナトン』と命名されました。一般名はイトプリドです。

 

ガナトンの作用を短く説明すると『胃腸の運動を活発にすることで、胃の内容物をスムーズに腸へ運び出す』となります。

機能性ディスペプシアについて

 

機能性ディスペプシアは英語でfunctional- dyspepsiaと書きます。略してFDです。FDは胃のもたれや痛みが慢性的に続いているにも関わらず、病院を受診して内視鏡検査などで精査しても特別問題がない。つまり消化性潰瘍や胃がんなどの病気が見つからない病気のことを言います。

 

逆に言うと消化性潰瘍や胃がんを否定しなければ処方できない薬という事になります。そのため内視鏡などの検査が必須となります。

 

FDの原因は未だ完全に解明されてはいませんが症状との関係は以下のように考えられています。

 

胃は食道から届いた食物を一時的に貯めこむために、胃の上部を膨らませるという事を行います。これを適応性弛緩といい、これにより食物が一気に十二指腸に流れ込まないようにしているのです。

 

ただ何らかの原因で胃が膨らまず、食物を通常よりも貯めることができなくなり、すぐにお腹いっぱいになってしまう早期満腹感

 

同じく胃の運動機能が低下し、胃から腸へ食物が移動する時間が通常よりもかかることで長時間食物が胃に残ってしまうことによる胃もたれ(食後の膨満感)

 

また胃酸に対する刺激に反応しやすい状態になることを知覚過敏といいます。知覚過敏によりみぞおちの痛み(心窩部痛)や焼けるような感じ(灼熱感)などが現れます。

 

他にもストレスやヘリコバクター・ピロリ菌の感染、遺伝的要因など様々なものが原因となります。以前神経性胃炎や慢性胃炎と診断されていた患者様の多くは実はFDだったということがしばしばあります。

スポンサーリンク

ガナトンの作用機序と特徴

 

FDの原因の一つに胃の運動機能が低下がありましたね。そもそもなぜ胃の運動機能が低下するのか。それはアセチルコリン(以下Ach)と呼ばれる物質が少なくなるからです。

 

Achは副交感神経の終末から放出される神経伝達物質の一つであり、胃の平滑筋にあるムスカリン受容体に結合すると平滑筋が収縮して胃の運動が起こるのです。

 

消化管のコリン作動性神経にはドパミンD2受容体があります。そこにドパミンが結合するとAchの放出が抑えられてしまいます。またAchはアセチルコリンエステラーゼ(以下AChE)と呼ばれる酵素により分解されてしまいます。

 

そこでガナトンの登場です。

 

ガナトンはドパミンD2受容体に結合し、ドパミンがドパミンD2受容体に結合するのを邪魔します。またAChEに結合しその働きを失わせる作用を持ちます。

 

この2つの作用によりAchの量が増えますので、胃の運動機能の改善が期待できるのです。胃が食物を貯めることができるようになり、また食物を腸へスムーズに運べるようになります。

ガナトンの副作用

 

下痢、腹痛、便秘などが見られることがあります。重大な副作用としては肝機能障害があります。発熱や吐き気、食欲不振、黄疸、体がだるいなどの症状が現れた場合は医療機関を受診するようにして下さい。

 

それではガナトンについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆