病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

アバプロ・イルベタンの作用機序と副作用|PPARγ・URAT1

頭痛の男性

今回は高血圧治療薬でアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬の『アバプロ・イルベタン』についてお話していきます。インスリン抵抗性の改善や尿酸の排泄を促すなどの作用も併せ持ちます。

スポンサーリンク

アバプロ・イルベタンとは?

 

では名前の由来からいきましょう。これについてはアメリカの販売名をそのまま引っ張ってきたようで、詳細は不明です。

 

また他社から販売されている『イルベタン』はアバプロと全く同じ薬です。こちらの名前の由来はとてもわかりやすい。

 

両者の一般名は『Irbesartan:イルベサルタン』です。そこから真ん中のsarを取っ払って『Irbetan:イルベタン』と命名されました。

 

アバプロの作用を簡単にお話すると『アンジオテンシンⅡがAT1受容体に結合するのを邪魔することで血圧を下げる』となります。それでは作用機序の前に、まず高血圧についてお話していきましょう。

高血圧とは?

 

まず血圧についてお話します。血圧とは血(液)が血管の内側の壁を押す圧の事です。

 

一時的に血管に強い圧がかかる位なら問題にはなりません。しかし過度の圧力がかかる状態が長い間放置されると血管壁が圧力に抵抗して厚くなっていきます。つまり血管内が狭くなります。

 

すると更に圧がかかりやすくなり、血管が痛みます。そこにコレステロールなどが加わると更に血管壁が厚くなり、ますます血管内が狭くなります。その結果血管が疲弊して弾力性がなくなることで硬くなり、またもろくなっていきます。これが動脈硬化です。

 

高血圧は自覚症状に乏しいため、気付いた時にはかなり動脈硬化が進行していることもあります。これがサイレントキラーと言われる所以です。

 

動脈硬化が進行すると血液の流れが悪くなることで血の塊、いわゆる血栓ができやすくなります。これが心臓の血管で起こると心筋梗塞、脳の血管で起こると脳梗塞を引き起こします。

 

またこの動脈硬化は腎臓にも悪影響を及ぼします。動脈硬化により腎臓の血管が狭くなると、体に不要な老廃物をろ過する機能が低下してしまいます。また狭くなった腎臓の血管の血液の流れが悪くなると狭くなった先の部分の血圧が低下します。

 

すると腎臓は『血圧が低い!早く上げなければ!』と勘違いしてしまい、レニンと呼ばれる酵素を多く出すようになります。

 

作用機序の部分でお話しますが、レニンは血圧を上げる原因となる物質を作り出しますので更に高血圧が進行する。本当に悪循環を作り出してしまうのです。

 

症状がないからと高血圧を侮ってはいけません!今までお話したような合併症を予防するためにも、血圧は適正に管理する必要があります。

スポンサーリンク

アバプロ・イルベタンの作用機序と特徴

 

まず以下の図を見て下さい。

レニンアンジオテンシンアルドステロン系

キニン・カリクレイン系とレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系のまとめになります。いずれも血圧や水、電解質を調節するシステムだと思って頂ければと思います。

 

先ほどお話したレニンですが、腎臓の傍糸球体細胞という部分から分泌されます。レニンはアンジオテンシノーゲンという物質をアンジオテンシンⅠという物資に変換する酵素です。

 

アンジオテンシンⅠは次にACE(アンジオテンシン変換酵素)によりアンジオテンシンⅡという物質に変換されます。キマーゼという酵素も関与しています。

 

そしてアンジオテンシンⅡがAT1受容体に結合すると、血管平滑筋収縮、Na再吸収、アルドステロンの分泌が促され、血圧が上昇します。

 

またAT2受容体に結合すると、血管平滑筋が弛緩したり、Na排泄が促されます。つまり血圧が下がります。ここで多くの方はこう考えるかと思います。『だったらAT2受容体にだけ結合すればいいんじゃない?』

 

そこでアバプロ・イルベタンの登場です。

 

アバプロ・イルベタンはAT1受容体に結合します。するとアンジオテンシンⅡがAT1受容体に結合できなくなります。その結果血管平滑筋の収縮などが抑えられ血圧が下がるのです。

 

またアバプロ・イルベタンは尿酸の排泄を促す作用を持ちます。近位尿細管にある尿酸トランスポーター(URAT1)に作用して尿酸の再吸収を邪魔するのです。

 

実はこれ、ユリノームの作用機序と同じです。興味のある方は記事をお読みになって下さい。尿酸値が高い方にアバプロ・イルベタンが処方されるのはこれが理由です。

 

またもう一つの特徴として、PPARγ(ピーパーガンマと読みます。ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体γ)と呼ばれる転写因子を活性化するという作用を持ちます。

 

当サイトをご覧の方は「何かの記事で読んだ気がする」という方もいらっしゃるかもしれません。そうです、糖尿病薬のアクトスの作用機序ですね。ただアバプロ・イルベタンの作用はアクトスよりも弱いです。

 

肥大化した脂肪細胞が分解され小さくなることでアディポネクチンの分泌が促進し、PAI-1、TNF-αの分泌が抑制されるのです。

 

これにより動脈硬化の進行抑制やインスリン抵抗性が改善され、メタボリック症候群の抑制が期待できるのです。ちなみにミカルディスも同様の作用を持っており、両者はメタボサルタンとも呼ばれます。

 

またアバプロ・イルベタンは腎保護作用があることがわかっています。腎臓の糸球体に入る血管を輸入細動脈、糸球体から出て行く血管を輸出細動脈と呼びますが、アバプロは特に輸出細動脈を拡張する作用を持ちます。

 

これにより腎臓の糸球体の血圧(糸球体内圧)が低下し、腎臓を保護する効果が期待できるのです。海外では糖尿病性腎症への適応もあります。ARBはいずれも腎保護を作用を持つとされていますが、特にアバプロはエビデンス(科学的根拠)が豊富なのです。

アバプロ・イルベタンの副作用

 

副作用については他のARBと大差はありません。めまい、頭痛、腎機能障害、高カリウム血症、血管(性)浮腫などが有名ドコロですね。高カリウム血症はアルドステロンの分泌が減少する事により起こります。

 

アルドステロンは副腎皮質で作られるホルモンで、腎臓でナトリウムの再吸収、カリウムの排泄を促す作用を持ちます。これがアバプロ・イルベタンにより抑えられますのでカリウムの量が増えるのです。

 

続いて血管(性)浮腫。これも注意が必要です。原因はハッキリしていません。症状としてはのど、舌、唇、皮膚などがいきなり腫れてしまうというものです。

 

特にのどが腫れると呼吸ができなくなる可能性がありますので、ちょっとでも違和感を感じたら病院を受診するようにしましょう。

アバプロ・イルベタンの注意事項

 

以下はARB共通の注意事項です。

 

アバプロ・イルベタンは妊婦又は妊娠している可能性のある方には投与する事ができません。禁忌です。理由として妊婦の羊水が減少したり、胎児に奇形が生じたり最悪死亡してしまう可能性があるからです。

 

もう一点、糖尿病患者様には併用禁忌の薬剤があります。それはラジレス(一般名:アリスキレン)です。両者の併用により血圧が下がり過ぎたり、腎機能低下、高カリウム血症などの有害事象が出やすくなるためです。

 

ただ血圧を厳重に管理するために敢えて使用されるケースも有りますが、その場合や医師からきちんと説明があるかと思われます。

 

それではアバプロ・イルベタンについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆