病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

ノウリアスト(イストラデフェリン)の作用機序と副作用

パーキンソン振戦

今回はパーキンソン病治療薬のノウリアストについてお話していきます。

スポンサーリンク

ノウリアストとは?

 

それではまず名前の由来からいきましょう。NOURIAST:ノウリアストの名前の由来は、Nourishment(滋養)とAssist(援助する)とを組み合わせて命名したそうです。一般名はイストラデフィリンになります。

 

ノウリアストの効能は、レボドパ含有製剤で治療中のパーキンソン病における「ウェアリング-オフ現象」の改善となっています。

 

ウェアリング-オフ現象とはパーキンソン病治療が長期化してくると、次の服用時間前にパーキンソン病の症状が1日に何度も現れる現象。

 

原因としては、パーキンソン病が進行し、神経細胞が減少することで、ドパミンの再取り込みやストックができなくなっていくためだと考えられています。

 

それではまずパーキンソン病について簡単にお話していきたいと思います。

パーキンソン病とは?

 

パーキンソン病は、1817年にジェームズ・パーキンソン医師によって初めて報告されたので、このような病名になりました。

 

パーキンソン病は、なめらかな動きが出来なくなっていく病気で、主な症状に「手足のふるえ(振戦)」「筋肉のこわばり(筋固縮)」「動きが遅くなる(無動)」「体のバランスがとりにくくなる(姿勢反射障害)」の4つがあります。

 

体を動かすためには、脳から筋肉へと運動の指令が伝わらなければなりません。脳からの指令を伝達するために必要なのがドパミンやアセチルコリンなどの神経伝達物質です。

 

パーキンソン病では脳の黒質というドパミンが作られる部分が変性し、破壊されてしまうためドパミンの量が減少しています。

 

健常な方ですとドパミンとアセチルコリンのバランスが取れていますが、パーキンソン病の患者様はドパミンが少なくなることで相対的にアセチルコリンが多くなってしまうため、運動の指令がうまく伝わらず、体をなめらかに動かすことができなくなるのです。

 

またドパミンは体の動きを調節する以外にも意欲や記憶など精神面でも重要な物質なので、うつや幻視、認知症などがみられたり、体中の働きを調節する「自律神経」が乱れることで便秘や立ちくらみ、排尿障害、発汗障害など様々な症状が現れます。

 

黒質の神経細胞が減る原因は未だ解明されていないため、現在パーキンソン病は特定疾患(難病)に指定されています。

 

また向精神薬の一部にはドパミン受容体を遮断する作用があるので、副作用としてパーキンソン病と同様の症状が現れる場合があります。これを薬剤性パーキンソニズムと言います。

 

具体的にはフェノチアジン系薬物であるコントミン(クロルプロマジン)やヒルナミン(レボメプロマジン)、ブチロフェノン系薬物であるセレネース(ハロペリドール)、ベンザミド系薬物であるドグマチール(スルピリド)などがあります。他にもカルスロット(マニジピン)などの高血圧薬でもみられる場合があります。

スポンサーリンク

ノウリアストの作用機序と特徴

 

パーキンソン病治療薬には以下の様なものがあります。

パーキンソン病治療薬の種類

1.脳内で分解されてドパミンになる薬(L-ドパ)
2.ドパミンを分解する酵素(MAOB)を阻害する薬
3.レボドパを分解する酵素(DDC)を阻害する薬
4.レボドパを分解する酵素(COMT)を阻害する薬
5.本来ドパミンが結合する部分(受容体)に結合する薬
6.ドパミンの放出を促す薬
7.アセチルコリンの働きを弱める薬
8.脳内で分解されてノルアドレナリンになる薬
9.アデノシンの働きを弱める薬
10.ドパミンの合成を促す薬

 

ノウリアストは上記「9.アデノシンの働きを弱める薬」に該当します。ノウリアストはドパミン受容体やドパミン代謝酵素に対して作用せず、アデノシンA2A受容体拮抗薬という、新しい作用機序をもつパーキンソン病治療薬になります。2013年、海外に先駆けて日本で初めて製造承認されました。

 

大脳基底核には運動機能を支配する神経経路があります。そこに抑制的に作用するドパミンと興奮的に作用するアデノシンがそれぞれドパミン受容体、アデノシンA2A受容体をバランスよく刺激することで適切なGABAが放出され、運動機能が正常に働きます。

 

健常な方の場合、ドパミンとアデノシンのバランスが取れていますが、パーキンソン病患者様の場合、ドパミンの量が少ないためドパミン受容体への刺激が減少。相対的にアデノシンによる刺激が強まることで、神経細胞が過剰に興奮してしまいます。その結果運動機能の低下をもたらすGABAが過剰に放出され、パーキンソン病の症状が現れてしまうのです。

 

そこで登場するのがノウリアストです。

 

ノウリアストはアデノシンA2A受容体に結合することでアデノシンがアデノシンA2A受容体に結合するのを邪魔します。これによりドパミンとアデノシンの作用バランスが改善し、運動機能が改善するのです。

 

ノウリアストはレボドパ含有製剤と必ず併用します。食事の影響をほぼ受けません。また1日1回の服用でOK。パーキンソン病の患者様は薬の種類また服用回数が多くなりがちなので、アドヒアランスの向上が期待できます。

 

アドヒアランスとは患者様自身が積極的に治療方針の決定に参加し、その決定に従って治療を受けることを意味します。

ノウリアストの副作用

 

副作用で一番多いのは、ジスキネジアです。ジスキネジアは自分の意思に反して体が勝手に動いてしまう(不随意運動)の総称であり、口をモグモグさせる・すぼめる・突き出す、舌を左右に動かす・突き出すといった症状があります。

 

他にも便秘、幻視、幻覚、吐き気、眠気などが現れる場合もあります。

ノウリアストの相互作用と注意事項

 

ノウリアストは肝代謝型の薬であり、主にCYP1A1、CYP3A4などにより代謝されます。

 

そのためCYP3A4 を阻害する薬物であるクラリス(クラリスロマイシン)、イトリゾール(イトラコナゾール)、エリスロシン(エリスロマイシン)、ワソラン(ベラパミル)、タガメット(シメチジン)などを併用するとノウリアストの血中濃度が上昇し作用が強く現れる可能性があります。

 

またタケプロン(ランソプラゾール)やテグレトール(カルマバゼピン)、リファジン(リファンピシン)などはCYP3A4を誘導します(数を増やす)のでノウリアストの作用が弱くなってしまう可能性があります。お薬手帳を忘れずに提出して下さいね。

 

他にも喫煙はCYP1A1を誘導します。テグレトールなどと同様、ノウリアストの代謝が促され、血中濃度が低下する可能性もありますので注意が必要です。喫煙されている方はその旨を処方医に伝えるようにして下さい。

 

また動物試験において催奇形性が報告されているため、妊婦又は妊娠している可能性のある方は禁忌となっています。

 

それではノウリアストについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆